Author
R.U.I(ルイ)
ガジェットブロガー
ECサイト運営会社でWEBエンジニア&マーケター・WEBコーダーとして日々従事しており、会社ではWindows、お家ではMacの両刀遣い。iPad Proは毎日持ち歩いています。PCデスク周りを快適にすることやWEBデザインが好き。ガジェットやモノで生活に刺激を与えたいという想いで人におすすめしたいモノの紹介記事を軸にブログ運営をしているガジェットブロガーです。写真撮影が趣味になりました。
ルイログをGoogleニュースで読む
この記事の目次
CATEGORY

2次元のルイ

ブログやるなら SWELL × ConoHa WING がおすすめ!ルイログはこの構成で運営しています

ルイログ愛用ブログテーマSWELL

今選ぶBESTサーバー ConoHa WING

ルイログも愛用中!

YouTubeチャンネル開設しました!
ステマ規制への対応と記事内広告について

本サイト内のコンテンツはルイログが独自に制作しています。 メーカー等から商品提供を受けることもありますが、その場合は記事内にPR表記と提供を受けている旨を明記しています。 また、コンテンツの内容や評価に関する決定にも一切関与されていません。 アフィリエイトプログラムにより記事内で紹介する商品を購入することで当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。 詳しくはサイト運営ポリシーをご覧ください。

【無刻印化】ブラックアウトステッカー レビュー | iPad Pro の Magic Keyboard をおしゃれにする!

iPad Pro の Magic Keyboardを無刻印化。ブラックアウトステッカーPro BOS08-JIS レビュー
R.U.I

ルイログをご覧いただきありがとうございます。外出時は iPad Pro 11 をいつも持ち歩いているR.U.Iルイです。

Magic Keyboard for iPad Pro を使っていて、全然キーボードを見ていないぞ?と気づきまして。

それならファーイーストガジェットさんから発売されている「ブラックアウトステッカー」で Magic Keyboard を 無刻印化し、シンプルでクールな iPad を楽しもうと思い立ちました。

ブラックアウトステッカーは MacBook のキーボードを無刻印化できる製品として以前から知っていたのだけれど、Magic Keyboard for iPad Pro でも使えるバリエーションも販売されていて。 いつか無刻印化したキーボードも使ってみたいと考えていたのでちょうど良いタイミングとなりました。

ブラックアウトステッカーで Magic Keyboard for iPad Pro を無刻印化したときのメリットとデメリットは以下。

ブラックアウトステッカーを導入するメリット
  • 無刻印化によりCOOLで格好良い、おしゃれな Magic Keyboard for iPad Pro になる。
  • キートップのテカりを防止できる。
  • 綺麗に剥がせる再剥離可能なシートを利用しており、剥がしてもノリが残らず綺麗。
  • キーの貼り付けに失敗しても安心なようにスペアステッカーもついている。
ブラックアウトステッカーを導入するデメリット
  • キー配置を覚えていないキーがあるとチートシートを確認する必要がある。
  • ステッカーの貼り付けは自身の手腕にかかっている

こんな感じです。

無刻印化はロマン。

それではもう少し詳しく紹介していきます。

もくじ
この記事の著者
R.U.I

ガジェットブロガー

R.U.I ルイ

詳しいプロフィール

プロフィール

ガジェットやモノで生活に刺激を「ルイログ」。当サイトではAppleデバイスやその周辺機器、使えるソフト・アプリ、さまざまなガジェットや生活家電・モノをレビューしています。他にもWEBをデザインのコピペで簡単に使えるコードを紹介したりも。WEBエンジニアの方やPCが趣味・PCを使って仕事をしている方にとって役立つ情報を発信しています。カメラ・写真が好きなのでレビュー商品も写真を多め撮影し掲載することでより商品の魅力や細かいが伝わるよう心がけています。 プロフィール詳細やレビューガイドライン

ブラックアウトステッカーPro BOS08-JISの外観をチェック

ブラックアウトステッカーPro BOS08-JISのパッケージ

まずパッケージはこんな感じで、USキー配列の印刷されている共通化デザインとなっていました。

ひと目見た瞬間は「あれ?ちゃんとJISキー配列を買ったよな・・・?」となりましたが、パッケージ右下に「商品パッケージを一部共通化しております。各型番の詳細は裏面をご覧ください。」と記載されていたのでそういうことかと認識。

ブラックアウトステッカーPro BOS08-JIS

パッケージ裏面にはしっかり今回購入した「ブラックアウトステッカー Pro [JIS]」と記載がありました。

ブラックアウトステッカーPro BOS08-JIS付属のチートシート

ちなみにパッケージ表紙の裏面は JIS配列と US配列のキーボードがプリントされていました。

真ん中に点線があることから、利用する Magic Keyboard for iPad Pro の配列を切り取っていつでも見れるようにできるよという配慮ですね。

私は普段からブラインドタッチでキー入力しており大丈夫だとは思いましたが、念のため写真に撮っておきました。

ブラックアウトステッカーPro BOS08-JIS付属のチートシート
Magic Keyboard for iPad Pro [JIS] の配列チートシート
2次元のルイ

写真アプリのお気に入りなどに入れておけばいつでもチェックできるし物理的な用紙を持ち歩きたくない方はおすすめ。

ブラックアウトステッカーPro BOS08-JISとiPad Pro の Magic Keyboard

ブラックアウトステッカーPro BOS08-JIS をパッケージから取り出し Magic Keyboard for iPad Pro に立てかけてみました。

いやはや真っ黒。

2次元のルイ

キートップ、結構テカってきていたな・・・。

ステッカーの素材は耐久性や耐水性が高い PVC(ポリ塩化ビニル)

マットな質感で高級感もあります。

ブラックアウトステッカーPro BOS08-JIS を貼り付ける

ブラックアウトステッカーを貼るときはピンセットで

指の油脂で粘着力が弱まったら嫌だなと考え、ブラックアウトステッカーの貼り付けはピンセットを利用しました。

光を当てるとキーの形がよくわかりますね。

iPadPro11に部アックアウトステッカーを貼っているところ

1枚ずつピンセットで剥がし取り、キーへ貼っていきます。

貼り付ける前には Magic Keyboard for iPad Pro も綺麗にしておきましょう。

クリーニングクロスはエレコムのマイクロファイバークロスがおすすめ。

油脂汚れやホコリなんかもサッと綺麗にとれますよ。

iPadPro11に部アックアウトステッカーを貼っているところ
iPadPro11に部アックアウトステッカーを貼っているところ

キーの半分くらいを貼り終えたところ。

(貼り付け前)と右(貼付け後)で格好良さが全然違うことがわかりますね。

無刻印、超クールで格好良い・・・。

ブラックアウトステッカーで無刻印化した Magic Keyboard for iPad Pro

iPadPro11にブラックアウトステッカーを貼った状態

ブラックアウトステッカーPro BOS08-JIS をすべて貼り終わったらこんな感じに。

キーの印字がすべて見えなくなりめちゃくちゃおしゃれに変身しました。

何度見ても格好良いぞ・・・!

左下の Caps lock キーは専用ステッカーとなっており LED 部分に穴があいています。

Fキー・Jキー用ステッカーも真ん中に穴があいているし、5 と 0 のキーも真ん中あきステッカーが配置されていました。

私は 5 と 0 キーの真ん中シールはそのまま、剥がさず貼り付けています。

手で触ったら少し感触があるため 5 や 0 キーがわかりやすくて便利なんだけど、真ん中のポッチステッカーを取ると見栄えが気になっちゃってそのようにしてみました。

iPadPro11にブラックアウトステッカーを貼った状態
2次元のルイ

iPad Pro 11 をセット。

たたずまいが本当に格好良くなりました。

Oh, cool…

iPadPro11にブラックアウトステッカーを貼った状態

刻印というノイズが取り除かれてミニマルな Magic Keyboard for iPad Pro へ。

iPad Pro は平日毎日利用していてキートップのテカりも少し出てきていたし、もっと早く導入すれば良かった。

格好良くなるのとキートップのテカり防止効果があるのも嬉しいポイントですね。

ブラックアウトステッカーは予備も用意されている

ブラックアウトステッカーのスペア

ブラックアウトステッカーPro BOS08-JIS は予備のステッカーも 1列分用意されていました。

  • 写真はスペア 1枚利用済み
ブラックアウトステッカーのスペア
  • 1番多い通常タイプ : 6枚
  • 真ん中に丸い穴ができるタイプ : 2枚
  • 縦長のタイプ : 3枚
  • 矢印キー : 1セット

ブラックアウトステッカーは綺麗に剥がせるが再利用は不可

ブラックアウトステッカーは剥がして再利用できない

綺麗に剥がせる再剥離可能なシートを利用しているため剥がしてもノリが残らず綺麗なのだけれど、ステッカー自体は粘着力がかなり落ちるため再利用はおすすめできません。

また、剥がすときに上記写真のようにグチャッとなりがちなのでそもそも使える状態で剥がすことは難しいかも。

2次元のルイ

キーにしっかり貼り付いていて爪で剥がそうとしたらグチャッとなっちゃった。

その分スペアのステッカーがついているので安心。

と言っても Enter キー や Spaceキー、Caps lock キーなどスペアのないステッカーは貼り付け時他のキーより慎重に貼り付けないといけませんね。

多少ずれて貼り付けてしまってもパッと見は気にならないのだけれど、よく見るとずれていることがわかるので神経質な方は気をつけて貼り付けましょう。

ブラックアウトステッカーPro BOS08-JIS レビューのまとめ

iPad Pro の Magic Keyboardを無刻印化。ブラックアウトステッカーPro BOS08-JIS レビュー

こんな感じで今回は Magic Keyboard for iPad Pro を無刻印化できるファーイーストガジェットさんから発売されているブラックアウトステッカーPro BOS08-JIS をレビューしました。

Magic Keyboard for iPad Pro を使っていること自体 ” 好きモノ ” な気はするけれど、そこからさらにこだわりを追求していくとたどり着く無刻印化。

格好良いデバイスで作業するのはなんとも気分が良いものです。

ブラックアウトステッカーを導入するメリットを再掲
  • 無刻印化によりCOOLで格好良い、おしゃれな Magic Keyboard for iPad Pro になる。
  • キートップのテカりを防止できる。
  • 綺麗に剥がせる再剥離可能なシートを利用しており、剥がしてもノリが残らず綺麗。
  • キーの貼り付けに失敗しても安心なようにスペアステッカーもついている。
ブラックアウトステッカーを導入するデメリットを再掲
  • キー配置を覚えていないキーがあるとチートシートを確認する必要がある。
  • ステッカーの貼り付けは自身の手腕にかかっている

利便性としてはキートップの摩耗・テカりを防止できるということくらいしかない。

しかしそれでも格好良さを求めるならめちゃくちゃおすすめできる iPad Pro 周辺機器・アクセサリーです。

2次元のルイ

MacBook用もあるのでMacBook派の方もぜひチェックしてみて。

ブラインドタッチにまだ自身がない方はステッカーの形がアルファベットのように少し切り抜かれているバージョンもあるのでこちらをどうぞ。

強制的にブラインドタッチの練習にもなるかも!

  • 商品名に Pro とついているのが今回紹介したバージョンで、Proとついていないのがアルファベットの形に切り抜かれたバージョンです。 お間違いなく。
あわせて読みたい
【2024年 iPad 周辺機器】iPad ProやAirとあわせて買いたいおすすめアクセサリーまとめ iPad Pro/Airのおすすめ周辺機器・アクサセリーを紹介。いつもiPad Pro 11を持ち歩きブログ記事の下書き執筆や写真編集など多くの作業を行っている私のおすすめが参考になると嬉しい!
iPad Pro の Magic Keyboardを無刻印化。ブラックアウトステッカーPro BOS08-JIS レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ