高級ボールペンはプレゼントに最適!天然木で所有欲を満たしてくれる木製高級ボールペンをレビュー

高級木製ボールペンをルイログがレビュー:Hacoa+LUMZBERラウンドボディ 暮らしのコト

ルイログをご覧いただきありがとうございます。 R.U.I(ルイ Twitter icon@rui_bass)です。

ボールペン、日常的に使っていますか?

学生の方も、社会人の方も、誰でもどの年齢層でも何かと利用しますよね。ボールペン。

書く”という行為をするためのツールで、安いモノから高いモノまで価格はピンキリです。

安いボールペンなら数百円で購入できます。

もちろんそれでも良いでしょう。

しかし今回私が購入したのは Hacoa(ハコア) というおしゃれな北欧風木製雑貨を取り扱うショップで販売されている「+LUMBER:ROUND BODY BALLPOINT PEN」という5000円を超える高級なボールペン

素敵な天然木をあしらったボールペンで、木目や木製製品が大好きな私は所有欲爆上げです。

今回は購入したボールペンと、木製雑貨を取り扱うショップ”Hacoa(ハコア)”さんについても紹介しつつレビューします。

Hacoaオンラインショップで「ROUND BODY BALLPOINT PEN」をチェック

スポンサーリンク

プレゼントに最適な高級ボールペン「+LUMBER:ROUND BODY BALLPOINT PEN」をレビュー

まずはWEBサイトで購入後、届いた状態を紹介します。

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペン

届いた状態はこんな感じ。本体パッケージと用紙類が入ったものが入っていました。

用紙類は +LUMBER(プラスランバー)のブランドコンセプト説明や、Hacoaショップで取り扱いのある商品紹介や直営店舗の紹介チラシなど。

Hacoaのチラシ

インテリアや文房具、キッチン用品、スマホケースやUSBメモリなどガジェット用木製製品まで幅広く紹介されており、これを見ているだけでもワクワクします。

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペンのパッケージ

天然木をあしらった高級ボールペン +LUMBER:ROUND BODY BALLPOINT PEN 本体のパッケージはこんな感じ。

パッケージもしっかり作られています。

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペン

中はスライド式で取り出しやすい。

ボールペン本体はクッション性のある下地の上に、髪ゴムのようなもので固定されています。良い感じ!

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペン

さらにその下にも空間があって、湿度管理のためのシリカゲルと”「子供の森」計画”というチャリティー活動の紹介ミニ冊子が入っていました。

Hacoaの子供の森計画活動用紙

お買い物することで売上の一部が寄付されるようです。

森林保全運動がされて、良い木がもっと育つと良いですね。何年か前に木の値段がワンマーク上がったので、きっと森林自体が世界から減っているんだろうなと。

プレゼントに最適な高級ボールペン「+LUMBER:ROUND BODY BALLPOINT PEN」の外観デザインをチェック

無機質な中に木の温もりを感じる高級感

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペン本体

たくさんの木製デザイン雑貨を手掛ける Hacoa のボールペンということもあり、綺麗な木目の質感です。

1つの木材を削り出してつくる製法でつなぎ目など一切なく、360度綺麗。

高級な文房具でかつ、木製をプラスワンしたボールペンは1本を長く愛用したい人にとって最高の相棒となってくれます。

質感も上々。

天然木以外のところはステンレス製

ペンの両端はステンレス製で高級感と耐久性をプラス。

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペン本体
Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペン本体

キャップ部分はさらに高級感のあるステンレスヘアライン仕上げで、木目に似たようなデザインが施されており素晴らしい。

ペンクリップ付きでシャツの胸ポケットやジャケットの内ポケットなどにおさめることもできます。

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペンをジャケットの内ポケットに入れる

もちろん、胸ポケットでもOK。

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペンをジャケットの胸ポケットに

私はいつもジャケットの右側内ポケットに忍ばせています。

左側の内ポケットは小さな財布を収納しているので、右側に。

ECサイト運営会社勤務ということもあり服装は自由なのですが、ジャケットスタイルを定着していてよかった。

やはり内ポケットは重宝します。

サイズは約13cmで、長すぎないサイズ感。

扱いやすい長さですね。

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペン本体

ペンクリップ部には+LUMBERのブランドロゴ。

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペン本体

全体的に作りが綺麗なので、所有欲はもちろん上がり、常に持ち歩きたいと思わせてくれる素敵なボールペンです。

プレゼントにも最適ですね。

カラーバリエーション(使用木材)は3種類

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペンのカラーバリエーション
Hacoa公式サイトより引用

ROUND BODY BALLPOINT PEN に使用される天然木は全部で3つ。

木の種類=カラーバリエーションとなります。

  • メープル
  • ウォールナット
  • カリン

の3種類。私が購入したのはこの3種の中では1番濃い色味の木材であるウォールナットです。

また、天然木で作られているため同じ木目がありません。

唯一無二の、世界に1本だけのオリジナルボールペンとなります。

本革製品と同じように、天然木の製品も1つ1つに味があり、愛着が生まれやすいことが特徴ですね。

素敵。

書き味について

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペン本体

ROUND BODY BALLPOINT PEN は軽い書き味で滑らかな水性ボールペンであるローラーボールが採用されています。

書き始めがかすれることのない水性インク式

油性インク式だと書き始めがかすれることが多く、インクがきちんと出るまでぐるぐると紙を無駄に使わなければならないということもしばしば。

公文書の記入では油性インクが指定されることもあるので水性インク1本で生活することは難しいけれど、普段遣いのボールペンは水性インクの方が書き心地も良いのではと考えています。

直営店である実店舗で書き比べもしてきたのだけれど、想定通り書き始めがからきっちりインクがでたのは水性インクのボールペンだけでした

ROUND BODY BALLPOINT PEN に購入を決めた理由の1つがそこですね。

書き味ももちろんなめらかで良いです。

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペンをばらした状態
Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペンをばらした状態

ボールペンの芯部分は「SCHMIDT Safety ceramic roller 888」が装填されています。

替芯は「SCHMIDT Safety ceramic roller 888」or「Schneider Topball 850」が指定されていました。

水性インクのメリット、デメリット

Hacoa+LUMBER:ラウンドボディボールペン本体

メリット・デメリットは各インクの種類によって変わるので、使い分けするのがより良く利用できます。

その中でも今回私が購入した ROUND BODY BALLPOINT PEN が採用している水性インクのメリットとデメリットをチェック。

水性インクのメリット
  • 書き味抜群、サラッと書くことができる
  • 書き始めにインクがでなくて困ることがない
  • 書き味が軽く、長文を書く場面でも疲れにくい
水性インクのデメリット
  • 公文書の記入では油性インクが指定されることがある
  • 複写伝票は筆圧が求められるので使いづらい

という感じでしょうか。

今回私は書き始めにインクがでなくて困る”というシーンに嫌気がさして、水性インクタイプのボールペンにしました。

油性インクのボールペンも生活の中ではかかせませんが、1本ずつ持っておくと使い分けができて良さそうですね。

油性インクタイプのボールペンもHacoaで良いのがあったので、そのボールペンでリフィル(替芯)を変えて利用する、というのもありだなと考えています。

たまーに公文書へ書き込まないといけないときもあるしね。もしそっちも購入したら改めて紹介しよう。

しばらくは今回購入した水性インクの ROUND BODY BALLPOINT PEN を愛用するつもり!

ちなみに、最初に買おうと思っていた、次買うかもと思っている油性インクのボールペンはこれ。

三角形のボディで持ちやすく、回転式ボールペンで、ペンクリップもある。

そして、ロゴ入れできる範囲が広く価格が安いので気軽に頼めるな、という良いこと尽くめなのでは!?と思えるボールペンです。

ただやはり油性インクのボールペンなので、実店舗で試し書きしたとき書き始めはインクがうまくでずくるくる書いてからインクが出始めました。

リフィル(替芯)は有名なPARKERボールペン替芯が装填されているようなので、もう少し書き心地の良くなるリフィルに付け替えたら良いかもしれませんね。

”TRIANGLE BODY BALLPOINT PEN”シリーズだと、木材の種類:karin(花梨)や cherry の雰囲気がとても好みなので、そのうちこっちも買うかも。良き。良き良き。

シリーズが違うだけで木の種類で加工方法がかわり見え方も変わりますね。

R.U.I
R.U.I

木の質感はこちらの”TRIANGLE BODY BALLPOINT PEN”のほうが好きかも。

名入れ可能でプレゼントにも最適

今回私は名入れなしで注文しましたが、Hacoa webショップでも実店舗でも名入れサービスを行っています。

指定のフォントから選んでテキストで入れてもらうも良し、価格はアップするけれどオリジナルのロゴを画像データから入れてもらうも良し。

  • 指定フォントからテキストで名入れ:1100円(税込)
  • 画像データで名入れ:2200円(税込)※応別途相談

上述しましたが、もう1本購入するとしたら、油性インクのボールペンに名入れサービスも利用しようと考えています。

私のように自分へのご褒美にも良いですが、ボールペンはこのデジタル時代でも利用するモノなので、良い1本があれば気分も上がります。

天然木が好きな方は多いし、プレゼントにも最適ですね。

プレゼントに最適な天然木高級ボールペンのレビューについてまとめ

高級木製ボールペンをルイログがレビュー:Hacoa+LUMZBERラウンドボディ

こんな感じで今回は Hacoa(ハコア) というおしゃれな北欧風木製雑貨を取り扱うショップで販売されている「+LUMBER:ROUND BODY BALLPOINT PEN」高級ボールペンを購入したのでレビューしました。

木製のモノが好きなのはもちろん、実はステンレスもかなり好きなので、この組み合わせは私にとってかなりアツい

天然木 × ステンレスはかなりおしゃれに見えるし所有欲を高めてくれる1品です。

名入れ可能でプレゼントに最適というのはまさにそうで、ボールペンは2000円〜6000円くらいまでの価格で購入でき、名入れは+1000円で可能。

ボールペンは中の替芯(リフィル)を交換することでよほどのことがない限りずっと使えるので、大切にしてもらいやすい&ずっと使ってもらいやすいという特徴も。

デザインも格好良くおしゃれで、つい使いたくなったりもするし。

私も購入後、むだに何か書きたくなって「あいうえおかきくけこ〜〜abcdefg〜〜」と文字を書きまくりました。笑

所有欲の高まるボールペン・文房具は良いぞお。

所有欲爆上げ。やはり買ってよかった。

1本あると嬉しい高級なボールペン。おすすめです。

職人がつくるデザイン雑貨ブランドHacoaは木製雑貨が豊富な品揃えなので、木製製品が好きな方はサイトを見ているだけでもワクワクすること間違いなし。

ぜひ1度チェックしてみてください。

R.U.I
R.U.I

置き時計とかも欲しくなってきたぞ・・!

Hacoaオンラインショップはこちら

タイトルとURLをコピーしました