600mlダブルウォールグラスをレビュー。大容量なガラスコップでデスクも映える!

600mlの大容量ダブルウォールグラス(morningplace)をルイログがレビュー 生活雑貨

生物である限り水分摂取は必須。

しかしデスクで作業をしていると、

  • 水(お茶)がなくなったけど入れに行くの面倒だし後にしよう・・・。
  • 今は集中モード!コップの水(お茶)を飲み干してしまったけれどキリの良いところで入れにいこう。

と、何かにつけて水分補給を怠りがちに。

これを解決するには大きなコップにするしかない!と考え、最大 600ml入るダブルウォールグラスを購入しました

耐熱ガラスの二重構造なので熱いのも冷たいのもOKで結露もしづらい。

見た目も良しで買って良かった!

今回はそんな600mlサイズのダブルウォールグラスを、注意点も含めてレビューします。

スポンサーリンク

大きなダブルウォールグラス(600ml)の外観をレビュー

600mlダブルウォールグラスの梱包状態

まず梱包状態はこんな感じ。

食器はだいたいこんな感じですね。

600mlダブルウォールグラスの梱包状態

パカっと開封。

ダブルウォールグラスはプチプチで包まれています。

600mlダブルウォールグラス

プチプチを外して上から。

コップの口も大きくて洗いやすそうですね。

実際手がまるっと入れられるので底まで洗いやすいです。

600mlダブルウォールグラスのサイズ感、AirPodsProと比較

側面から全体を見るとこんな感じ。

サイズ比較としてAirPodsProを横に置いてみました。

だいたい3倍くらいのサイズ比ですね。

AirPodsPro が横幅(長辺)7cmくらいです。

仕様としては、

  • 材質:耐熱ガラス(-20℃~150℃まで対応)
  • 高さ:約20cm
  • 幅:約8.5cm
  • 重量:188g
  • 内容量:最大600ml
  • 2重構造で飲み物がぬるくなりづらい

という感じ。

かなり大きいことがわかりますでしょうか。

なんせ最大 600mlも入るので、よくあるコップの 2〜3倍サイズ

大きくて滑り落とさないようにだけ注意しないといけないですね。

手が小さい方で心配なら両手で持つと安心です。

600mlダブルウォールグラスのサイズ感、10円玉と比較

10円玉と比較したら何枚分だよとなりました。笑

コーヒーの木よりも背が高い&宙に浮かせているディスプレイよりも背が高いですね。

ダブルウォールグラスの特徴

600mlダブルウォールグラスとルイログのデスク

ダブルウォールグラスは、断熱ガラスの二重構造で電子レンジの加熱や食洗機の使用もOK。

熱い飲み物は表面に熱が伝わりにくいので素手で持つことができます。

そして氷を入れた冷たい飲み物も結露しづらく、氷が溶けにくい&コースターいらず。

ガラス製なので落としたら割れちゃうとかはあるけれど、透明の二重構造は注いだ飲み物が宙に浮いているように見えるのが特徴。おしゃれデスクをさらにおしゃれに飾ってくれること間違いなし。

600mlダブルウォールグラスとルイログのデスク

良い感じに私のデスクにも馴染んでいるかな?

ダブルウォールグラスの命綱はグラス底面にあり

600mlダブルウォールグラスの底面
ダブルウォールグラスの底面シリコン

ダブルウォールグラスは、グラス底面にシリコンがあり、そこからは水などを通さず空気のみ通す仕様となっています。

つまり、このシリコンが劣化すると破損の原因に。ダブルウォールグラスとしてのが終わります。

底面のシリコンはダブルウォールグラスの命。

長時間水につけ置きなどは避けたほうが良さそうです。

ガラスなので割れないように、というのはもちろんのこと、底面への気配りも必要ということを覚えておきましょう。

ダブルウォールグラス600mlギャラリー

600mlダブルウォールグラスとルイログのデスク
600mlダブルウォールグラスにコーヒーを淹れる

こんな感じに電気ケトルから直接お湯を注ぎコーヒーを淹れることもできます。

耐熱グラスの嬉しい仕様ですね。

600mlダブルウォールグラスにコーヒーを淹れる
600mlダブルウォールグラスにコーヒーを淹れる
600mlダブルウォールグラスにコーヒーを淹れる
600mlダブルウォールグラスとチョコクッキー
600mlダブルウォールグラスとルイログのデスク
600mlダブルウォールグラスにハイボール

こちらはハイボール。

ソーダストリームで作った500ml炭酸をすべて入れられる 600ml入るダブルウォールグラス。

これでお酒を飲むときは飲みすぎ注意です。笑

600ml入るダブルウォールグラスについてまとめ

600mlの大容量ダブルウォールグラス(morningplace)をルイログがレビュー

こんな感じで今回は水分補給の要となる最大 600mlも入るダブルウォールグラスをレビューしました。

Amazonレビューは結構荒れているように感じたけれど、ようはシャンパングラスなどのようにめちゃくちゃ丁寧に扱えば良いんでしょ?

R.U.I
R.U.I

丁寧な扱いは得意。私は使いこなす自身がある!

ということで、購入しました。

確かに洗うときは洗剤で滑るのでめちゃくちゃ注意しながら洗うのだけれど、少し落としたくらいでは割れませんでした。洗剤で洗っているとやはり滑るので低い位置で洗いましょう。

シャンパングラスなどよりは断然ガラスに厚みがあるし、丁寧に扱っていれば普通に使えるんじゃない?というのが私の感想です。

そんなことより 600ml入るおかげですぐに飲み干してしまう水やコーヒーがすぐになくならないというのがとても嬉しい。

ダブルウォールグラス(600ml)のここが良い
  • 透明ガラスなのに冷たい飲み物も熱い飲み物も対応
  • 飲み物がぬるくなりにくい二重構造
  • 氷も溶けにくく、グラス表面に結露もかきづらい
  • 熱い飲み物をいれても表面に熱が伝わりにくいのでアチチとならない
  • 透明ガラスなので飲み物の色が見えておしゃれ
  • 耐熱ガラスなので電子レンジや食洗機の使用も可能
  • 600mlサイズのダブルウォールグラスは飲み物を注ぐ回数を大きく減らせて効率的

ダブルウォールグラス(600ml)のここが残念
  • 大きすぎてグラスを持つとき片手では心配な場面がある
  • 洗うとき洗剤で滑りやすくかなり注意しながら洗う必要がある

ざっくりこんな感じですね。

取り扱いさえ注意すればOK。

これでお家時間に水分不足で悩むことはなくなりそうです。やったね!

600ml入るダブルウォールグラスはかなり特殊ではあるけれど、ダブルウォールグラス自体はおしゃれで耐熱ということもありかなりおすすめできるコップです。

おしゃれデスクを作る上でかなり協力な仲間になってくれると思うので、ぜひチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました