フルサイズミラーレス一眼カメラα7iiiでAPS-C用レンズは実用可能か?を検証

フルサイズミラーレス一眼カメラα7iiiでAPS-C用レンズは実用可能か?をルイログが検証 カメラ、撮影機材

私はもともと SONY α5100 という APS-C センサーサイズのミラーレス一眼カメラを利用していたのだけれど、同じく SONY のフルサイズミラーレス一眼カメラの α7iii へアップグレードしました。

しかしその際レンズは新しく購入せず、今まで利用していたものをそのまま利用しています。

もちろんフルスペックがだせるようフルサイズセンサー用レンズも購入予定だけれど、ボディだけ先に購入しちゃうのはアリなのか?というところを実際に私の経験をもとに紹介します。

だってカメラもレンズも高いし。気になるよね?

先に結論だけ言うと・・・

R.U.I
R.U.I

全然アリ、アリよりのアリです◎

それではその理由などを詳しく紹介していきましょう。

スポンサーリンク

フルサイズミラーレス一眼α7iiiにAPS-C用レンズをつけて撮影した作例

まずは以下の写真を作例として見てほしい。

α7iii に私の所持している APS-C 用レンズ「TAMRON(タムロン)17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD (Model B070)」と「SIGMA 30mm F1.4 DC DN」を利用し撮影しています。

作例は 11枚あるので、気になった写真だけも立ち止まって見ていただけると。

※一覧で見えている画像はかなり圧縮されています。クリック(タップ)で元画像を見ることができます。長辺3000pxにして軽く圧縮もしていますが、700KB〜1MBと2MBの写真もあるのでご留意ください。

ルイログのPCデスク周り
α7iiiとTAMRON17-70mm F/2.8で撮影
ドクターマーチン(Dr.Martens)の3ホールシューズ
α7iiiとSIGMA 30mm F1.4 DC DNで撮影
スターバックスコーヒー
α7iiiとTAMRON17-70mm F/2.8で撮影
コーヒーの木
α7iiiとSIGMA 30mm F1.4 DC DNで撮影
コーヒーの木
α7iiiとTAMRON17-70mm F/2.8で撮影
ルイログの撮影した空
α7iiiとTAMRON17-70mm F/2.8で撮影
ルイログの撮影した空
α7iiiとTAMRON17-70mm F/2.8で撮影
ルイログの撮影した夕焼け空
α7iiiとTAMRON17-70mm F/2.8で撮影
ルイログの撮影した夕焼け空
α7iiiとTAMRON17-70mm F/2.8で撮影
ルイログの撮影した晴天空
α7iiiとTAMRON17-70mm F/2.8で撮影
ルイログのF-Bass
α7iiiとTAMRON17-70mm F/2.8で撮影

良くないですか?

APS-C センサーのミラーレス一眼カメラでももちろん同様の写真は撮れると思うのだけれど、暗いシーンにもフルサイズセンサーは強いのでそこで差はでていると思います。

明るいシーンならさほど変わることはないかな。

私自身の体験として SONY α5100 との比較になりますが、とても撮りやすくなったと感じています。

フォーカスの位置も合わせやすくなったし、シャッター音は気持ち良いし(重要なので何度も言う!)、オートフォーカス(AF)も制度良くなったし、物理ボタンやダイヤルが増えて操作がしやすくなったりマニュアル撮影もしやすくなったし、画面は大きくなったし縦撮影も横向けて縦画面で見れるようになったし、ファインダーがついて気分上がるし撮影しやすいし、良いことずくめすぎてもうすんごい。

R.U.I
R.U.I

すんごいの。

最初に α6400 とかしっかりした APS-C ミラーレス一眼カメラを購入していたらまた違ったのだろうけれど、入門機である α5100 からのアップグレードはかなり大きな進化を感じられます。

表には出していないけれど、何もなくても毎日1枚は何か撮ってます。楽しい。

カメラで写真を撮影する”という行為自体がより楽しくなった、ということも大きな変化ですね。

フルサイズミラーレス一眼α7iiiでAPS-C用レンズを利用する方法

TAMRON(タムロン)17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD (Model B070)

利用する方法と題しましたが、α7iiiの場合 APC-C 用レンズを付けたら自動でクロップモード(Super 35mmモード)になっていました。

まだフルサイズセンサー用レンズを購入できていないので都度自動で変わるかは確認できていないけれど、カスタムボタンにクロップモードの ON/OFF を割り当てているのでいつでも切り替え可能にしています。

そうしておくことでフルサイズセンサーレンズ利用時も、あともう少し寄りたいけど動けない・・・なんてときにクロップモードを ON にすればグッと寄れるようになるので便利ですね。

ちなみに私が購入したフルサイズミラーレス一眼 α7iii で説明しているけれど、同様の機能を持ったフルサイズセンサーミラーレス一眼カメラなら同じような運用ができます。

ただし、レンズとカメラのマウントは気をつけましょう。

別のマウントに移行する場合はシステムをすべて引っ越す形となるので、マウントアダプターなどを間に挟まないと利用できません。

もしマウントごと移行する場合はしっかり調べてからね。

フルサイズミラーレス一眼(α7iii)でAPS-C用レンズを利用するメリット

移行前・後の機種にもよるけれど、レンズ据え置きでボディだけ先にアップデートする際のメリットは・・・

  • ハイスペックな機能を有したカメラで撮るのがより楽しくなったり
  • 測距点(フォーカスポイント)が増えたり
  • 電子ビューファインダーの性能が良くなったりディスプレイが大きくなったり
  • シャッタースピードの上限が増えたり
  • 解像度が良くなったり
  • 顔認識や瞳AFの精度が良くなったり
  • もっとシャッターを押したくなるシャッター音になったり

します。

私は α5100 → α7iii へのアップグレードなので、ファインダーがついたというのも嬉しいポイントの1つ。

ファインダー越しの私の世界”というのはこういうことか!とちょっと嬉しかったり。笑

こんな感じに、レンズはそのまま・ボディを変えただけでもいろんなメリットがあります。

もともと良いボディを利用していたらそこまで変わらないかもしれないけれど、入門機からのアップグレードならかなりの変化が見込めるはず。私はそうでした。

シャッター音の変化もすごくって、無駄にシャッターを押したくなるほど気持ち良かったり。笑

動画用に購入するカメラならそこまで気にしないところだけれど、写真撮影用だと結構重要なポイントだと思う。

フルサイズミラーレス一眼(α7iii)でAPS-C用レンズを利用するデメリット

  • クロップした撮影になるので解像度の上限が下がる
  • いち早くフルサイズセンサー用レンズが欲しくなってしまう

一応、デメリットとしてあげるとこんな感じでしょうか。

かなり大きな画像が必要な場面では微妙だけれど、ポスター作るんだ!とかじゃなければ綺麗な写真が撮影できるのであまり問題にはなりません。

α7iii の場合はクロップしても長辺 3936px というまずまず大きな解像度で撮影ができます。

仕事で使う道具としては納品する画像はできるだけ大きくて綺麗なものが良いかなと考えられるので、その場合はフルサイズセンサー用レンズも一緒に購入しましょう。先方と要相談ですね。

フルサイズミラーレス一眼カメラα7iiiでAPS-C用レンズは実用可能か?を検証についてまとめ

フルサイズミラーレス一眼カメラα7iiiでAPS-C用レンズは実用可能か?をルイログが検証

こんな感じで今回は私が購入したフルサイズミラーレス一眼 α7iii で、今まで利用していた APS-C 用レンズは実用可能か?というところを検証などしました。

検証と言っても、今はまだフルサイズセンサー用レンズを所持していないので、私のようにボディだけ先に購入してレンズは後から検討・・・ということができるのか?実用可能か?というところを紹介しています。

実用可能か?という面で言うと、

  • 趣味の範疇ならばっちOK
  • 仕事の範疇なら先方と納品する写真の解像度について要相談

といったところ。

クロップされても α7iii だと長辺 3936pxあるので、とくに問題はないなと感じています。

フルで使えるようになったら max サイズ(6000px以上のやつ)で撮影するけどね。

さすがにほぼ4000pxあれば支障も感じないのでフルスペックを出したい!という気持ちで欲しい欲しいとなっているけれど、焦ってはいません。

購入しようと思っているレンズの在庫が復活したらすぐ購入しようと思っているので、それまでは APS-C 用レンズで撮影を楽しもうと思います!

撮影した写真はInstagramやTwitterでアップしているので、ぜひフォローをお願いします!

▷Twitter:主にデスク周りの写真をアップしたり、写真以外のメインSNS

▷Instagram:風景写真やポトレ撮影写真などをアップ

▽この記事で登場したカメラ機材

タイトルとURLをコピーしました