MIWAXデスクマットをレビュー。デスクが引き締まる合皮製で物撮り背景にも使える!

MIWAXデスクマットをルイログがレビュー PCデスク周り

デスク、してますか?

R.U.I
R.U.I

ガジェットブログ”ルイログ”をご覧いただきありがとうございます。PCデスク周りを快適でおしゃれにするのが大好きなR.U.I( Twitter iconルイ@rui_bass)です。

いきなり変な挨拶ではじめてみましたが、もう一度。

デスク、してますか?

※PCデスク周りを快適に構築する工程も楽しみつつ、良きデスクライフを満喫していますか?の意味

今回紹介するのは「なくても良いけどあると何かと便利だったりおしゃれ」になるデスクマット。

多くのデスクマットは1,000円前後で販売されていたりするけれど、私が購入したのは2,000円強で販売されている MIWAX デスクマット。

FLEXISPOTスタンディングデスクE7で作る快適PCデスク環境
ルイログのPCデスク周り2021年12月
MIWAX デスクマットの良いところ
  • 届いた時から巻き癖がとても少なく気にならないレベルで利用開始できる(さらに四隅へ貼り付けるずれ防止シート付き)
  • 合成皮革で撥水性もあり水分をこぼしてしまっても安心
  • ゴミや誇りが付着しづらく、付着してもすぐにとれるため綺麗を保ちやすい
  • 見た目はしっかり革っぽい品質で格好良い
  • 「MIWAX」のロゴも型押しで邪魔にならないどころかおしゃれ
  • 革の質感がおしゃれなので物撮り背景にも利用できる
  • カラバリ展開が豊富(12色)でいろんなデスクにマッチする
  • これだけ良いのに2,000円強で購入できる
MIWAX デスクマットの気になるところ
  • 傷がついたり型がついたりするととれない(本革と一緒)
  • ずれ防止シートで固定することで利用時はずれなくて良いけれど、逆に位置を変更したいときはちょっと手間取る

こんなところですね。

気になるところもあげたけれど、全体的に良いデスクマットでとても気に入っています!

スポンサーリンク

MIWAX デスクマットの特徴

今回紹介するデスクマットは、昭和21年(1946年)創業の株式会社ミワックスという老舗が製造販売。日本のメーカーさんです。

製品仕様をチェック

ミワックス(MIWAX)
デスクマット
サイズ , 重さ600×300mm , 130g
厚み0.9mm
付属品滑り止め透明シール×4枚
素材高級PVCレザー
その他ハサミやカッターでカットできDIY素材とても利用可能

最初から巻き癖がほとんどなく、付属の滑り止め透明シールが優秀でズレにくいのが特徴ですね。

豊富なカラバリで12色から選べる

MIWAXデスクマットのカラバリ
MIWAX公式サイトより引用

多くの色から選択することができ、自分のデスクに合わせることもデスクマットで個性を出すことも可能。

と言いつつ私は 1番ベーシックな 01 Black を購入しました。

12 Seagull black も人気の色で気になっていたり。

デスク上のコントラスト感を抑えたいのであれば Black より Seagull black が良さそうですね。

R.U.I
R.U.I

コントラスト高めの白×黒のデスクを作っていたので Black をチョイスしたのだけれど、今利用中のメープル(木製)天板デスクだと Seagull Black をチョイスしたいと思ってきた。

公式サイトでサイズオーダーが可能

MIWAXデスクマットのオーダーメイドシステム
MIWAX公式サイトより引用

MIWAX公式サイトではデスクマットのサイズや形などをオーダーメイドで注文することができます。

Amazonで販売されているものを含め、製品化しているのは 600×300mm サイズなのでより大きいものや、デスクの形に合わせたいなんていう希望も相談できます。

ミリ刻みでサイズオーダーが可能なのは嬉しい。

▷MIWAX オーダーメイドシステム

MIWAXデスクマットの梱包状態や外観をレビュー

MIWAXデスクマットのパッケージ

まず届いた時の状態はこんな感じ。

なんだかちょっとおしゃれな雰囲気のする丸い筒に入っています。

サイズも記載があり、 620 × 300 (mm)のデスクマット。

MIWAXデスクマットのパッケージ蓋
筒を開封するキャップ部分
MIWAXデスクマットのパッケージを開封

筒からデスクマット本体を取り出してみます。

丸まっている。

けれど、持った瞬間柔らかくて期待度が高まります。

MIWAXデスクマットのロゴ

最初に広げたときがこのくらいの丸み。

巻き癖は本当に少しだけ。

MIWAXデスクマットの裏面
MIWAXデスクマットの裏面

MIWAXデスクマットはずれ防止シート付きで位置を固定できる

MIWAXデスクマット付属のずれ防止シート
  • デスクマットのずれを防止するシート
  • 自己粘着なので貼り付け先に糊がついちゃうということがない
  • 糊の表面が汚れて粘着力が低下した場合、水洗いすれば繰り返し利用可能

というようなずれ防止シート。

MIWAXデスクマット付属のずれ防止シート

袋から取り出すとこんな感じになっていて、四隅に貼り付けられるよう分割されています。

MIWAXデスクマット付属のずれ防止シートを貼り付けた状態

実際にデスクマット裏へ貼ってみるとこんな感じ。

デスクマットに貼り付けて、デスクの良い位置に配置しよう。

何度でも調整可能なので微調整しつつ。

MIWAXのロゴは型押しで控えめなのでおしゃれ

MIWAXデスクマット

デスクマット右手前には「MIWAX MADE IN JAPAN」という型押しのロゴがあります。

何か 1つでもあるのは嫌なんだ!という方には合わないけれど、ちょっとくらいあっても良いという方であれば全然気にならないレベルのロゴサイズです。

サイズは実測で 横 1.8cm × 縦 0.8cm というところ。

HHKB Professional HYBRID Type-S(墨)を置いたルイログデスク
ルイログのPCデスク周り2021年11月

MIWAXデスクマットをルイログデスクに配置してみた

実際に『デスクツアー2021年6月「黒×白のシンプルデスク」』で紹介した私のデスクに配置してみたらこんな感じに。

このときは白いですくだったのでより黒が強調されてコントラストがでていましたね。

HHKB Professional HYBRID Type-S(墨)を置いたルイログデスク
ルイログのPCデスク周り2021年11月

そして『HHKB Professional HYBRID Type-S(墨)レビュー』で紹介しているキーボードや『MX ERGO レビュー』で紹介しているトラックボールマウスも黒いデバイスなのでシックな黒いデスクマットが合っているかな!と感じる。

記事執筆時点ではデスクを『スタンディングデスク FLEXISPOT E7 レビュー』で紹介したスタンディングデスクにしているためちょっと雰囲気が変わりました。

FLEXISPOTスタンディングデスクE7で作る快適PCデスク環境
ルイログのPCデスク周り2021年12月

真っ白なデスクではなく木のメープル天板でもナイスマッチング。

MIWAXデスクマットは物撮り背景にも使える

アイケア家電3DアイマジックS(ドクターエア)本体
アイケア家電3DアイマジックS(ドクターエア)

色みや革の模様が素敵なのでブロガーには嬉しい、物撮り背景としても使えます。

上記写真は後ろにデスク奥もあるけれど、こうやってコントラストを出すもよし。

ElevocClearノイキャンイヤホンのケース本体
Elevoc Clearノイキャン完全独立型イヤホン
ElevocClearノイキャンイヤホン専用本革ケース
Elevoc Clearノイキャン完全独立型イヤホンと専用革ケース

620 × 300 mm とある程度のサイズがるので、こんな感じで完全に背景を MIWAX デスクマットで埋め尽くすも良し。

小さい小物であれば、引きで撮らない限り背景としてしっかりと利用できます。

デスクを引き締めるだけでなく、別の用途にも利用できるのは嬉しい。

MIWAXデスクマットのレビューについてまとめ

MIWAXデスクマットをルイログがレビュー

こんな感じで今回はデスクの見た目をグッと引き締められる MIWAX デスクマット のブラックをレビューをしました。

「別になくても大丈夫だけれど、あると何だかおしゃれだし物撮り背景としての利用用途もある」

ということで導入してみました。

さらにもう 1つ言うと、デスク天板が冷たい場合はデスクマットがほんの少し和らげてくれます。

私の場合は木のメープル天板で冬場は割と冷たくなるため、それが和らぐというのも嬉しいポイント。

私はベーシックで無難なブラックをチョイスしたけれど、記事執筆時点で 12色もの豊富なカラバリ展開なので、デスクに独自の色を入れたいという方にも使えます。

デスクマットの導入を検討している方は MIWAX のデスクマットもぜひチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました