iPadPro11(第3世代)にスキンシールを貼り付け。タブレット利用時の擦り傷や指紋対策!

iPadPro11用wraplusスキンシールをルイログがレビュー iPad
  • iPad は裸で使う派?
  • Smart Keyboard Folio や Magic Keyboard でも利用できるケース派?
  • それとも背面シールなどのスキンシールを貼って簡易保護+個性をだす?
R.U.I
R.U.I

ルイログをご覧いただきありがとうございます。iPad Pro 11(第3世代)を購入してから毎日愛用している R.U.I( Twitter iconルイ@rui_bass)です。

私は iPad Pro 11(第3世代)を愛用しているのだけれど、スキンシールを導入してみました。

iPad Pro 11(第3世代)自体は、

  • ブログ記事執筆
  • Notionでつける日記
  • 動画閲覧や小説・漫画などのエンタメ閲覧
  • Lightroom for iPad で写真の現像

などに利用しています。

ブログ記事執筆やNotionでの日記、写真の現像などは Smart Keyboard Folio を装着した状態で良い感じに利用できるのだけれど、小説や漫画を読むときは縦画面で見たいと感じる場面も多くて、Smart Keyboard Folio を裏へ畳んで利用することに。

しかし、Smart Keyboard Folio を裏面に畳むとキーボード部分を手でずっと支えることになり、かつ”タブレット“として持つとすこーし分厚く感じたり。

かといって iPad 本体を Smart Keyboard Folio から取り外し、裸のまま持つとボディへの指紋付着やデスクに置いた時、持ち上げる時、移動させる時などの擦り傷が気になったりして。

裸運用が1番気持ち良くはあるのだけれど、傷がついちゃうと嫌なので保険がほしい

という悩みを解決するため購入したのが iPad Pro 11(第3世代)に使える”スキンシール

スキンシールとは名前通りの商品で、 iPad に直接貼り付けるシールのこと。

iPad をドレスアップできる商品でもあります。

今回私は色々調査した結果、”wraplus”から発売されているスキンシールの”ネイビーブラッシュメタル”を購入。

背面保護だけでなく、側面も保護できるようになっている、厚み 0.2mm のスキンシールです。

wraplus からはたくさんの種類のスキンシールが発売されており結構悩んだのだけれど、シンプルでシックな見た目のスキンシールにしました。

ということで、今回は iPad Pro 11(第3世代)の保護と防指紋目的で購入した「wraplus スキンシール[ネイビーブラッシュメタル]」についてレビューします。

スポンサーリンク

iPadPro11対応スキンシール:wraplus[ネイビーブラッシュメタル]の外観をレビュー

iPadPro11用wraplusスキンシール

まずパッケージはこんな感じ。

たくさんのデザインが格子状に並べられた面白いデザインです。

iPadPro11用wraplusスキンシール(ネイビーブラッシュメタル)

その 1箇所にフォーカスしてみると、スキンシール本体のデザインをチラ見せ。

パッケージ上から実際のデザインが確認できます。

iPadPro11用wraplusスキンシールパッケージ裏面

パッケージ裏面はこんな感じ。

「あなたに plus , wraplus」

家でも外でも旅先でも、日常に彩りと安心をプラスしてくれるようです。

ありがたやありがたや。

パッケージ裏面にはスキンシールの貼り方や、当製品はどのバージョンの iPad に対応しているよ、ということがひと目でわかります。

また、スキンシールの貼り付け動画が見られるQRコードも有り。

私も漏れなくQRコードを読み取り、貼り付け方法動画を確認してからチャレンジしました。

iPadPro11用wraplusスキンシール

パッケージを開封するとこんな感じ。

シールなのでペラっとしています。

iPadPro11用wraplusスキンシール

スキンシール本体の裏にクリーニングキットが隠れていました。

内容物は

  • スキンシール本体
  • クリーニングキット

の2点。

シンプル構成です。

iPadPro11用wraplusスキンシールは3M製

ちなみにシール自体はは有名な ” 3M ” 製でした。

安心のクォリティ。

iPadPro11用wraplusスキンシールでドレスアップ

iPad Pro 11(第3世代)とスキンシール。

この iPad にスキンシールを貼り付けていきます。

貼り付ける際は、QRコードを読み取った先で見られる貼り付け方法動画を見てしっかり予習してから貼り付けましょう。

結構難しいです。

iPadPro11(第3世代)にスキンシールを貼り付け

wraplusスキンシールでiPadPro11をドレスアップ

貼り付けた結果がこんな感じ。

めちゃくちゃ格好良くない?

購入したのは”ネイビーブラッシュメタル”なのでネイビーカラーなのですが、かなりシックで格好良い色味です。

背面、側面、カメラ部分と貼る場所が違うので、区分ごとに紹介していこう。

貼る順番は、側面(下側→向かって左側面→上側→向かって右側面)、背面カメラ部分、背面、の順。

しかしこの側面、配置が難しく私は色々とうまくいきませんでした。

側面シール部分※失敗例をフォーカス

wraplusスキンシールをiPadPro11に貼り付け(詳細)

下面はとくに問題なく貼れたかな、と思う。

こう見てもなかなか均等に貼れたのではないでしょうか。

wraplusスキンシールをiPadPro11に貼り付け(詳細)

次こちら。向かって左側面の下側。

上下左右と 4つにわかれた側面シールなのだけれど、向かって左側面は下面シールに少し被ってしまいました

Oh my god …

シールの柄模様も柄合わせされておらず、縦線と横線でよーーーく見たらちょっとばかし気になります。

wraplusスキンシールをiPadPro11に貼り付け(詳細)

向かって左側面の上側と上面。

こちらは逆にほんの少し隙間があいてしまいました

下側で重なった分、上側で隙間があいちゃったんですね。

ぐぬぬ・・・。

wraplusスキンシールをiPadPro11に貼り付け(詳細)

上側。

こう見ると上側は問題なく貼れているように見えるので、やはり側面 1 の位置どりがうまくいっていなかったよう。

wraplusスキンシールをiPadPro11に貼り付け(詳細)

向かって右側面の上側。

ここもほんの少しだけ上側とかぶってしまいました

ほんの少しだけ。

wraplusスキンシールをiPadPro11に貼り付け(詳細)

向かって右側面の下側。

上側でほんの少し被ってしまったので、下側はほんの少し隙間が。

側面シールは4つ合わせてぴったりサイズとなるので、貼る位置がかなりシビアになっています。

背面カメラ部分

wraplusスキンシールをiPadPro11に貼り付け(詳細)

カメラ部分はこんな感じに。

ここはレンズやセンサーが多くシビアな調整が必要だけれど、側面のように複数枚ではなく 1枚を微調整するだけなので時間をかけて貼り付けました。

うまく貼れたはず・・!

背面シール部分

wraplusスキンシールをiPadPro11に貼り付け

1番大きな背面部分。

カメラ部分のところで場所を合わせて貼り付けます。

りんご部分に合わせると失敗するよ、と説明にもありました。

wraplusスキンシールをiPadPro11に貼り付け(詳細)

Smart Keyboard Folio などと接続する部分のくりぬきが微妙にずれてしまったのだけれど、正常に利用できてるのでヨシ。

wraplusスキンシールをiPadPro11に貼り付け(詳細)

りんご部分を見ると割とうまく貼り付けられたのかなと思います。

側面以外は・・・・!

ちなみにりんご部分はシールがくり抜かれているので、触ると指紋がついちゃいます。

触っちゃったら綺麗に拭きましょう。

スキンシールを貼り付けた状態でSmart Keyboard Folioに接続してみる

wraplusスキンシールを貼り付けたiPadPro11、SmartKeyboardFolioもちゃんと使える

「Smart Keyboard Folio に接続してもちゃんと使える◎ :D」

厚さ 0.2mm の極薄スキンシールというだけあって、公称通りとくに支障なく Smart Keyboard Folio に接続することができました。

wraplusスキンシールを貼り付けたiPadPro11、SmartKeyboardFolioもちゃんと使える

接続部を横から見るとこんな感じ。

隙間もとくに発生せず、ピタッとくっついています。

wraplusスキンシールを貼り付けたiPadPro11、SmartKeyboardFolioもちゃんと使える

唯一、”取り外すときのかたさ“はほんの少し緩くなったかも?

「かも?」なので、気のせいかもしれない。

けれど、「かも?」と思うということはほんの少し緩くなっていそう。

と言っても利用に支障がでることはとくにないので気にしていません。

逆にタブレットモードで利用するときにほんの少し取り外しやすくなったかな?という所感ですね。

Smart Keyboard Folio はスキンシールなしのときと変わらず利用できます

Magic Keyboard も接続部は同じ仕様だろうし、同様に使えるでしょう。

ルイログの失敗経験から考える貼る時のコツ

wraplusスキンシールを貼り付けたiPadPro11とルイログデスク

私は側面シールの貼り付けだけ失敗し、横からよーーく見ると少しばかり不恰好な感じに仕上がってしまいました。

この経験を活かし、側面スキンシールを貼るときのコツを紹介します。

側面シールは「下側→向かって左側側面→上側→向かって右側側面」の順で貼っていきます。

  1. 下側:スピーカー穴と充電穴に合わせて貼り付け
  2. 向かって左側側面:ボリュームボタンではなく、貼り付けた下側シールにピタッと隙間なく貼り付け、ボリュームボタンが穴に収まるよう上下を調整し貼り付け
  3. 上側貼り付けた向かって左側側面にピタッと貼り付け、スピーカー穴などの上下を調整しながら貼り付け
  4. 向かって右側側面貼り付けた上側シールにピタッと隙間なく貼り付け、下側シールと並行になるよう貼り付け

こんな感じですね。

私はどの面もボタンやスピーカー穴などを目印に貼り付けていったため、ズレが生じてしまったようで。

最初の下側シールはもちろんそれで良いのだけれど、そこから次は下側シールにぴったりくっつくように貼り付けていかないと隙間ができたり被さっちゃったりしますね。

ただ、下側シールの位置がズレているとそれもまた失敗してしまうので、下側シールをばっちり貼り付けられることが前提になっちゃいそう。

wraplusスキンシールを貼り付けたiPadPro11とルイログデスク

スキンシール、メインである背面シールはそこまで難易度高く感じなかったけれど、側面シールはなかなか難易度高く感じました。

スキンシール自体はとても良いモノなので、 iPad の見た目を一新したい方、裸で利用したいけれど指紋や擦り傷が気になる・・・という私と同じ悩みを抱えた方はぜひチャレンジしてみてほしい。

ちなみに iPad 用だけでなく、MacBook 用や iPhone 用まであるので、手持ちの端末を同じスキンシールで統一する、なんていうおしゃれも可能です。

R.U.I
R.U.I

MacBook は裸利用しているのでちょっと欲しいな。

iPadPro11対応スキンシール:wraplus[ネイビーブラッシュメタル]のレビューについてまとめ

iPadPro11用wraplusスキンシールをルイログがレビュー

こんな感じで今回は 2021年5月発売のルイログ愛用 iPad Pro 11(第3世代)をタブレットモードでも指紋や擦り傷から保護するため、スキンシールを購入したのでレビューをしました。

種類はたくさんあったけれど、ざっくり見た感じ wraplus 製品の独断場という感じに思った。

けれど、確かに良い製品でくりぬきも綺麗にされているので間違いないと思う。

カラバリも豊富で選ぶ楽しみにも◎。

wraplus スキンシールのここが良い
  • 背面だけでなく側面やカメラ部分も保護できる
  • カラバリ、デザインが豊富で可愛いや格好いいが揃っている
  • MacBookなど他デバイス用スキンシールもあり、統一感が出せる
  • 貼り付け手順や注意点の動画もありわかりやすい
wraplus スキンシールのここがちょっと気になる
  • 貼り付け結果がプレイヤースキル(手の器用さ)に左右される

気になるポイントはスキンシールの特性上致し方ないところではあるけれど、ここがクリアされたらもっと嬉しいなということで。

スキンシール利用をおすすめする人
  • ケースまではいらないけど裸だと指紋や擦り傷がつくので保護したい
  • 見た目を変えて気分を一新したい

私は側面シールの貼り付けがうまくできなかったけれど、私の失敗経験を活かして当記事を見てくれたあなたには綺麗に貼り付けてほしい・・!

そして失敗はしたものの、今のところクローズアップして見ない限り気にならないので、8割くらいの満足はしています。

もともとの目的は確実に果たせているのと、パッと見格好良いしね。これ結構重要。

スキンシール、必要と感じるかは人それぞれだけれど、私は気に入りました!

ルイログ愛用のiPad Pro 11(第3世代)

タイトルとURLをコピーしました