QC5.0搭載充電器Baseus100W USB-C PD充電器CCGAN100CSをレビュー

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CSをルイログがレビュー ガジェット

充電速度は早い方が好き?それとも遅くても気にしない?

ルイログをご覧いただきありがとうございます。 R.U.I( Twitter iconルイ@rui_bass)です。

いやはや、ついに出ました。QuickCharge(QC)5.0規格高速充電器が。

世界初”Qualcomm社からQC5.0充電器として正式認定を受けた充電器。

その名も「Baseus CCGAN100CS」。

QC5.0 自体2020年7月に発表されたばかりの新規格で、対応デバイスがまだあまりない状態ではあるけれど、下位互換もできるので今から用意しておくのもアリよりのアリ。

Baseus”CCGAN100CS”であれば MacBook Pro 16 も最大速度で充電可能に。

QC5.0充電器Baseus”CCGAN100CS”の特徴
  • 窒素ガリウムを利用した GaN2 100W充電器で、PC・スマホ・Nintendo Switchなどあらゆるデバイスの高速充電に対応
  • 世界初!Qualcomm社からQC5.0充電器として正式認定を受けた充電器
  • QC5.0非対応のガジェットも下位互換として対応
  • USB-C、USB-PD規格に最適化
  • 100W対応の USB-C to C 充電ケーブルも付属

QC非対応の端末や、QC1.0〜4.0対応端末も下位互換として対応して、いつでも高速な充電ができるというのはありがたいですね。

対応端末も幅広い。

QC5.0とは?

Quick Charge 5.0(QC5.0)は、Qualcommが開発した新たな高速充電規格。サポートするのは、「Snapdragon 865/865 Plus」と今後登場するハイエンド向けチップセット。現行のQuick Charge 4.0(QC4)と比較して充電効率が最大で70%向上、4500mAhのバッテリーならわずか5分で0%→50%まで充電できるとしている。そしてQC5.0以下すべてのQCに互換性を持っており、幅広い端末の充電が可能。

参考:https://www.qualcomm.com/products/features/quick-charge

QC5.0の機能説明などはこんな感じ。

かなりすごい規格が出たな。という印象ですね。

QC5.0自体はGALAXYなどの主にAndroidスマートフォンで採用されていっている規格だけれど、MacBook Pro 16インチのような製品も2時間でフル充電できるそう。100W充電すごい。

というところで、さっそくQC5.0搭載 Baseus 100W 充電器” CCGAN100CS ”を紹介していきましょう。

Offer’d by Baseus

スポンサーリンク

QC5.0搭載Baseus100W充電器CCGAN100CSの外観をレビュー

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CSのパッケージ

まずパッケージはこんな感じ。

左下にうっすら「GaN2 FAST CHARGER 1C 100W US Set」という文字と、右下に「GaN」ロゴがあるのだけれど、これらはエンボス加工されていて格好良く。

製品写真はザラッとした特殊加工がされており、パッケージにも気合が入っているなということが伺えます。

さすが世界初の QC5.0 充電器

パッケージにも抜かりありません。

日本でも購入できるようになりましたが、記載の言語は英語と中国語の2種類が記載されています。

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CSのパッケージ
QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CSのパッケージ

パッケージ側面〜後ろはこんな感じ。

言語はわからずとも、スペックなんかはなんとなくわかります。

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CSの同梱物

パッケージを開封するとこんな感じ。

内容物としては、

  • QC5.0搭載100W充電器本体
  • E-Markerチップ搭載(USB PD充電対応)の USB-C to C ケーブル(1.5m)
  • 説明書類(英語、中国語)
  • キャラクターシール

が入っていました。

キャラクターシールは Baseusさんのイメージキャラクターなのかな・・?

USB PD に対応した USB-C to C ケーブルもついてくるのは嬉しいですね。

たまに充電器はPD充電対応だけれど付属のケーブルは対応外なんだ。なんて製品もあるので、Baseus CCGAN100CS は安心です。

さすが 世界初の QC5.0 搭載充電器

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CS付属のUSB-CtoCケーブル

その USB-C to C ケーブルはこんな感じ。1.5mのケーブルです。

オリジナル商品で、コネクタの部分に Baseus という文字が見えます。

E-Markerチップ搭載のUSB-Cケーブルで適切な電力制御と高い安全性を実現し、PD対応で速度もバッチリ。

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CS付属のUSB-CtoCケーブル

結束バンドも良い感じで使いやすいものが付属しています。

こちらは Baseus倍思 と印字あり。

”倍思”は翻訳してみたら Baseus となりました。

ちなみに「Baseus」というブランド名は英語の「Base on user」を省略した造語で、「ユーザーUserが製品の意思決定の基Baseになるように」という意味合いでつけられたそう。

良き名前ですね。

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CS本体

QC5.0搭載 Baseus100W充電器 CCGAN100CS の本体はこんな感じ。

折りたたみ式電源プラグを出した状態です。

手触りや質感は上々で、ビルドクォリティが高いなという印象。

最新規格の QC5.0 搭載ということと、本体に安っぽちゃちさを全然感じないので、この先も安心して利用できそうです。

ちなみにブラックだけではなくホワイトもあります。

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CS本体

斜めから見てみるとこんな感じ。

100W ”の印字は目立ちますね。

折りたたみ式電源プラグをしまいました。

充電ポートは QC5.0に対応したUSB-C ポートが 1つ

いつでもフル充電してね!」という意思が伝わってきます。

※2ポートだと電力が半分こになったりします

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CS本体

反対側はこんな感じ。

反対側側面は印字なしの無地。

折りたたみ式電源プラグは少しだけ上に飛び出していて、簡単に利用開始できます。

プラグ側は規格などの印字がたくさんありますね。

電源プラグが折りたたみ式なので外出時の持ち運びにも便利です。

大きさ比較

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CSのサイズ比較

左から AirPods Pro・QC5.0 Baseus100W充電器CCGAN100CSAnker PowerCore Fusion 5000

めっちゃ小さい!ということはないのだけれど、QC5.0 規格を搭載した 100W PD高速充電器と考えると小さい方なはず。

  • 横幅 55mm、高さ 67mm、厚み 30mm
  • 重さは 175g

ちなみにケーブル+結束バンドは重さ 34gでした。

充電器とケーブルたちを合わせて 209gですね。

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CSのサイズ比較

厚み比較はこんな感じ。

ケースをつけた AirPods Pro より少し分厚く、Anker PowerCore Fusion 5000 よりはほんの少しだけ薄いかな、という感じですね。

QC5.0搭載Baseus100W充電器CCGAN100CSで iPad Pro(第3世代)を充電してみる

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CSでiPadPro11を充電

iPad Pro11(第3世代)は QC(Quick Charge)非対応で PD(Power Delivery)には対応している、最大速度 30Wの端末。

100W充電器の最大値は出せないのだけれど、普段充電するものとして充電してみました。

結果は、「45分で約30%充電」(67%→97%)でした。

0%からだともっと大きな数字が出るはずなのだけれど、これくらいからの充電だと妥当な速度。

しっかり30Wくらいの速度が出ている速度です。

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CSでiPadPro11を充電

QC非対応のガジェットでも、その端末ごとの最大値で充電することができそう。嬉しいな。

充電器も USB-C ケーブルも良い性能で、充電遅いなーと感じることがなくなるのは嬉しいですね。

QC5.0 対応100W充電器、アツい

いや、熱くはなりませんでした。

ほんのり温かいくらいでした。

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CSのインジケータ

ちなみに充電中はインジケータが薄い青色に光っていました。

明るすぎず、綺麗な色味。

この優しい色味は好印象ですね。

寝室で光っていてもあまり気にならないレベルの光り方です。

QC5.0対応Baseus100W充電器についてまとめ

QC5.0搭載充電器BaseusCCGAN100CSをルイログがレビュー

こんな感じで今回は世界初QC5.0対応充電器「Baseus CCGAN100CS」を製品提供いただきレビューしました。

最近の流行りは GaN利用で高速&小型化していく充電器界隈だったけれど、高速充電に特化した充電器が発売。

世界初の QC5.0 充電器で 100W充電可能という高性能さでこのサイズ感も十分小さいサイズ感。

今の所相性が良さそうなガジェットと言えばフルスピード充電に 96W必要な MacBook Pro 16インチですね。

MacBook Pro 16インチなら最大速度 100Wな当製品も、ほぼ最大値の充電速度を利用できるPD充電器として活躍できそう。

付属の Apple純正充電器やケーブルは性能が少し抑えられているからね。

QC5.0対応充電器「Baseus CCGAN100CS」の良いなと思ったところ、ここが気になるな、というところをまとめてみました。

QC5.0対応Baseus CCGAN100CSのここが良い!
  • QC5.0 対応充電器で充電速度がいつでも最大速度
  • 規格が下位互換対応で PD充電もできるためApple製品でもうまく使える
  • 充電中、高速充電なのに充電器本体がそこまで熱くならない(ほんのり温かい)
  • 折り畳み式プラグで持ち運びにも便利
  • インジケータが明るすぎず、淡い色味も綺麗
  • 付属の USB-C to C ケーブルも高性能で高速充電にそのまま利用できる
QC5.0対応Baseus CCGAN100CSのここはちょっと気になる
  • まだ100W充電できるガジェットがあまり流通していないので、USB-Cポートをもう1つつけて2ポート(50W×2)とかにしてくれたらもっと嬉しかった
  • 利用する端末によってはオーバースペック

という感じですね。

QC5.0 自体、時代を先取りした規格かもしれないけれど、Baseus CCGAN100CS ももれなく時代を先取りした充電器という印象を受けました。

つまり”この先長く使える充電器”で、1つ持っていたら安定した充電が行えるということ。

あとは Snapdragonの最新チップを搭載してくる今後のAndroid機種などは、100Wまではいかずとも QC5.0対応機種も出てきて充電速度がめちゃくちゃ早い現実が訪れそうですね。

ホワイトもあるよ


▷Amazon商品ページはこちら

タイトルとURLをコピーしました