Author
R.U.I(ルイ)
ガジェットブロガー
ECサイト運営会社でWEBエンジニア&マーケターとして日々従事しており、会社ではWindows、お家ではmacの両刀遣い。SEOやWEBデザインが好き。ガジェットやモノで生活に刺激を与えたいという想いで人におすすめしたいモノの紹介記事を軸にブログ運営をしています。趣味でベースも嗜んでおり、F-Bassというハイエンドベースを愛用しています。
この記事のもくじ
CATEGORY
ルイログ愛用テーマSWELL
今選ぶ最適なサーバーはConoHa WING

Innergie C3 Duo レビュー | 電圧自動調整/USB-C/2ポート/PD急速充電器/最大30W

Innergie C3 Duo レビュー | 電圧自動調整/USB-C/2ポート/PD急速充電器/最大30W
R.U.I

ルイログをご覧いただきありがとうございます。11インチ iPad Pro と iPhone13 mini はだいたい持ち歩いているR.U.Iルイです。

電圧を自動調整してくれる賢い急速充電器「Innergie C3 Duo」をメーカー様から提供いただきレビューをします。

最大30WのUSB-C 2ポート仕様な PD3.0 対応急速充電器で、iPad + iPhone や iPhone + AirPods などの充電におすすめな製品。

Innergie C3 Duo の特徴まとめ
  • USB-C 2ポートの急速充電器
  • 1ポート最大30W、2ポート最大24W(2ポート利用時は1ポート最大15W)
    • iPad + iPhone や iPhone + AirPods(小物系) などの充電におすすめ
  • 2ポート充電時に電圧を自動調整してくれるので従来の充電器のようにケーブルを差し込むポートを選ばなくていい
  • 折り畳みプラグでコンパクトに収まるので持ち運びも◎
    • サイズ:約 4.5 x 4.28 x 3.04 cm
    • 重さ:約 70g
  • 製品保証は2年

Innergieの製造会社であるデルタ電子について
デルタ電子(台達電子工業股份有限公司)は、台北市内湖に本社を置く、電源とトランスシステムに特化した台湾の電子機器メーカー。世界200カ国で関連施設を運営する。

参考:Wikipedia

メーカー公式サイト : デルタ電子 / Innergie

Offer’d by Delta Electronics (Japan) Inc. / Innergie

もくじ

Innergie C3 Duo の外観をレビュー

スクロールできます
Innergie C3 Duo パッケージ正面
Innergie C3 Duo のパッケージ正面
Innergie C3 Duo パッケージ背面
Innergie C3 Duo のパッケージ背面
Innergie C3 Duo パッケージ側面
Innergie C3 Duo のパッケージ側面
Innergie C3 Duo パッケージ側面
Innergie C3 Duo のパッケージ側面

Innergie C3 Duo のパッケージはこんな感じのスリムなスタイル。

背面は透明プラ仕様で充電器本体が見えるようになっています。

Innergie C3 Duo パッケージ内容
Innergie C3 Duo のパッケージ内容
  • Innergie C3 Duo 充電器本体
  • 取扱説明書
Innergie C3 Duo 本体
Innergie C3 Duo 本体正面

小さくて真っ白な Innergie C3 Duo。かわいい。

Innergie C3 Duo 本体表面
Innergie C3 Duo 本体表面

片面には Innergie のロゴがあります。

白で統一されているのでシンプル。

Innergie C3 Duo はUSB-Cが2ポート
USB-Cポート×2

充電ポートは USB-C が 2つ。

1ポート利用は最大30W、2ポート利用はシングルポート最大15W、合計最大24Wな充電仕様。

PD急速充電に対応しています。

また、Innergie C3 Duo はどちらのポートに接続しても自動で判別してより適切に充電してくれる賢い急速充電器です。

今まで複数ポートの充電器は接続するポートによってW数が決まっていたのだけれど、Innergie C3 Duo ならどちらに接続してもOK

充電器も進化しています。便利になりましたね。

スクロールできます
Innergie C3 Duo のプラグ部分
折りたたみプラグをしまった状態
Innergie C3 Duo のプラグを出した状態
折りたたみプラグを出した状態

プラグは折りたたみ式。

ガジェットポーチの中でプラグが邪魔になることもありません。

充電ケーブルは別途用意が必要

同社製品 C6 Duo のときにも紹介したのだけれど、C3 Duo も充電用ケーブルは付属していません。

そのため充電用 USB Type-C ケーブルは別途用意しましょう。

同社 Innergie から to C 、 to Lightning ケーブルが発売されているのでチェック。

100W まで対応可能な高性能ケーブルで、耐久性に自信のある仕様です。

そして、私の所有しているケーブルの中で個人的におすすめなのは Anker の絡まないケーブル

こちらも 100Wまで対応しているケーブルなので Innergie C3 Duo にはかなりオーバースペック。

ではあるのだけれど、質感が良く名前通り”ケーブルが絡まない”ため取り回しやすい。

100W級のケーブルがあれば大抵のシーンで使えるので所有していて損はないでしょう。編み込み系ナイロンケーブルか、シリコン製ケーブルか、お好みで。

1本あれば他でも使えるしね。

もちろん所有しているケーブルがあればそちらを使っても良いです。

Innergie C3 Duo の仕様・スペック

製品名Innergie C3 Duo (Fold)
One For All 急速充電器
充電仕様1ポート利用:最大30W
2ポート利用:シングルポート最大15W、合計最大24W
入力100-240V AC / 1.0A 50-60 Hz
出力
PD 3.0(PPS)
5V DC/3A
9V DC/3A
12V DC/2.5A
15V DC/2A
20V DC/1.5A
PPS 5V-11V/3A
(合計出力 30W)
サイズ4.5 x 4.28 x 3.04 cm
重さ70.5g
充電時間0~70%まで 50分
プラグ折畳み式
Charging ProtocolPD3.0
PD3.0(PPS)
QC3.0
QC4.0
Apple Mode
InnerShield過電流保護
過電圧保護
過負荷保護
過電力保護
短絡保護
保証2年製品保証

Innergie C3 Duo で実際に充電してみる

Innergie C3 Duo でiPadPro11とiPhone13miniを充電中
Innergie C3 Duo で iPad Pro 11 と iPhone13 mini を充電中

先ほど紹介したように Innergie C3 Duo は 1ポート利用で最大30W、2ポート利用でシングルポート最大15W、合計最大24WなPD急速充電が可能。

2ポートあるどちらのポートに接続しても自動で出力を変更してくれるため、接続するポートを選ばなくて良いのが嬉しい。

iPad Pro 11(に接続している Magic Keyboard の充電ポート/最大20W) と iPhone13 mini を同時に充電してみると、最大速度での充電とはならずとも十分な充電ができました。

1ポート利用で iPad Pro 11 本体の充電ポートに接続したら 30Wの最大速度で充電もできます。1ポート利用ならもちろん Magic Keyboard の最大20WもOK。

この組み合わせ(iPad + iPhone)は 2ポート利用で最大速度での充電はできないけれど、そこはかとなく問題ない充電速度ではあります。

iPad + iPhone よりも、iPhone + AirPods(小物)などの充電だと 2ポート利用でも最大速度で充電できそうですね。

Innergie C3 Duo はコンパクトで小さめガジェットポーチにも入る

Innergie C3 Duo は薄めのガジェットポーチにも余裕で入る

私が現在ガジェットポーチとして利用しているのは 無印良品のナイロンブック型ポーチ

大きくなくマチも4cmという薄めのポーチをガジェットポーチとして利用しているのだけれど、Innergie C3 Duo は厚み3cmで簡単に入り、本体サイズも小さめなので他の製品と一緒に入れることも容易。

Innergie C3 Duo とAirPodsPro with 木のケース
Innergie C3 Duo を AirPods Pro with 木のケース(分厚め)とサイズ比較

本体サイズは 4.5 x 4.28 x 3.04 cm と小さめなので AirPods Pro with 木のケース(分厚め)よりも長辺で 2cmくらい小さい。

Innergie C3 Duo とAirPodsPro with 木のケース

ただ厚みはほんの少し Innergie C3 Duo のほうが厚いです。

Innergie C3 Duo の重さは69g

重さは商品ページを確認すると 70.5g となっていたのだけれど、私の環境では実測 69gとなりました。

だいたい 70gというところですね。

2ポート急速充電対応でスマートな電力配分をしてくれる充電器と考えたらかなり軽いですよね。実際持っても 70g は軽いです。

小さくて軽いけど 2ポートを有する USB-C PD急速充電器がほしい!という方にぴったりな製品ですね。あと白系ガジェット好きの人にささるデザインで。そしてそして電圧を自動調整してくれる最新鋭のガジェットで。

Innergie C3 Duo レビューのまとめ

Innergie C3 Duo レビュー | 電圧自動調整/USB-C/2ポート/PD急速充電器/最大30W

こんな感じで今回は デルタ電子 / Innergie さんから C3 Duo 急速充電器を提供いただきレビューしました。

2022年に新しく流行り出した「電圧を自動調整してくれる」賢いUSB-C急速充電器の Innergie C3 Duo。

最大30Wで USB-C を 2ポート備えた、iPad と iPhone や iPhone と AirPods など小物を同時に急速充電できる使い勝手の良い充電器です。

Innergie C3 Duo の特徴を再掲
  • USB-C 2ポートの急速充電器
  • 1ポート最大30W、2ポート最大24W(2ポート利用時は1ポート最大15W)
    • iPad + iPhone や iPhone + AirPods(小物系) などの充電におすすめ
  • 2ポート充電時に電圧を自動調整してくれるので従来の充電器のようにケーブルを差し込むポートを選ばなくていい
  • 折り畳みプラグでコンパクトに収まるので持ち運びも◎
    • サイズ:約 4.5 x 4.28 x 3.04 cm
    • 重さ:約 70g
  • 製品保証は2年

真っ白な充電器は白系ガジェットが好きな人に刺さるデザインで折りたたみプラグが持ち運びにも便利な Innergie C3 Duo 。

スマホをメインに小物を持ち運ぶ方や、タブレットもちょっと充電したいなという方におすすめの急速充電器です。

同社製品 C6 Duoとの比較

スクロールできます
Innergie C3 Duo とC6 Duo のサイズ比較
C3 Duo | C6 Duo
Innergie C3 Duo とC6 Duo のサイズ比較

最大 30Wな Innergie C3 Duo と最大 63Wな Innergie C6 Duo 。サイズ比較をすると、厚みはまったく同じ。

サイズ感としては縦横サイズと重さが違います。

  • C3 Duo:約 4.5 x 4.28 x 3.04 cm、約 70g
  • C6 Duo:約 5.6 x 4.7 x 3.04 cm、約 140g
Innergie C3 Duo とC6 Duo

最大W数と価格とサイズが違うくらいでデザインは一緒だし、自身の充電する端末によってどちらが良いか選べますね。

より大きな端末を持ち出す方は C6 Duo を。

iPhone などスマホメインの方は C3 Duo を。

どちらも白系ガジェット好きの方に選んでほしい 急速充電器です。

USB-Cケーブルは付属しないのでセットでどうぞ。

Innergie C3 Duo レビュー | 電圧自動調整/USB-C/2ポート/PD急速充電器/最大30W

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ