rui-log.com
バッテリー

スマートフォンを充電し続けるとバッテリーは劣化する?

スマートフォンはバッテリーを使い切ってから充電しないといけないんだ!」という方、今もいますよね。

これ、間違いです。

今の御時世、バッテリーも進化しているのです。

スマートフォンを充電し続けても、バッテリーは劣化しません。

バッテリー

リチウムイオンバッテリー

イマドキのスマホは「リチウムイオンバッテリー」という種類のバッテリーを採用していて、「使い切ってから充電」だと逆に劣化を促進させてしまう可能性があります。

リチウムイオンバッテリーの特徴として、

  • 過放電
  • 過充電

弱いという特徴があります。

過放電とは

充電が0%で切れた状態で長時間放置すると、その分劣化していきます。

ただ、電池が切れたから即充電しないと劣化する!というほどではなく、普通に帰ってから充電で大丈夫です。

何日も放置してしまう場合は注意が必要です。

過充電とは

充電が100%満タンになっても充電をし続けると、その分劣化していきます。

しかし、ここに関しては端末側がよくできており、

充電が満タンになったら充電されないようにする仕組みが施されています。

なので、ユーザー側が気にすることは特にありません。

ありがたい話です本当に。

充電しながらスマホを使い続けると、バッテリーが熱くなりその分劣化させてしまいます。

よく充電しながらゲームをするんじゃあないよ。と言われるのは、このためです。

じゃあ冷やしながらすれば良いんじゃない?という意見が出ますが、それをすると今度は結露の心配をしなければならないので、注意が必要です。

電子機器や充電池にとって水分は非常に怖いものなので、やはり充電しながらスマホ(負荷の高いもの)はやめた方が良いです。

熱くなったから冷蔵庫に入れてやれ!は結露発生の元になり大変危険なので、やめておきましょう。

リチウムイオン充電池の最高許容周囲温度は45℃と規定されているようで、これより温度が高くなった状態で使い続けてしまうと電池を劣化させてまいます。

バッテリー熱くなってるな、と思ったら使用を止めて、少し放置してあげましょう。

Appleの公式見解を紹介

Appleのリチウムイオンバッテリーは、いつでも好きな時に充電できます。再充電の前に電力を完全に使い切る必要はありません。またAppleのリチウムイオンバッテリーは、繰り返し充電して使えます。
バッテリー容量の100%に相当する電力を使い切ると(放電すると)1回の充電サイクルを完了したことになりますが、必ずしも1回の充電ごとにすべてを使い切る必要はありません。
たとえば、バッテリー容量の75%を1日で消費し、夜のうちにフル充電したとします。翌日25%を消費する、すなわち合計100%消費すると、2日で1回の充電サイクルを完了したことになります。

マニュアル・説明書にも書いていたりしますが、そういうことです。

一番良いのは40%〜80%で充電を回すこと、とも言われることがあります。

まとめ

  • 充電し続けてもバッテリーは劣化しない
  • 充電を使い切るのは劣化の元(充電が切れて、そこから放置時間が長いと劣化していく)
  • 充電しながらの操作は熱を持ちやすいのでやめよう
  • というところでしょうか。

    オススメの充電サイクルは、15%や20%〜100%位で回すのが良さそうかなと感じています。

継ぎ足し充電も全然OKで、その時々の使い方・タイミングによって、先に充電しておこう、寝る前まで大丈夫かな、等と判断しましょう。

充電の仕方、そこまで気にしなくても大丈夫かと思うけれど、

正しく使ってあげて、快適なモバイルライフを!