rui-log.com
エリクサーベース弦、ニッケル素材の5弦をルイログがレビュー

寿命が長くてコスパ抜群。高評価のエリクサーベース弦を5弦ベーシストがレビュー

ルイログをご覧いただきありがとうございます。 F-Bassを愛でている5弦ベーシストR.U.I(ルイ@rui_bass)です。

他のベース弦に比べて単価が高く手が出しにくかったエリクサーのベース弦。

しかし、実際に使ってみるとめちゃくちゃ良い&寿命がとても長く、結果的にコスパが良くなったので、弦にあまりお金をかけられないという方にこそ紹介したい。

ニッケル素材やステンレス素材、5弦ベース用、35インチスケール用で裏通しベースにも対応できるタイプも有り、プロからアマチュアまでたくさんのベーシストに利用していただけるベース弦です。

エリクサーベース弦、ニッケル素材の5弦をルイログがレビュー

エリクサー ベース弦の特徴

冒頭でも紹介したけれど、エリクサー ベース弦の特徴といえばやはり寿命の長さ。

エリクサーはコーティングを施したコーティング弦で、弦の汚れやサビを防ぐことが可能になっています。

コーティング弦じゃない他の弦と比較すると、3~5倍の寿命があると言われています。

実際に私も1年以上は弦交換せず、最近弦交換したのもなんと1年8か月ぶり。

弾くときが少なかったとはいえ、驚異の寿命ですね。

また、実は他の弦と比較するとテンション感が違い同じゲージで利用すると硬さを感じることがあるかも。

ちょっと硬いなと思ったときは、1つ下のゲージをお試しください。

エリクサー ベース弦の評価

私的には、はなまる!

エリクサーは寿命が長く結果的にコスパが良くなるし、コーティング弦なのでタッチ感もなめらか。

スライドが多い曲でもノンコーティング弦と比較すると指に優しいのでありがたい。

プロのベーシストの方でも多くの方が利用されており、信用のおけるベース弦だなと思います。

IKUOさんやBOHさんが利用してらっしゃいますね。

音の劣化も少ないエリクサーなので、レコーディングでも効果を発揮します。

都度弦を張り替える方もいらっしゃいますが、エリクサー ベース弦なら続けて利用もできそう。

コーティングによってフィンガリングノイズが大きく抑えられるのもポイント。

フィンガリングノイズがあえて欲しいという方でなければ、心強い味方となりますね。

エリクサー ベース弦は種類が豊富

ありがたいことにエリクサー ベース弦は種類が豊富で、いろんなベースに対応ができます。

数年前に新しい種類としてステンレスベース弦も発売され、素材でも選ぶことができるようになりました。

ニッケル素材

ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Nickel Light/Medium #14077

ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Nickel Light/Medium #14077

標準的なエリクサー ベース弦と言えるモデルがニッケル素材のベース弦です。

現行のニッケル素材のエリクサー ベース弦はナノウェーブモデルとなっており、音はブライトなサウンドを奏でます。

サウンドは好みが分かれるところですが、私はブライトな音がベースっぽくて好き。

ステンレス素材

ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Medium Long/Stainless #14677

ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Medium Long/Stainless #14677

ステンレス素材のエリクサー ベース弦は、ニッケル素材と比べると手触りがざらつき、コーティング弦なのに・・・!?と試してみたときに感じました。

私の思うエリクサーの良ポイントとして、コーティング弦による手触りの良さもあげられるので、これは少々痛かった。ついでに指も痛くなりやすかった。笑

サウンド面はステンレス素材だな!と感じるギラギラ系のサウンドでした。

ステンレス素材ということで寿命はニッケル素材よりも長めだったかな。私は2年以上張り替えなかったと思います。

私も利用する5弦ベース用セット

エリクサーベース弦、ニッケル素材の5弦
パッケージ表面
エリクサーベース弦、ニッケル素材の5弦
パッケージ裏面
エリクサーベース弦、ニッケル素材の5弦
パッケージをあけた写真

5弦ベーシストが増えていることから、5弦ベース用のセットも販売されています。

私が購入したのは下記商品ですが、届いたのは新しいパッケージのものでした。販売時期によってパッケージは異なるみたいですね。(商品写真は古い方のパッケージでした。)

ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Light Long Scale #14202

ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Light Long Scale #14202

多弦ベースにはバラ売りを利用するのも有り

少し前まではニッケル素材で5弦セットはなかったので4弦セット+5弦バラ売りを購入していたのですが、セットが出たので1つ購入するだけでよくなりました。

が、セットだとゲージが固定になってしまうので5弦だけゲージを下げようとかができません。

なので、5弦だけバラ売りにするのも有り。

5弦もスラップに利用するなら5弦だけゲージ125にする方がやりやすいかも。

ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Single String .125 バラ弦 ♯15425

ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Single String .125 バラ弦 ♯15425

私は6弦ベースを持っていないので利用したことはありませんが、6弦ベースをお持ちの方は、6弦セットの販売はまだないので、バラ売りで購入しましょう。

ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Single String .032 バラ弦 ♯15332

ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Single String .032 バラ弦 ♯15332

裏通しタイプのベースや35インチベースにはExtra Longの長いタイプも

ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Medium Extra Long #14087

ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Medium Extra Long #14087

通常のロングスケールの弦だと34インチ用となり、裏通しのベースに張ろうとすると長さが足りなくて弦が無駄になってしまったり・・・悲しい記憶が蘇ります。笑

そんなときも、エリクサーならエクストラロングモデルのラインナップがあるので安心。

35インチのベースや裏通しのベースを利用している方はエクストラロングの弦を利用しましょう。

高寿命なのでコスパ抜群のエリクサー ベース弦

ベース弦は高い!ギター弦はなんでそんなに安いの?ずるい!

と思いがちですが、ギター弦はよく切れるし錆びやすいし、買い替えの頻度が多いのです。

ベース弦も手入れを怠るとすぐ錆びますが、それでもエリクサー ベース弦ならコーティングが施されているので長寿命!

寿命が倍になるだけでも、エリクサーの方がコスパがよくなりますよね。

ノンコーティングの弦だとよく持っても3~5か月くらいでしょうか。

それがエリクサーなら12か月はもつイメージです。

もちろんベースを弾く頻度やベースの保管環境にもよって大きく左右されるかと思いますが、あまり弾かない場合でも湿度などでサビは進行します。

そういう場合を考慮しても、エリクサー ベース弦なら私の環境で18か月・・・1年半以上は変えずにいられました。

さすがにそれだけ使うと劣化は否めませんでしたが、それでも1年はパフォーマンスを保っていられるのではないでしょうか。

そう、つまりやはりコスパ抜群なのです!

まとめ:エリクサー ベース弦は単価が高くても高寿命でコスパ◎

多くのプロベーシストにも愛用されていて評価も高い、私もかれこれ何年も利用しているエリクサー ベース弦。

ニッケル素材の方をずっと利用しており、ステンレス素材の方を利用したのは1度(1年以上)だけですが、弦へのこだわりのある方にも1度試してほしいと思えるベース弦です。

サウンド面、演奏面、コスパ、どこをとっても良い弦だなと言えるベース弦なので、まだ試したことのない方は是非1度試してみてください。

音楽機材や小物、消耗品を購入するならサウンドハウスが安くてオススメ

Amazonや楽天でも購入できますが、どうせ買うならサウンドハウスが安くて送料無料でオススメです。

1000円の買い物でも常に送料無料で送ってもらえるのはありがたい。

そして他より少し安く値段設定がしてあり、お買い得。

日用品やガジェットを購入するのはAmazonですが、音楽系の買い物をするならサウンドハウス!

サウンドハウス

街の楽器屋さんより安いときも?音楽機材や消耗品を買うなら