Author
R.U.I(ルイ)
ガジェットブロガー
ECサイト運営会社でWEBエンジニア&マーケター・WEBコーダーとして日々従事しており、会社ではWindows、お家ではMacの両刀遣い。iPad Proは毎日持ち歩いています。PCデスク周りを快適にすることやWEBデザインが好き。ガジェットやモノで生活に刺激を与えたいという想いで人におすすめしたいモノの紹介記事を軸にブログ運営をしているガジェットブロガーです。写真撮影が趣味になりました。
ルイログをGoogleニュースで読む
この記事の目次
CATEGORY

2次元のルイ

ブログやるなら SWELL × ConoHa WING がおすすめ!ルイログはこの構成で運営しています

ルイログ愛用ブログテーマSWELL

今選ぶBESTサーバー ConoHa WING

ルイログも愛用中!

YouTubeチャンネル開設しました!
ステマ規制への対応と記事内広告について

本サイト内のコンテンツはルイログが独自に制作しています。 メーカー等から商品提供を受けることもありますが、その場合は記事内にPR表記と提供を受けている旨を明記しています。 また、コンテンツの内容や評価に関する決定にも一切関与されていません。 アフィリエイトプログラムにより記事内で紹介する商品を購入することで当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。 詳しくはサイト運営ポリシーをご覧ください。

FIFINE A8Plus レビュー | ゲーミング仕様のコンデンサーマイクでデスクをアップデート!BM63マイクアームで利便性を上げる

FIFINE A8Plus レビュー | ゲーミング仕様のコンデンサーマイクでデスクをアップデート!BM63マイクアームで利便性を上げる
R.U.I

ルイログをご覧いただきありがとうございます。ボイチャにしてもテレワークやリモートワークにしても、音声・音質は重要!毎週定期的にリモートワークをしているR.U.Iルイです。

ゲームをしているときのボイチャにしても、テレワークやリモートワーク時の WEB会議にしても、音声・音質はある程度こだわりたい。

というのも、音質が悪いと雑音が多くて相手に伝えたいことが伝わらない可能性もあります。

それが取引先や面接だったら、音が悪いという理由が原因で悪い方向になってしまうことも・・・。

そこでやはり自分の環境で整えられるのであれば、整えておこう。 というのが私の考え。

今回はメーカー様のご厚意で「FIFINE A8Plus」というコンデンサーマイクと「BM63」というマイクアーム(ブームアーム)をご提供いただいたので紹介です。

FIFINE A8Plus のレビューをメインに、 デスクへ取り付けるための BM63 マイクアームも一緒に紹介していきます。

2次元のルイ

FIFINE A8Plus 単体でもマイクスタンドが付属するので安心してね。

FIFINE A8Plus
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • プラグ&プレイ、USB接続するだけで簡単に使い始められる。
  • ミュートボタンが楽だしわかりやすい。
  • 音質が高品質。
  • 単一指向性、双方向性、ステレオ、全指向性と 4パターンの指向性を切り替えられる。
  • RGBグラデーションライトが綺麗で映えるし不要な場合は消灯できる。
  • ポップガード付き。
  • モニタリングヘッドホン端子に有線イヤホンなどを差し込めば自分の声とシステム音を一緒に聞ける。
デメリット
  • マウスのクリック音や環境音も拾ってしまう。
  • マイクアームに取り付けたい場合は別売り(BM63など)。
もくじ
この記事の著者
R.U.I

ガジェットブロガー

R.U.I ルイ

詳しいプロフィール

プロフィール

ガジェットやモノで生活に刺激を「ルイログ」。当サイトではAppleデバイスやその周辺機器、使えるソフト・アプリ、さまざまなガジェットや生活家電・モノをレビューしています。他にもWEBをデザインのコピペで簡単に使えるコードを紹介したりも。WEBエンジニアの方やPCが趣味・PCを使って仕事をしている方にとって役立つ情報を発信しています。カメラ・写真が好きなのでレビュー商品も写真を多め撮影し掲載することでより商品の魅力や細かいが伝わるよう心がけています。 プロフィール詳細やレビューガイドライン

FIFINE A8Plus コンデンサーマイクとは

FIFINE A8Plusを導入したルイログのPCデスク周り

FIFINE A8Plus は USB接続のプラグ&プレイで利用開始できるコンデンサーマイク。

4つの指向性モードを搭載しており、用途に合わせて最適な指向性を選ぶことができます。

また、ミュートボタンや RGBイルミネーションボタン、入力/出力音量調節、3.5mmヘッドフォン端子からモニターすることもできる、使い勝手の良いコンデンサーマイクです。

以下は、FIFINE A8Plus コンデンサーマイクの主な特徴です。

FIFINE A8Plus コンデンサーマイクの主な特徴
  • 4つの指向性モード:単一指向性、双方向性、ステレオ、全指向性
  • ミュートボタン
  • RGBイルミネーションボタン
  • 入力/出力音量調節
  • ヘッドフォン端子からモニタリング可能
  • USB-C接続

FIFINE A8Plus コンデンサーマイクは、テレワーク、ストリーミング、ゲーム配信、コンテンツ制作など、幅広い用途に最適なマイク。

機能豊富な割にコスパも良いので、はじめてコンデンサーマイクを購入する方にもおすすめです。

スペック、技術仕様

型番A8Plus
マイクコアコンデンサー
集音パターン単一指向性
双方向性
ステレオ
全指向性
動作電圧5±0.25V
接続端子USB-C
感度-40±3dBV
周波数範囲20Hz – 20KH
品質保証12ヶ月

A8Plus は PCの他、PS4/PS5 などでも利用可能な USBゲーミングマイクです。

コンデンサーマイクとは

引用、詳細 : SOUND HOUSE
PCデスクでコンデンサーマイクを使うメリット
  • USB接続するだけで手軽に利用できる。
  • 音質が綺麗で、よりクオリティの高いサウンドを録音できる。
PCデスクでコンデンサーマイクを使うデメリット
  • 指向性があっても集音性が高いので、マウスのカチカチ音や環境音なども拾いがち。

FIFINE BM63 マイクアームとは

BM63 は、FIFINEから発売されているマイクアーム(ブームアーム) 。

360度回転と180度上下に動かせるので、設置場所に合わせてある程度自由に調整することができます。

BM63 マイクアームは 5/8 アダプターに対応しているため、多くのマイクに使用でき汎用性が高い。

設置方法はクランプ式で、厚み 5cm 以内のデスクへ簡単に取り付けることができます。

金属製で堅牢な素材でできており頑丈で、折りたたみ式なので使わない時は端にしまっておくことができます。

BM63マイクアーム
Amazon商品ページより引用
BM63マイクアームの仕様
  • 長さ:1辺 39cm × 2、すべて伸ばすと最長 83cm
  • 耐荷重:2kg ネジサイズ:5/8インチ

FIFINE A8Plus の外観や機能をレビュー

FIFINE A8Plus のパッケージ

パッケージはこんな感じの格好良いデザイン。

ブルーからパープルのグラデーションが良い感じですね。

FIFINE A8Plus レビュー
A8Plus のパッケージ内容
  • コンデンサーマイク A8Plus 本体とスタンド(装着済)
  • ブームアーム(マイクアーム)に取り付けるアダプター
  • USB-A to C ケーブル(2メートル)
  • 取扱説明書
2次元のルイ

取扱説明書がかなり詳しく記載してくれているため、この手のコンデンサーマイクをはじめて使う方でもしっかり使えるようになっています。

FIFINE A8Plus の細部をチェック

FIFINE A8Plus のミュートボタン
上部のミュートボタン。 触れるだけで機能するためめちゃくちゃ便利。
FIFINE A8Plus の音量コントロールノブ
背部のマイク音量コントロールノブ。
FIFINE A8Plus のLED切り替えボタン
下部底面のLED切り替えボタン、USB-C接続ポート、モニタリング用3.5mmヘッドホンジャック。
FIFINE A8Plus のヘッドホンボリュームノブ
下部背面のヘッドホンボリュームノブ。
FIFINE A8Plus のマイクスタンド接続部分
マイクスタンドとの接続部分。 マイクアームと接続するときはここを外す。
FIFINE A8Plus のポップガード
うっすらにっこり顔が見えるポップガード。 ポップノイズを軽減し、飛沫の付着も防止する。
FIFINE A8Plus のポップガード
消灯時の方がポップガードのにっこり顔が少し見えやすいかも。
FIFINE A8Plus の指向性変更ボタン
指向性変更ボタンも触れるだけで切り替えられる。

「単一指向性、双方向性、ステレオ、全指向性」の 4パターンに指向性を切り替えられるのも特徴の 1つ。

これ1台で配信(単一指向性)、大人数での会議(全指向性)、対談(双方向性)・音楽(ステレオ)の録音など、様々な場面で活用できます。

各ボタンは触れるだけで切り替えられるのでマイクを使用中でもスッと切り替えられて便利です。

FIFINE BM63 マイクアームの外観をチェック

FIFINE BM63 マイクアームのパッケージとPCデスク周り

こちらは FIFINE BM63 マイクアームのパッケージ(左)。

右にあるのは FIFINE A8Plus 。

FIFINE BM63 マイクアームのパッケージ

パッケージは英語のみでしたが、どんな仕様かはよくわかります。

FIFINE BM63 マイクアームのパッケージ内容
FIFINE BM63 マイクアームのパッケージ内容
  • FIFINE BM63 マイクアーム本体
  • デスクトップホルダー(クランプ式)
  • マジックテープ × 3
  • 取扱説明書

BM63 のパッケージ内容は必要最低限という感じです。

マイクアーム本体は安全のためか、結束バンドで固定されています。

ハサミで切断して使い始めましょう。

また、マイクを接続するためのパーツも BM63 には付属していないので、FIFINE A8Plus のように接続用パーツがマイク側に付属しているものと合わせて使うと良い製品です。

FIFINE A8Plusを導入したルイログのPCデスク周り

BM63(マイクアーム)に A8Plus を取り付けるとこんな感じになります。

160cm × 90cm のデスクを利用しているからか、デスク奥に設置するとちょっと遠かったのでデスク側面に配置。

この配置で自分のところまで難なく持ってこれるようになりました。

A8Plus を BM63(マイクアーム)に取り付ける方法

FIFINE A8PlusをBM63マイクアームに取り付ける方法

A8Plus コンデンサーマイクをマイクアームである BM63 に取り付けて使おう! というときの取り付け方を紹介します。

2次元のルイ

マイクはやっぱりマイクアームに取り付けて、使わないときは横に避けてケーブルもできるだけ隠してマイクは口元に持ってきて、としたい。 ・・・よね?

R.U.I

ケーブルさえどうにかスッキリできればマイクスタンドでもいいんだけどね。 ケーブルがやはり気になるのでマイクアームを推奨したい。

A8Plus(マイク)を BM63(マイクアーム)に取り付ける方法

STEP
A8Plus とスタンドの接続部分を取り外す
FIFINE A8PlusをBM63マイクアームに取り付ける方法手順
STEP
A8Plus 付属のブームアームアダプターを用意する
FIFINE A8PlusをBM63マイクアームに取り付ける方法手順
STEP
A8Plus 付属のブームアームアダプターについているネジ上のパーツを外す
FIFINE A8PlusをBM63マイクアームに取り付ける方法手順
STEP
BM63 にブームアームアダプターを取り付ける
FIFINE A8PlusをBM63マイクアームに取り付ける方法手順
STEP
ブームアダプターのネジパーツなどを外す
FIFINE A8PlusをBM63マイクアームに取り付ける方法手順
STEP
5で外したパーツを利用しA8Plusを取り付ける
FIFINE A8PlusをBM63マイクアームに取り付ける方法手順

こんな手順で A8Plus を BM63 へ取り付けることができます。

2次元のルイ

ケーブルはマイクアームを設置した際にあらかじめ配置しておくと良いかもね。

FIFINE A8Plus の録音テスト

FIFINE A8Plus はどんな音質で録音できるのか、テストしてみました。

比較対象として、私が普段愛用している AirPods Pro(第1世代)と Nothing Ear(2) も録音しています。

その他全編 FIFINE A8Plus で録音しているので、ぜひ上記動画を参照ください。

結論、やはりコンデンサーマイクは音質が良いし低音もきちんと拾ってくれて自然な音声で録音できる! という印象です。

声が綺麗に録音できるのが良いですね。

音質はイヤホンマイクと比較すると雲泥の差となりました。

FIFINE A8Plus の使用レビュー、使ってみた感想

FIFINE A8Plusを導入したルイログのPCデスク周り

音質は動画で紹介したとおり上々のもの。

それ以外の使い勝手など、実際に使ってみた感想を紹介していきます。

実際に使うのは BM63 マイクアームにマウントして利用しているので、その形のレビューとなります。

使ってみた感想を簡潔に言ってみると・・・

R.U.I

USB接続するだけで簡単に使い始められるし、マイクアームでデスクに固定しておくことで使いたいときにすぐ使えるし、ミュートボタン楽ちんだし、音質 良〜〜!

というメリット的感想と、

R.U.I

マウスのクリック音や環境音はやっぱり拾っちゃうかなぁ。

というデメリット的感想。

詳しく説明します。

USB接続するだけで簡単ですぐに使い始められる

FIFINE A8Plusを導入したルイログのPCデスク周り

コンデンサーマイクの特徴として、USB接続接続するだけで簡単に使い始められるということが挙げられます。

A8Plus もその仕様で、付属の USB-A to C ケーブルを接続するだけで使い始められました。

マイクアームでデスクに固定しておくことで使いたいときにすぐ使える

FIFINE A8Plusを導入したルイログのPCデスク周り
FIFINE A8Plusを導入したルイログのPCデスク周り

BM63 マイクアームと併用することで、デスクに固定して置いておくことができるため、使いたいときにパッとサッと利用開始できます。

もちろんその分固定して置くスペースは必要だけれど、利便性はぐんと上がりました。

こういったマイクを利用するときは、やはりマイクアームを用意すると捗ります。

独立したミュートボタンが楽ちん

マイク上部に触れるだけで切り替えられるミュートボタンがあるため、ちょっとミュートしたいときなどにめちゃくちゃ便利。

マイクの音量ノブやヘッドホンモニター用ボリュームノブも独立していて、マイク本体で調整できるのが使いやすい。

RGBイルミネーションLEDが格好良い

光らなくて良いんだよ〜という方はそもそもゲーミングマイクをチョイスしないと思うのですが、光るガジェットが好きな方に A8Plus はもってこいのコンデンサーマイクです。

私は白〜青のグラデーションになるカラーがお気に入り。

マウスのクリック音や環境音は拾ってしまう

FIFINE A8Plusを導入したルイログのPCデスク周り

集音性が高く繊細な音まで拾えるコンデンサーマイクなので、マウスのクリック音、キーボードのかちゃかちゃ音、環境音なども一緒に拾ってしまいます。

これは致し方ないところではあるのだけれど、ここが譲れないポイントなのであればコンデンサーマイクという選択肢自体選べません。

そういう方はダイナミックマイクを選択しましょう。

ダイナミックマイクも集音してしまう場合もありますが、コンデンサーマイクよりはかなり抑えられるはずです。

ただし、ダイナミックマイクは XLR ケーブルでの接続が必要だったり、オーディオインターフェースが別途必要だったりするのがほとんど。

そのため出費がかなり増える場合が多いです。

と言っても最近は「FIFINE K688」のような USB と XLR 接続どちらも対応しているダイナミックマイクも発売されています。

ダイナミックマイクを選びたいけれど予算はあまり増やせない方はこういったマイクがおすすめです。

FIFINE A8Plus レビューのまとめ

FIFINE A8Plus レビュー | ゲーミング仕様のコンデンサーマイクでデスクをアップデート!BM63マイクアームで利便性を上げる

こんな感じで今回は FIFINE A8Plus コンデンサーマイクと、それに合わせてつかう BM63 マイクアームを提供いただきレビューしました。

コンデンサーマイクは周りの音も拾いやすいので環境によっては使にくくなる場合もあるけれど、綺麗な音で集音できてプラグ&プレイで使える手軽さが魅力的。

A8Plus の場合はゲーミングマイクということもあって LED が綺麗だったりミュートボタンなど電気的な操作ができるのも特徴ですね。

FIFINE A8Plus のメリットを再掲
  • プラグ&プレイ、USB接続するだけで簡単に使い始められる。
  • ミュートボタンが楽だしわかりやすい。
  • 音質が高品質。
  • 単一指向性、双方向性、ステレオ、全指向性と 4パターンの指向性を切り替えられる。
  • RGBグラデーションライトが綺麗で映えるし不要な場合は消灯できる。
  • ポップガード付き。
  • モニタリングヘッドホン端子に有線イヤホンなどを差し込めば自分の声とシステム音を一緒に聞ける。
FIFINE A8Plus のデメリットを再掲
  • マウスのクリック音や環境音も拾ってしまう。
  • マイクアームに取り付けたい場合は別売り(BM63など)。

コスパ良い高音質な FIFINE A8Plus と、あわせて使いたいマイクアーム BM63 。

手軽にコンデンサーマイクを導入したい方におすすめです。

FIFINE A8Plus レビュー | ゲーミング仕様のコンデンサーマイクでデスクをアップデート!BM63マイクアームで利便性を上げる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ