rui-log.com
Parallelsデスクトップをルイログがレビュー

Parallels Desktop 15 for MacでMac内にWindowsを同居させる

ルイログをご覧いただきありがとうございます。 R.U.I(ルイ@rui_bass)です。

コアなMacユーザーや、Windowsをメインに利用している会社に携わっている方のMacにはだいたい入っているであろうParallels Desktop。

私はそこまで多様するわけではないのだけれど、主にExcelの使い勝手のために導入しました。

購入したのは「Parallels Desktop for Mac Standard Edition」。

ビジネスやプロ向けではなく、一般ユーザー向けのスタンダード・エディション。

年額で常に最新バージョンが使えるサブスクタイプではなく、1回支払いのパッケージ品を購入。

MacでWindowsを動かす方法は他にもあるけれど、なぜParallels Desktopを導入したのか?の説明もします。

※1度Mac内にBootCampでWindowsを入れた状態からParallelsデスクトップを導入している環境となります。完全新規でWindowsを入れた方が良さそうなので、今から導入する方は新規で導入をオススメしたい。

Parallelsデスクトップをルイログがレビュー

MacBook12(Mid2017)にParallels Desktopを導入

まず、MacでWindowsを動かそうとする場合に利用できそうなソフトと言えば、

  • BootCamp:無料|リブートが必要
  • VirtualBox:無料|仮想化ソフト
  • Parallels Desktop:有料|仮想化ソフト
  • VMware Fusion:有料|仮想化ソフト

あたりが有名所になるのかな。

BootCampはOS標準でついているので利用の開始自体はハードルがかなり低い。

けれども、一度Macを終了してからWindowsを立ち上げる・・・という、電源の入れ直し、再起動をしなければならないという動作がスマートではない。

これが仮想化ソフトだと、Macを利用している途中で、WindowsのソフトをMacのソフトのように利用できるのがとても便利。

ここが大きな違いでしょうか。

なぜ「Parallels Desktop」なのか?

私がなぜParallels Desktopを選んだのか。これには大きな理由があります。

Parallelsデスクトップを起動

それは、動作が安定していて使いやすく機能も素晴らしいから!です。

長年Macをメインに利用し、業務上Windowsも利用している私の周りの方々もParallels Desktopを愛用していて、とても良いソフトで好評という安心感も

また、一番最初に無料で使えるVirtualBoxを試してみはしたのだけれど、私のMacBook12(Mid2017)では全然動いてくれなかったという理由もあります。

そう。

私のMacBook12(Mid2017)は、一番低スペックのMacBookなのです。

Parallels Desktopは14日間のトライアルもあり、試してみたところちゃんと動いてくれたので購入を決意!という流れでParallels Desktopを購入することにしました。

無料で使えるVirtualBoxも過去には試してみたのですが、スペック足らずなのか、システムがうまく組まれていないのか、全然だめでした。使い物にならないレベルで即Delete。

やはりソフトの用途としてハイクォリティが求められるものなため、無料で使えるものには限界があるのかと。

その点Parallelsデスクトップは有料ということもあり、私の最低スペックMacBook 12でも通常利用に耐えうる機能性です

Parallels Desktop 15 for Macの主な用途

私は会社勤めをしているのですが、その際はWindowsPCがメインPC。

会社の仕事をこのMacBookですることも度々あるため、Office製品が使えた方が便利。

その中でも私が主に利用するのは「Microsoft Office Excel」。

Parallelsデスクトップで起動するExcel
Parallelsデスクトップで起動するWindows版Excel

OfficeはmacOS版もあるのだけれど、かなり不遇の扱いにされているため、Windows版Office製品に慣れていると使いづらかったり。

一度試してはみたのだけれど、使い勝手が違いすぎて作業に時間がかかるため使うのをやめてしまいました。

私がショートカットを駆使して時短しようとするタイプの人で、Windows版とMac版でそれが変わってしまい、慣れって怖いなと感じ。

最終的に、やはりExcelはWindows版のものが私には必要だなという結論に。

そう。

Parallels Desktop 15 for Macを使う私の主な用途は「Microsoft Office Excel」です。

Mac上のParallelsデスクトップで起動したExcel
Macの中でWindows版Excelを起動

よくよく考えるとそれ以外ではWindowsのソフトを今の所使っていない・・!

Parallels Desktopはゲーム系にもうまく対応しているようなので、スペックに余裕のあるMac・・・遊ぶゲームの必要スペックを満たすことができるのであれば、MacでWindowsにしか対応していないゲームも遊べることになります。

ゲームパッドも対応しているはず。

なぜ常に最新版が使える年額ではなくパッケージ品にしたのか?

そう。

私が購入したのは「Parallels Desktop for Mac 標準エディション 単発購入」。

ちなみにParallelsデスクトップ標準エディションの価格は、

  • 年額サブスク:8345円(月額換算695円)
  • 単発購入:9818円

となります。

1500円ほど価格が違いますね。

お得に、常に最新版を使いたいのであれば、サブスクの方を選ぶべきかなと。

ただ私はMacでWindows機をたくさん使う予定はなく、主に使うのは上述したMicrosoft Office Excelのみ。

それ以外も何かしら使うことがあるかな?とは思うのだけれど、今のところはそれだけ。

という事情もあり、サブスクにするのは勿体ないなぁということで少し値は上がったけれど単発購入を選択。

14日間の試用期間で試して、こりゃすごい。と思ったので購入まで至りました。

Parallels Desktopや仮想ソフトを利用しMac上でWindowsを動かすときに気になるポイント

Parallelsデスクトップで起動したWindows
ParallelsデスクトップでWindowsを起動。Windowsへログオンする画面。

超便利ですごく良いじゃん!ということだけではやはりなく、仮想化ソフト全般に言えることでもありますが気になるポイントはありました。

  • 起動時や設定時、Windows側で色々ソフトが走るとMacBookが熱くなりやすい
  • 充電の消費ももちろん早くなる

という、当たり前かもしれないけれど気になるポイントはありました。

私の最低スペックのMacBook12(Mid2017)でもしっかり動いてくれるのがすごいのですが、スペックはやはりWindows側にも持っていかれるため、熱は持ちやすくなります。

MacBookちゃん、頑張ってくれているのです。

ファンがついているMacBook Airなどだったら、ガンガンまわると思います。FAN。

動作が落ち着けばそこまで熱も持たないのだけれど、インストールして設定しているときは特に熱を持っていた印象。

あとはやはり起動時や重い作業になったとき。

仕方ないのだけれども。

そしてそれだけスペックをフル回転させているとバッテリーの減りも早くなるのは至極当然で。

これまた致し方ないことではあるのだけれど、気になるポイントでした。

1番最初にParallels Desktopを起動するまでは、少し時間が必要

Windowsを立ち上げるわけなので、初回起動時はやはり少し時間が必要です。

と言っても、私の最低スペックMacBook(Mid2017)ちゃんでも1分以内で立ち上がります。(その時のその他の状況にもよるけれど)

Parallelsデスクトップで立ち上がるExcelをクリック→Parallels Desktop 15 for Macが起動→しばらくするとWindowsのログイン画面→パスコードを設定しているので入力→しばらくするとExcelが起動

と言った感じ。

Excelが起動したあとに、Windowsのスタートアップ系ソフトなども立ち上がってきました。(SkypeとかOneDriveとか)

Parallelsデスクトップで起動したWindowsのタスクバー
MacのタスクバーにWindowsのタスクバーが追加された状態

また、1度Parallelsデスクトップを起動させれば裏でWindowsが起動しているため、Excelを閉じてまた開こうとしてもWindowsの起動シークエンスはなく、そのままソフトが起動する形になります。

もちろんExcelだけでなく、Windowsで使うソフトすべてに言えること。1個Windowsを起動しておけばあとはサクッと起動です。

まとめ

今回はMacで使えるWindowsとしてParallelsデスクトップを購入したので、私の愛用するMacBook 12(Mid2017)での使用感などをレビューしました。

正直そこまで多様することはないのだけれど、macOS版OfficeはWindows版に慣れているととても使いづらい。

Libre Officeも使ってみたけどやはり使いづらい。

スピードをそこまで求めないのであれば駆使して使えばよいのだろうけれど、Office(Excel)の利用が求められるときというのは私の場合時間も迫られている状況が多くって。

また、会社ではWindowsでExcelを利用することから、慣れはどうしてもそちらに優勢が。その他のソフトに自分を慣れさせるということも難しい。

となると、いつもと同じ使い勝手(Windows版Excel)が欲しくなる。

リモートデスクトップでWindowsPCにつないで利用する、という方法も取れるのだけれど、VPNの調子が悪かったりすると詰みになる。

というリスクを潰していくと、

  • ローカル(オフライン)環境でも動く
  • スピードが求められるため、使い勝手に慣れている
  • サクサク動く

という条件が。

こりゃもう買うしかないよね、ということで購入に至りました。

気になる点は、発熱とバッテリー消耗。

MacBookはノートPCなので、バッテリーのことはやはり気にしなければならない。

iMacやMac miniとかなら何も気にせず使えるのだろうか?とか。

MacBookはバッテリーの持ちも気に入っているところなので、そのバッテリーをガンガン消耗させられると気になってしまう・・・というだけなのだけれど、macOSにWindowsOSを同居させるのだから、そりゃバッテリーも消耗するよね。という感じに納得させています。笑

Mac使いでもWindowsが必要になるときは多々ある。

そういったとき、ParallelsデスクトップがあればmacOSとWindowsOSの同居がうまくできる。

そんなあなたに「Parallels Desktop for Mac」オススメです。

 

▷Parallels Desktop for Macをチェック