Apple Watch 6 を全面保護ケースで保護!クリアで鮮明に見える LK Apple Watchケース 2枚入りをレビュー

LK AppleWatch全面保護ケースをルイログがレビュー Apple

スマートウォッチは2015年から利用しており、MOTO360 → Gear S2 → Apple Watch と利用を続けて早5年以上。

どうも、 R.U.I(ルイ Twitter icon@rui_bass)です。

Apple Watch は series4 から利用をはじめ、現在は Apple Watch 6 を愛用しています。

スマートウォッチは日々の生活を快適に過ごすために活用中。もはや腕の一部。

そんな Apple Watch も私の利用するアルミ素材のモデルは特に傷がつきやすく、次の買い替え時までピカピカの状態で利用したい・・・と思うと保護は必須。

Apple Watch 4 の頃から全面保護ケースを利用してるのだけれど、今回その全面保護ケースを買い替えたので紹介したいと思います。

以前利用していたTPU全面保護ケースよりも画面がクリアに見えて保護もしっかりできるので「買い替えてみて良かった!」と感じる日々。

LKというメーカーさんから発売されている、画面部分は硬化9H日本旭硝子素材のガラスフィルム、側面などのボディ部分はPC素材によるフレーム保護という2重構造

1300円くらいで2枚入りというお得感。

さっそく紹介していきましょう。

スポンサーリンク

Apple Watch 6 に全面保護ケースを。LK 2枚入り Apple Watchケースをレビュー

まず、パッケージはこんな感じ。

LK AppleWatch全面保護ケースのパッケージ

2枚入りということがよくわかるパッケージで、取り付け方法に関しては動画サポートもあるよ、ということがわかります。

私はとくに何の説明もなく装着できました。

内側のフィルムを剥がして、Digital Crown を目印に取り付けるだけだしね。

LK AppleWatch全面保護ケース内容物

開封して内容物を取り出してみると、ケース本体が2つと取り付け時に利用するホコリ取りシールなどが入っています。

何やらApple Watch用のバンドを無料プレゼントと記載のある用紙も入っていましたが、よくわからなかったので廃棄しました。

Apple Watch の全面保護ケース本体を、袋から1つ取り出してみました。

LK AppleWatch全面保護ケース
LK AppleWatch全面保護ケース

硬化9H日本旭硝子素材のガラスフィルムには黒い枠が。

この黒い枠があることでコントラストがハッキリして画面が見やすくなるような気がします。

LK AppleWatch全面保護ケース

裏面(内側)には保護シートが貼ってあり、Apple Watch へ装着する前に剥がすスタイル。

全面保護ケース自体には少し厚みがあります。

そのことから、Apple Watch に装着するとほんの少し厚くなるかも。

利用している身としては全然気にならないかな。ただ、感覚のところなので個人差はありそう。

LK AppleWatch全面保護ケースとAppleWatch6

Apple Watch 6 本体と、新・旧全面保護ケース。

今までは右側の全面クリアな保護ケースを利用していました。柔らかいTPU素材で薄め。

TPU素材はどうしても使っているうちに色がくすんでくるのですが、替え時はわかりやすかった。笑

LK AppleWatch全面保護ケースの同梱物

全面保護ケース本体以外に付属していたものたち。

  • アルコールウェットシート×2
  • ホコリ取りシール×2
  • 小さなクリーニングクロス×1

本体が2つセットなので使い捨てのものは2つずつ。

クリーニングクロスは使い回しがきくので1枚だけでした。

LK Apple Watchケース をApple Watch 6に装着

Apple Watch 6 に装着してみたらこんな感じ。

LK AppleWatch全面保護ケースをAppleWatch6に装着

サイズ感はピッタリで、ボタン穴も綺麗な位置でくり抜かれています。

Digital Crown の厚みに対して綺麗な湾曲を描くようなデザインですね。

代わりに、サイドボタンまでは少しばかりスペースができてしまいました。

LK AppleWatch全面保護ケースをAppleWatch6に装着

スペースができたと言っても、普通に指が届く範囲なのでとくに支障はなし。

「お、ちょっと奥にいったんだな」と思わせられる程度。使用には問題なしと言えるでしょう。

LK AppleWatch全面保護ケースをAppleWatch6に装着裏面

全面保護ケースを装着した裏面はこんな感じ。

良い感じに角まで保護するような形で、裏面には飛び出していません。

また、バンド装着部に沿ってカットしてあるので、全面保護ケースを装着したままバンドの交換が可能

全面保護ケースをつけていても、バンドの交換が気軽にできます。

LK AppleWatch全面保護ケースをAppleWatch6に装着

バンドをつけて、腕に巻いてみました。

ケースなしの裸状態と比較するとさすがにケースをつけていますよという感じはあるかもしれないけれど、次買い換えるときに傷を1つも残したくない私としては保護を優先したい

という考えがあるからかもしれないけれど、私は全然気になりません。

多少厚みが出るのと「ケースつけてます」感が苦手な方は傷を覚悟でケースなし運用になるのかな。

LK AppleWatch全面保護ケースをAppleWatch6に装着

画面が明るい状態だとこんな感じ。

写真では伝わりづらいかもしれないけれど、画面部分がガラスフィルムの仕様なので、前まで利用していた TPU素材の全面保護ケースと比較すると画面がかなりクリアに見えるようになりました

画面部分も TPU な全面保護ケースだと、やはり少し見え方が変わってしまっていたので、かなり嬉しい結果です。

タッチ感度も良好で、”反応しないとき”というのは今のところ1度もありません。

良き良き。

LK 2枚入り Apple Watch 全面保護ケースについてまとめ

LK AppleWatch全面保護ケースをルイログがレビュー

こんな感じで今回は Apple Watch 6 の全面保護ケースを買い替えたので紹介しました。

安さ一筋で Apple Watch の保護さえできれば良い!

という方なら私が Apple Watch 4 の頃からずーっと使っていた全面クリアな TPU 全面保護ケースが良さそう。

同じ商品を買い替え続けて2年弱使った Apple Watch 4 はまったくの無傷で綺麗な状態を保つことができました。

こちらもクリアで使用に問題はなかったのだけれど、今回購入した画面部分は硬化9H日本旭硝子素材のガラスフィルムという仕様には劣ります。

iPhone などのスマホで慣れ親しんだガラスフィルムはやはりクリアで見やすいし、タッチ感度も良好でこっちのほうが良いな!と思いました。

価格は1.5倍くらいにはなるけれど、もともとが安い商品なのでそこまで気にしなければならないほどではないなと。

Apple Watch のアルミシリーズは側面などに傷が付きやすいと思うので、全面保護ケースは本当おすすめです!

タイトルとURLをコピーしました