iPadPro11(第3世代)M1/2021をレビュー。ヌルサク最高!

Apple iPadPro11(第3世代)M1をルイログがレビュー iPad

2021年5月発売の「iPad Pro 11(第3世代)M1チップ搭載ver

買っちゃいました。

どうも。Apple製品に囲まれる生活をしている R.U.I(ルイ Twitter icon@rui_bass)です。

前々から平日のお昼休みはマクドナルドやサブウェイで iPad mini 5 を利用しブログ記事のテキスト執筆作業をしていたり、Notion の整理だとか日記を書いたりしていたりするのだけれど、フリーWi-Fiの影響か電波が混線しがちで Bluetoothキーボードに限界を感じていて

もちろんうまく繋がって普通に利用できるときもあるのだけれど、うまくつながらなかったり遅延がすごかったりすることが度々。

そういうときは仕方なくソフトウェアキーボードでぽちぽち。

さすがに限界だー!ということで Bluetooth接続ではなく、物理的にキーボードを接続できる iPad Air や iPad Pro の購入を検討することに。

比較検討した時点で、

  • 長く、割とヘビーに使うであろう
  • MacBook Air M1(2020)で感じるM1チップの素晴らしさを知っている

というところから、どうせなら新しく発売された iPad Pro にしよう!と購入にいたりました。

11インチを選んだのは持ち運びがメインとなるので 12.9インチまで大きなサイズはいらないな、というところから。

購入からしばらく利用しているけれど、めちゃくちゃ良いですね・・・。

まさに ヌルサク

動きが軽快すぎて驚きを隠せない・・!

iPad mini 5 ももちろん良い端末だし動きも良かった。けれど、やはりパフォーマンスに関しては iPad Pro には勝てないなと感じます。当たり前か。

というわけで今回は私が主にカフェで利用するために購入した iPad Pro 11(第3世代)M1 についてレビューします。

スポンサーリンク

iPad Pro 11(第3世代)M1の外観をレビュー

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021のパッケージ

まずはパッケージから。

いつも通り、綺麗に作られたパッケージです。

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021のパッケージ裏面
iPadPro11(第3世代)iPadPro11パッケージ裏面

私が購入したのは iPad Pro 11インチ(第3世代)の Wi-Fi 128GB モデル。

iPad Pro 11インチの中では最低限のスペックになります。

基本ファイルや写真はクラウド利用なので、そこまで多くの容量を欲しくなったことがなかったり。

iPad で動画制作をする方ならもう少し上の容量が欲しくなるだろうけれど、私は128GBで事足ります。

というわけで1番低い容量の 128GBをチョイスしました。

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021を開封

パカっと開封!

うん、きれい。

相変わらず Apple製品のパッケージ梱包には惚れ惚れします。

iPad Pro 11(第3世代)の内容物、付属品

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021を開封、同梱物

内容物は、

  • iPad Pro 11インチ本体
  • 充電器(20Wまで)
  • USB-C to C ケーブル
  • 説明書などの用紙類
  • りんごステッカー2枚

という感じですね。

iPad Pro にはまだ充電器が付属していました。しかし max 20W までのもので少し低め。

よく使うのであれば max 30W はほしいところなので、別途購入することをおすすめします。

こんな感じのとか。

iPhone などでは充電器の付属はなくなりましたよね。

iPad でもそのうちなくなるのかな。

iPad Pro 11(第3世代)は薄くて軽く感じる

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021本体

本体を手に取ってみる。

11インチというサイズがあるのに、意外と軽く感じる

重量は Wi-Fiモデルが 466g

数値より軽く感じるのは薄さのおかげかな。バランス良く作られているんですね。

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021本体側面

横向きから見るとやはり薄い。

この薄さの中に素晴らしいテクノロジーが詰まっていると考えると感慨深いですね。すんごい。

テクノロジーの進化は計り知れないものがあります。

厚みは 5.9mm

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021本体裏面

iPad Pro 11インチ(第3世代)の背面。

カラーはスペースグレイをチョイスしました。

とてもシックで綺麗。

素手で触って皮脂や指紋をつけてしまうのがはばかれて遠慮してしまう綺麗さです。

ケースはあまり付けたくないし、擦り傷防止の目的も合わせてスキンシールでも貼ってみるかな。

iPad Pro 11(第3世代)の充電はUSB Type-C

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021本体裏面
Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021本体底面

iPad Pro 11(第3世代)の底面。

充電端子は USB Type-C (Thunderbolt3 / USB4)。

これが嬉しいんだよね。

Lightningケーブルはそろそろ卒業したいし、Thunderbolt 3 なのでディスプレイ出力も可能。

私の場合は MacBook Air があるので画面出力を利用することはないだろうけど、USB-C ケーブルで充電できるのが嬉しい。

スピーカーは上面と底面に2つずつあります。あわせて横置きにするとステレオスピーカーとして機能します。

iPhoneさん早くUSB-Cになって?

iPad Pro 11(第3世代)のカメラ

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021のカメラ部分

カメラ部分。

レンズが2つあるのは、

  • 広角:12MP、F/1.8
  • 超広角:10MP、F/2.4(125°視野角)

の2種類。

フロントのインカメラは超広角カメラで、ポートレートモードも利用できます。(外カメラはポートレートモードが使えない)

アニ文字ミー文字もOK。

ビデオ通話時は”センターフレーム“という機能でユーザーを常にフレーム内に収めるということが可能になりました。

超広角カメラによる視野角で空間を認識し、ユーザーにクロップしてビデオ通話に使用。

そこからユーザーが動いても常にユーザーを追跡させるというAIが働いてくれるようなイメージですね。

なかなか面白そうなのでぜひ”機能ON”で利用したい。

クロップアップにされるので引きの画角が良い場合は OFF 推奨だけれど、ある程度アップの画角が良いときは利便性がとても良さそう。

ただしこの機能はソフトウェア側の対応が求められるため、各ソフトウェアの対応待ちなところもあります。

FaceTime ならもちろん最初から利用OK。

しかし日本ではあまり FaceTime を利用する人は少なそう。

その点 Zoom はたくさんの方が利用しているので、そちらで説明しましょう。

Zoom はバージョン5.6.6から利用可能で、ソフトウェア側の対応が済んでいるため古いバージョンを利用していなければセンターフレーム機能が利用可能です。

Zoom会議中の左メニューに機能 ON/OFF があるので試してみて。

iPad Pro 11(第3世代)のロックボタンとボリュームボタン

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021の角

本体右上側面はこんな感じ。

上面右側には電源ボタンが、右側面上部にはボリュームボタンがあります。

iPad Pro 11(第3世代)のペンシル付着部分について

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021の側面

右側面、ボリュームボタンの下には Apple Pencil をくっつけるための磁石ポイントが。

Apple Pencil(第2世代)をくっつけるために用意されている磁石ポイントだけれど、サードパーティ製スタイラスペンも磁石でくっつくタイプならもちろんここに設置可能。

充電はさすがに純正の Apple Pencil(第2世代)でないとだけれど、”定位置“としての機能は十分に果たせます。

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021とルイログのPCデスク周り

ちなみに私はサードパーティ製の格安スタイラスペンを利用中。

イラストを描いたりはせず、ポインティングデバイスとしての利用とたまに手書き文字を書くくらいなので、サードパーティ製の格安スタイラスペンで機能十分でした。

私が Apple Pencil 代わりに利用しているスタイラスペンは「JAMJAKE iPad ペンシル」。

iPad mini 5 で利用するために購入していたものだけれど、iPad Pro 11(第3世代)でももちろん使えます。

使い勝手がめちゃくちゃ良いので”Apple Pencil ほどの高機能さはいらないんだけどスタイラスペンは欲しいなぁ“なんて方におすすめ。

Apple PencilみたいなiPad用格安スタイラスペンをレビュー』でレビューしているので、ぜひ参考にしてみてください。

Apple PencilみたいなiPad用格安スタイラスペンをレビュー
ApplePencilほどの性能はなくて良いからもう少し安くならないか、とお悩みの方に朗報。めちゃくちゃ使える格安スタイラスペンを紹介します。

iPad Pro 11(第3世代)の初期セッティング

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021とSmartKeyboardFolio

初期セッティングも iPad の利用が2台目以降ならめちゃくちゃ簡単ですね。

私は常用の iPad mini 5 と交換する形で利用しようと iPad Pro 11(第3世代)を購入したので、iPad mini 5 から引き継ぎという形で初期セッティングを進めました。

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021を初期セッティング

しばらく時間はかかったけれど、難なく引き継ぎが完了。

夕食の間に引き継ぎ放置したり、時間を有効活用できました。

引き継ぎ後は壁紙もアプリも同じように設定され、アプリのダウンロードがまたそこからしばらくかかったけれど、無事完了。

超快適。

iPad Pro 11(第3世代)M1/2021の使い心地について

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021とSmartKeyboardFolio

2021年5月に発売された iPad Pro 11(第3世代)は私の愛用する MacBook Air M1(2020)と同じくM1 チップを搭載。

M1 チップ搭載といえばヌルサクで機敏な動作に加え、バッテリー持ちもめちゃくちゃ良くなっている印象です。

iPad Pro 11(第3世代)はバッテリー持ちも十分

ヌルサクはまさに!で快適な iPad 生活を送っているのだけれど、バッテリー持ちに関しては「まぁこんなものかな」というところに収まった。

と言っても”十分“と言える持ち時間ではあるので、”驚くほどではなかった“というのが正しい。

MacBook Air M1(2020)と比較すると、と公称されている時間は

  • iPad Pro 11(第3世代)は 10時間
  • MacBook Air M1(2020)は15時間

という違いも。

そもそものバッテリーサイズが違うので同じインパクトとまではいきませんでした。

MacBook Air M1(2020)を使い始めたとき、全然バッテリー減らないじゃん!すげえ!となったのはまだ記憶に新しい。

参考:MacBook Air M1(2020)レビュー
MacBook Air M1 レビュー。今までの常識を超えたノートPC!
M1チップ搭載MacBook Air(2020)を購入・・・なんだこのモンスターマシンは!「スリープから画面を開いたら、開いている途中で立ち上がり完了という圧倒的な早さ」「サクサク動くアプリたち」「メモリ8GBモデルでも余裕のメモリ使用率」「外部ディスプレイに画面出力しても熱くならない」「2日使ってもバッテリー残量が70%以上という電池持ち」「打ちやすいシザーキーボード」。驚愕の1台です。

アニメを13話ほど一気見したときは、だいたい40%くらい消費。

13話 × 20分で単純計算すると 260分の動画視聴。つまり4時間20分。

だいたい公称(Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間)通りですね。

動画視聴でこれだけ持てばバッテリーライフはかなり多い方と言って良いでしょう。

ちなみにアプリは Amazonプライムビデオで、「不滅のあなたへ」というアニメがトップにあって面白そうな感じだったので見てみました。

なかなか切ない泣ける系のアニメで良い感じだったので興味ある方は見てみて。

iPad Pro 11(第3世代)のルイログ的利用方法

Apple iPadPro11(第3世代)M1 2021とルイログのPCデスク周り

冒頭でも軽く触れたけれど、私は iPad Pro 11(第3世代)を持ち運び用デバイス、カフェなどでブログ執筆作業をしたりするために購入しました。

主な利用方法としては、

  • ブログ記事執筆(Notion)
  • 日記(Notion)
  • Adobe Lightroom へ写真を取り込み調整
  • WordPressの微調整
  • メールの返信
  • Kindleなどで読み物
  • YouTubeなどで動画視聴
  • PDFへスタイラスペンでの書き込み
  • Twitter、Slack、LINE返信
  • コーディングの調整
  • ゲーム

などなど。

結構色々な用途で利用していますね。

新しいガジェットを楽しむという理由で、MacBook Air を使わず iPad Pro 11 だけでその日の作業を終えることも。

といっても PC とタブレットの絶対的な違いがあるのと、私は MacBook Air と言ってもクラムシェルモードでデスクトップ化しているため使い勝手にはかなりの差があります。

それでもある程度の作業が iPad Pro 11 で完了できるようになったのは大きいですね。

タブレットと言っても、iPad OS のおかげもあってかなかなか侮れません。

iPad Pro 11(第3世代)のルイログ的バッテリー充電ルーティーン

私の場合は平日お昼休みに1時間弱利用し、帰ってお家で 2〜4時間くらいの利用でだいたい20〜40%くらいのバッテリー消費。

毎日平均 30% くらいのバッテリーを消費、充電している感じです。

充電はシャワー中に行います。

だいたい 40分くらいだと思うけれど、余裕の 100% 充電。

利用している USB-C 充電器や USB-C ケーブルはどちらも純正ではなく Anker 製品。

充電器が「Anker PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ」。(USB-C PDは最大30W)

Anker製充電器 PowerPort I PDはパワフルな据え置き充電器だった!
パワフルな据え置き充電器と言えばこれ。超強力な両面テープも付属していて場所も圧迫せず設置可能!

USB-Cケーブルが「Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & USB-C」。

AnkerPowerLineⅢ Flow レビュー。USB-Cタイプの絡まないケーブル!
Ankerの絡まないケーブルUSB-C to Cを購入!待望のUSB-C to Cですね。絡まらないケーブルのすごさに衝撃を受けました。ケーブルはもう全部これで良い感あります。

どちらも素晴らしい製品で、PD充電対応のため充電速度が早い。

サクッと充電が完了するのは嬉しいですね。

iPad Pro 11(第3世代)M1 2021 のレビューについてまとめ

Apple iPadPro11(第3世代)M1をルイログがレビュー

こんな感じで普段利用の iPad を iPad mini 5 から iPad Pro 11 にアップデートしたのでレビューしてみました。

iPad mini 5 自体はめちゃくちゃ良いデバイスで、読み物をするにもネットサーフィンをするにもゲームをするにも最適なサイズ感と重量でした。

しかしカフェなどでフリーWi-Fiを利用し、Bluetooth キーボードを接続してテキスト執筆作業をするにはあまり向いていませんでした。

何が悪いって Bluetoothキーボードが混線してうまく繋がらない日が度々あったということ。

それがなければ物理的にキーボードが繋がる iPad Pro や iPad Air を検討することもなかったと思う。

日常利用でストレスを感じるのは良くないなと思い投資の意味も込めて購入したけれど、これがまさに正解だと感じる。

あと物理ホームボタンがいらなかったとか FaceID が良かったとかもあり、今新しく買うなら Air Pro だなと。

最初は iPad Pro 11 × Magic Keyboard にしようかと思ったのだけれど、”Magic Keyboard はめちゃくちゃ重い“というレビューと実際の重量を見て Smart keyboard Folio をチョイス。

キーの打鍵感なども考慮し Magic Keyboard にしようかと思っていたのだけれど、 Smart keyboard Folio もなんだかんんだ打ち心地は悪くなく、良い感じだったりします。つまり選択は間違っていなかったと。

  • iPad Pro 11インチ用 Magic Keyboard の重量:600g
  • iPad Pro 11インチ用 Smart Keyboard Folio の重量:295g

ほどの重量差があります。

  • iPad Pro 11(第3世代)Wi-Fiモデルの重量:466g

つまり、Magic Keyboard だと合計 1066g で、Smart Keyboard Folio だと合計 761g

300gの差だけれど、1kgを超えるのか超えないのかの差は大きいですね。

毎日持ち歩くガジェット(デバイス)と考えると少しでも軽い方が嬉しいもの。

ということで私は Smart Keyboard Folio を一緒に購入しました。

Bluetooth キーボードと比較すると使い勝手は雲泥の差だし、バッテリー残量を気にする必要もなく、電場干渉を心配する必要もない。

最高じゃんってね。

これから iPad Pro 11(第3世代)と一緒にコンテンツ作りを楽しもうと思います。

M1 チップ搭載の iPad Pro 11(第3世代)、めちゃくちゃ良いデバイスなので購入を検討している方は迷わず購入ポチっちゃいましょう!

iPad Pro 11(第3世代)で利用している周辺機器

どれもとても良いガジェットたちで気に入り愛用しています。

ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました