rui-log.com
【macOS】iTunesではなくPine Playerで音楽を聴く

【macOS】iTunesを使わない人は何で音楽を聴く?私はPine Playerで聴く。

iTunesが苦手な人って私だけじゃないと思うんです。

そう。私はWindowsを利用している頃からiTunesが苦手

iPhoneとの同期を余儀なくされたり、曲の本体が分かりづらいところに格納されたり、見えている曲が実はショートカットファイルだったり、そもそも重いんじゃあ!というところだったり・・・。

気になるところがたくさんあるため、もうずっと利用していません。

そんなiTunesが苦手な私ですが、今やMacBookにiPhoneにiPadにApple Watchと、Appleデバイスに囲まれる日々。

それでもiTunesは使わないと決めている、もしかしたら変な人なのかもしれない。

でもきっとそんな人が世の中にはある一定数の人がいるかと思うので、そんな人に向けて私の利用している音楽視聴用フリーソフトを紹介します。

【macOS】iTunesではなくPine Playerで音楽を聴く

macOSでiTunesを使わない人は何を利用して音楽を聴くの?

私は「Pine Player」というフリーソフトを利用しています。

MP3、FLAC、APE、AAC、M4A、WAV、AIFF、OGG、WMA、DSDなど、多彩なオーディオ形式の再生に対応した音楽プレイヤー。

私は基本的にはmp3かm4a、AACなどしか利用しないのだけれど、いろいろ再生できると何かと便利ですね。

wavやwmaなど、Windowsで取り込んだファイルでも大丈夫です。

再生順もドラッグ&ドロップで並び替えたり、クロスフェード/オーバーラップを秒単位で設定することも可能。

Pine Player
PinePlayerメイン画面

だいたいただの再生機としてしか使っていないのだけれど、イコライザーもついているので音質は微調整したりしています。

と言ってもプリセットが豊富なのでその中から選んでおり、ExpansionというEQを選択しています。

アップサンプリング機能がついていたりといろいろ多機能なフリーソフトなので、追求したい人にもオススメできる音楽再生ソフトです。

より良い音で聴きたいという方はアップサンプリングをしてmp3などの音質をオーバーサンプリングすると良いです。

方法としては、メイン画面右上にある歯車マークから設定(Preferences)を開き、
OSF(オーバーサンプリングフィルタ)で24bitや32bitを選んだりしてあげればOK。

ただmp3ファイルを再生するよりも音質が上がるはずです。

1つ注意点は、オーバーサンプリングする際にCPU利用率がただ再生するよりも高まるので、他でたくさんアプリケーションを開いていてCPU利用率に余裕がなくなったりしたら少し重くなる可能性もあるかも。

その辺りは各自の環境で試しながら利用しましょう。

言語の設定(Language)もこの設定画面にあります。

 

私はただの再生ソフトとしてしか利用していませんが、それだけでも十分使えるのでありがたい。

フリーソフトなのでもちろん0円。

キーボードショートカットもついており、

  • スペース:再生・一時停止
  • 矢印キー左・右:前の曲へ・次の曲へ
  • 矢印キー上・下:ボリュームを上げる・下げる

などキーボードだけで操作もできます。

いろいろできることは下記スクリーンショットを参考にしてみてください。

Pine Playerメニュー
以下Pine Playerのメニュー
Pine Playerメニュー
Pine Playerメニュー
Pine Playerメニュー
Pine Playerメニュー
Pine Playerメニュー

まとめ:iTunes苦手組に届け!

iPhone利用者はiTunesに同期する人が多いようですが、私はその必要性がないと感じています。

  • 写真はGooglePhotoだし
  • メールはGmailだし
  • 連絡先はGoogleアカウントに紐付いてるし
  • アプリはAppleアカウントに紐付いてるし

いつでも機種乗り換えできちゃう形で運用しています。

クラウドサービス様様ですね本当。

Android(Galaxy)を利用していた頃からずっとですが、このスタイルが本当楽ちんでみんなにオススメしたい。

iTunesが苦手な私から、音楽再生用フリーソフト「Pine Player」の紹介でした。