Author
R.U.I(ルイ)
ガジェットブロガー
ECサイト運営会社でWEBエンジニア&マーケターとして日々従事しており、会社ではWindows、お家ではmacの両刀遣い。SEOやWEBデザインが好き。ガジェットやモノで生活に刺激を与えたいという想いで人におすすめしたいモノの紹介記事を軸にブログ運営をしています。趣味でベースも嗜んでおり、F-Bassというハイエンドベースを愛用しています。
この記事のもくじ
CATEGORY
ルイログ愛用テーマSWELL
今選ぶ最適なサーバーはConoHa WING

トラックボールのボールのみを交換!34mmボールで色展開も充実。動きが悪いのも解消

ペリックスのトラックボール交換用ボールをルイログがレビュー

トラックボール、使ってますか?

R.U.I

ガジェットブログ”ルイログ”をご覧いただきありがとうございます。2011年からトラックボールを愛用しているトラックボウラーの R.U.Iルイです。

はじめてのトラックボールは Logicool から2010年に発売された親指型トラックボール M570。

それまでは私ももれなくマウスを利用してPCを動かしていたのだけれど、肩こりや腱鞘炎予防にキク!という話を当時遊んでいたMMOゲーム友達に教えてもらい、肩こり症だったこともあり試してみるかーで購入。

最初はとっつきにくい感はあれど、数時間〜数日以内にはかなり使いこなせるようになっていて。そこからずっと愛用しています。

2次元のルイ

トラックボールは長時間のPC利用でも腱鞘炎になりにくく肩こり対策にも最適なんだよね。

もしまだ導入していなくて興味がある方はぜひ導入を検討してみてください。

私の愛用する M570 は先日『Logicool(ロジクール)のトラックボールM570のレビュー、チャタリングの修理方法を解説』として紹介しました。

その M570 のボール部分はピカピカの綺麗な青いボールで。

このボール部分をサードパーティ製のぼーると交換できることをご存知でしょうか?

今回はそんなトラックボールの交換用ボールを購入したので紹介します。

カラバリ展開もあり、雰囲気を変えられるので見た目も楽しめます!

もくじ

トラックボールの替えボールで快適なトラックボール生活を

私の購入した替えボールは、ペリックス製の交換用ボール PERIPRO-303 GR 34 mm 。

ロジクール / エレコム / Perixx PM-517 717 のトラックボールと互換性があるようです。

ぺリックス PERIPRO-303 GR 34 mm を開封レビュー

ペリックスのトラックボールの交換用ボール

本体の梱包状態はこんな感じ。

ボール単品なので、小さいです。

ペリックスのトラックボールの交換用ボール
ペリックスのトラックボールの交換用ボール

メール便のプチプチ内包封筒で届きました。

テープを切って、開封!

ペリックスのトラックボールの交換用ボール

おお・・・1,000円くらいのボールですが、良い感じの高級感も感じられます。

ボール自体は動かないようしっかりスポンジで固定されている。

ぴったりで良い感じ。

ペリックスのトラックボールの交換用ボール

ボールを取り出してみました。

箱が小さくてボールはぴったりなので、交換した元のボールはこの中に入れてそのまま保管しても邪魔にならず、保護しながらの保管ができます。

これは嬉しい。

ペリックスのトラックボールの交換用ボールとM570tのボール

トラックボール M570t 純正ボールと、今回購入したぺリックス PERIPRO-303 GR 34 mm。

レッドを購入したのだけれど、これが良い色味で格好良い。

位置の違いでサイズが違って見えるけれど、遠近法が適用されているだけで同じサイズのボールです。

トラックボールM570tにペリックスの交換用ボールを装着

M570t につけてみたらこんな感じ。

ガンメタブラックにちょうど良い濃いめレッド、というかワインのような色味で、とてもシックな見栄えになりました。

2次元のルイ

あらやだ可愛い

トラックボールM570tにペリックスの交換用ボールを装着

長年純正の青ボールで利用していましたが、こっちの方が好きな色合い。

交換してよかった!

トラックボールの交換用ボールぺリックス PERIPRO-303 GR 34 mmの使い勝手

トラックボールM570tにペリックスの交換用ボールを装着

見た目はシックで格好良くなった!というところで、ボールの滑りとか使い勝手は実際どう?というところが一番重要ですよね。

結論から言うと、

初代M570ボール > ペリックス替えボール > M570t純正ボール

  • 初代M570 = 2011年に購入した初期型
  • M570t = 2013年に購入したバージョン

という使い勝手でした。

私の主観だけれど、使い勝手 = 滑りの良さ で表現しています。

1番古い初期型がかなり滑りが良いので、それに慣れたというのもあるかも。

これから利用を続けて、より使いやすくなるかどうかは使いながら意識しておこうと思う。

現状でも十分使いやすいのだけれど、細かい操作をすると少しひっかかる感じもあるかな。

でもM570tの純正ボールよりはだいぶ良くなったので嬉しい。

トラックボールの替えボール「ぺリックス PERIPRO-303 GR 34 mm」レビューについてまとめ

ペリックスのトラックボール交換用ボール

6色展開で色を選べる、ロジクールやエレコム製トラックボールの交換用ボールを購入したのでレビューしました。

色を選べるというのは嬉しいですね。カラーごとに在庫切れのときもあるので要確認。

初期の青色も綺麗なのだけれど、いかんせんポップさが強調されてしまうというかなんというか。好みの問題ですね。

ルイログのブログ執筆環境

デスク上を落ち着いた色合いで合わせたいときに困る色合いなので、シックな色合いにできるのも嬉しい。

ボールの動きが悪かったり、色味を変えて気分を変えたいなんて方におすすめです。

その後、上位機種の MX ERGO を購入して

MX ERGOトラックボールのボールを付け替え
ボールを交換したMX ERGO

ちなみに今は上位機種の MX ERGO を利用しているのだけれど、今回紹介した交換用ボール(レッド)は色合い的にあまり合いませんでした。

2次元のルイ

これまた好みの問題だね

MX ERGO の場合は最初からグレーでシックなボールがセットされているのと、ボールの操作感もかなり向上されたのでそのままでも良いかなというのが第一印象。

と言っても長く利用していると気分転換したくなるもので、そういったときに今回紹介したような交換用ボールを利用するとサクッと気分転換できます。いくつかボールをストックしておくのも良いかもしれませんね。

現状親指型トラックボールの最高峰である MX ERGO 、めちゃくちゃおすすめなのでぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい
トラックボールの最適解MX ERGO レビュー。操作性、質感、使い勝手向上! 高級トラックボールMX ERGOをレビュー!ついに買い替えました。ええ。めちゃくちゃ良いです。操作感が向上して使いやすく、まさしく買って良かったモノ。macOSでスクロール不具合が発生したときの解消法も紹介しました。
ペリックスのトラックボール交換用ボールをルイログがレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ