Author
R.U.I(ルイ)
ガジェットブロガー
ECサイト運営会社でWEBエンジニア&マーケターとして日々従事しており、会社ではWindows、お家ではmacの両刀遣い。SEOやWEBデザインが好き。ガジェットやモノで生活に刺激を与えたいという想いで人におすすめしたいモノの紹介記事を軸にブログ運営をしています。趣味でベースも嗜んでおり、F-Bassというハイエンドベースを愛用しています。
この記事のもくじ
CATEGORY
ルイログ愛用テーマSWELL
今選ぶ最適なサーバーはConoHa WING

COFO Chair Premium レビュー | 高級ビジネスチェアなのに安い!10万円未満で満足な仕上がり。

COFO Chair Premium レビュー

PCチェアに課金、していますか?

R.U.I

ルイログをご覧いただきありがとうございます。1日中PCデスク前にかじりついているR.U.Iルイです。

「肌に触れるものは金をかけろ」とは良く言われたもので、確かにその通りだと感じています。

私は数年前まで長らく 3,000円くらいのオフィスチェアを利用していたのだけれど、PCデスク環境を整えよう!と考えたときに 2万円台のゲーミングチェアに買い替えまして。

それでも安物オフィスチェアと比較するとかなり快適だったのですが、この度メーカー様に製品提供いただきメッシュ素材の高級ビジネスチェアへ乗り換えました。

今回紹介するのはアーロンチェアと比較しやすい高級椅子で、COFO Chair Premium という製品。

  • Makuakeで応援購入総額2億円超え
  • 一般販売開始後も入荷後すぐに完売してしまう人気っぷり
  • 高級感あふれるビジネスチェアが10万円未満と格安(他メーカーの高級チェアより5〜10万円くらい安い)
  • 日本人に合わせた仕様で使いやすい

こんな感じの高級ビジネスチェアで、価格も比較すると格安

5,000円OFFクーポンも発行してもらっていますので、ご購入の際はぜひご利用ください。

COFO Chair Premiumの特徴
  • メッシュの座り心地が通気性良く弾力もありとても快適
  • 日本人体系に合わせた仕様で調整でき、細身の身体でも使いやすい
  • 見た目、デザインに高級感がある
  • 調整できる機能が他メーカー製品と比較しても劣っていない
  • クォリティも機能も最高峰な高級チェアなのに他と比べて安い
  • もっと安価でスペックを落としたCOFO Chair Proもラインナップされている
  • 2022年の新しい製品なので耐久性は年月を重ねないとまだわからない

それではさっそく COFO Chair Premium のレビューをしていきましょう!

R.U.I

COFO Chair Premium を使用しレビューするのは私R.U.I。身体的スペックは身長173cm、体重56kgくらいの細身体型です。

\今なら 5,000円OFFクーポンが使える!!/

Offer’d by FOS Co., Ltd.

もくじ

COFO Chair Premiumの仕様をチェック

COFO公式「COFO Chair Premium」紹介動画

まずは公式の紹介動画を。

COFO Chair Premiumの梱包ダンボール
梱包のダンボールに印字された仕様表

COFO Chair Premium の仕様

商品名COFO Chair Premium
型番FCC – XB/FCC – XW
カラ-ブラック/ホワイト
外寸幅66×奥行69×高さ115~122cm
座面高さ47~54cm
座面幅53×奥行48cm(奥行調整範囲39-45cm)
ヘッドレスト幅38.5×奥行16~19cm
半径35cm
キャスター直径6.5cm
フレームPAエンジニアリングプラスチック+30%ガラス繊維+アルミ合金 ADC#12
ハンガーPAエンジニアリングプラスチック+30%ガラス繊維
張地プレミアム特製メッシュ
アームレストPU(ポリウレタン)+PAエンジニアリングプラスチック+30%ガラス繊維
シャーシアルミ合金 ADC#12
アルミ合金 ADC#12
キャスターPU(ポリウレタン)
シリンダー4級
重量26kg
耐荷重135kg
梱包重量34.1kg
梱包寸法77×48×72cm
商品企画Designed in Japan
製造Made in China
公式サイトより引用

COFO Chair Premiumを組み立て、外観をチェック

COFO Chair Premiumで作るPCデスク環境

COFO Chair Premium の組み立てはそこまで複雑ではなく、公式で35分の所要時間とあります。

写真を撮ったりゆっくり組み立てても実際に私は 40分で完成していたので椅子の組み立てとしては簡単な部類に入るのかなと。

COFO Chair Premiumのパッケージ内容

大きなダンボールに入ったパッケージ内容もこれだけで、大きなパーツと中〜小さいパーツはさらにダンボールの中に小分けされています。

COFO Chair Premiumのパッケージ内容

かなり高品質な専用軍手も2つ付属していて、2人で作業も気楽にできます。1人で大丈夫だったけどね。今まで使ったことのあるどの軍手より高品質で驚きました。

1つは保管しておいた。

と、六角レンチは取っ手付きでとても使いやすかったです。こういった1つ1つの小さなパーツも高品質。

COFO Chair Premiumの足

こちらはピッカピカの足。”アルミ合金 ADC#12”という素材のよう。

この時点で高級感がすごくて感動しました。

思わず「綺麗だ・・・」と呟いてしまったのはここだけの話。

COFO Chair PremiumとルイログPCデスク環境
COFO Chair PremiumとルイログPCデスク環境

そうこうして組み立てが完了。

佇まいが本当に格好良い・・・。

COFO Chair Premiumを使ってみた感想

COFO Chair Premium背面

ここからは実際に私が COFO Chair Premium を使ってみた感想をつらつらと述べていきます。

見た目がすごく格好良いのは見ての通りなのだけれど、使い心地も抜群。

調整機能が豊富で、説明書もしっかりしているためとても使いやすかったです。

COFO Chair Premium の調整できる機能一覧

スクロールできます
COFO Chair Premiumの説明書
説明書をスキャン
COFO Chair Premiumの説明書
説明書をスキャン
COFO Chair Premiumの説明書
説明書をスキャン
  • リクライニング、硬さ調節、ロック機能あり
  • 座面昇降
  • 座面前後スライド
  • 背もたれ昇降
  • ヘッドレストの高さ、角度
  • アームレストの高さ、角度、前後左右
  • オットマンの角度

前傾姿勢モードにはできません。

1つ注意点として、他社製高級チェアに搭載されているような”前傾姿勢を支えてくれる角度への調整”はできません。

リクライニング側への傾きは良い感じにできますが、前方には角度調整できないところは覚えておきましょう。

リクライニング、硬さ調節、ロック機能あり

COFO Chair Premiumのリクライニング角度
COFO Chair Premiumをアップで確認
座面左側

リクライニングは自分の良い角度を見つけたらそこでロックするようなスタイル。

ビジネスチェアということもありゲーミングチェアのようなベッド代わりにできるほどの角度にはならないけれど、座った姿勢でくつろぐ分には十分な角度と心地良さ。

好きな角度でロックできるところも微調整しやすくありがたいです。

COFO Chair Premiumのヘッドレスト
ヘッドレストの裏にはジャケットハンガーとバッグハンガー

背面にはヘッドレストにジャケットハンガーとバッグハンガーが装着されます。

R.U.I

これ、会社に欲しい・・・。

自宅ではあまり使う機会がなさそうだけれど、冬場は活躍させられそうですね。

ちなみにヘッドレスト + ハンガーたちは取り外すこともできるのだけれど、公式上では推奨されていませんでした。

しかし COFO Chair Premium の中ではヘッドレストを外して利用している方もいて、よりすっきりした見た目で格好良かったな。

そしてこのヘッドレストも角度調整ができるのだけれど、支点が真ん中にあるからか微調整くらいの調整となりました。

軽く頭を預けるような使い方になりますね。

COFO Chair Premiumをアップで確認

丸いやつ(リクライニング反発調整グリップ)を回すとリクライニング時の強さを調整できます。

普段はリクライニング角度のロックはしていないので、私は少し緩めました。

COFO Chair Premiumのフットレスト

フットレストはカチカチカチっと低い角度から並行くらいの角度まで細かく調整できます。

リクライニング姿勢でエンタメ視聴をするときなどに活躍。

COFO Chair Premiumのアームレスト

アームレストは4Dで高さ・角度・前後・左右と自由自在に調節できます。

細身体系の私は大きめゲーミングチェアのアームレストが遠くて利用できないこともあったので、この自由な調整はありがたい。

1番内側にしてハの字にしたら自然に肘が置けるようになりました。

んー、快適!

昇降式スタンディングデスクと組み合わせて使うとさらに使い良いですよ。

スクロールできます

高機能でおすすめ。ルイログメインデスクで利用中。

あわせて読みたい
FLEXISPOT スタンディングデスクE7レビュー。電動昇降な超快適なデスクを構築! FLEXISPOTスタンディングデスクE7をレビュー。ケーブル嫌いのデスク環境づくりとして、FLEXISPOTスタンディングデスクE7で電動昇降な超快適なデスクを構築しました。立ち姿勢のデスクワーク、めちゃくちゃ良い・・・!

安くて手に取りやすい

あわせて読みたい
FLEXISPOT EF1 スタンディングデスクをレビュー。電動昇降式/耐荷重70kg/コスパ◎で導入しやすい! 長時間デスクワークする人におすすめの電動昇降式スタンディングデスク「FLEXISPOT EF1」をレビュー。安くてコスパ高いモデルでおすすめ!
COFO Chair Premiumのオットマン

ランバーサポートは背面とくっついていて、背面ごと高さ調節ができる仕組み。5段階調節です。

腰に当てることも、背中に当てることもできますね。

私は今の所 1番低くして腰が当たるようにして利用中。

メッシュ素材、蒸れなくて良いな。

COFO Chair Premiumのキャスターはポリウレタン製のサイレントホイール

キャスターはポリウレタン製のサイレントホイールとなっているので、フローリングやカーペットの上でも心配無用な仕様。

ただ椅子自体は重い(26kg + 自分の体重)ので、重さでやられないかは気にかけてあげないといけません。

我が家はクッション性のある床材が貼られているので以前から床保護マット・チェアマットなどなしで利用中。

COFO Chair Premium もとくに気になることなく大丈夫でした。

良いところ(メリット)と気になるところ(デメリット)

COFO Chair Premium
総合評価
( 5 )
メリット
  • 高級感のあるデザインで後ろ姿がめちゃくちゃ格好良い
  • 気持ち良いメッシュ素材で長時間座っていても蒸れないし、弾力と適度な沈み込みのある座面シートで座り心地も良い
  • リクライニングは硬さ調節ができ、ロック機能もあるので固定もできる
  • 座面昇降はもちろん、前後にスライドもできる
  • 背もたれ昇降でランバー(腰椎)サポートの位置を調整
  • ヘッドレスト単体の高さや角度も調整できる
  • アームレストの高さ、角度が調整できて前後左右に動かせて、細身の身体でも肘が置ける
  • オットマンの角度も調節できる
  • ジャケットハンガーやかばんなどを吊るすハンガーもついている
  • キャスターがポリウレタン素材でフローリングや床を傷つける心配がないし静か
  • 高級ビジネスチェアの中では破格の安さ
  • 調整できる箇所が多く、細身な自分の身体(173cm・56kg)でも使いやすく調整できる
  • 高級感があって所有欲も満たされる
デメリット
  • 前傾姿勢モードにはできない
  • まだ新しい商品なので耐久性はこれから確認する必要がある
  • だらけた姿勢はしづらい(ヘッドレストを外せばできるけれど、外しての利用は公式で非推奨)

デメリットとしてあげているところもある程度調整できます。

ヘッドレストを外して利用している人も中にはいるしね。耐久性も今のところ大丈夫そうな雰囲気です。ただこればっかりは期間が経ってみないとわからないところなので一応。

とにかく安いのにめちゃくちゃ良い!という印象が強い高級ビジネスチェアです。

COFO Chair Premiumを選ぶ理由

これだけ機能豊富で座り心地も良く格好良いのに他の高級ビジネスチェアより5万円以上安い!というのが COFO Chair Premium を選ぶ理由かなと考えます。

高級ビジネスチェアって10万円〜20万円以上しますもんね。

それがこのスペックで10万円未満、記事執筆時点では予約割引を実施中なのかなんと 8万円で購入できてしまいます。

さらにそこからクーポンを利用すればさらに 5,000円OFF

テレワーク・リモートワークをしている方や、会社で椅子を新調する際にもおすすめです。

この椅子で普段から仕事ができたらめちゃくちゃ嬉しいね・・・。

事務所を構えている経営者さん、ぜひ導入検討を!

COFO Chair PremiumとProの違い

今回は COFO Chair Premium のレビューをしていますが、COFO Chair Pro という廉価版のラインナップもあります。

Proはスペック上のことしかわかりませんが、半額で購入できる割になかなか悪くないのかも。という印象です。アームレストが上下にしか動かないのはネックだし、長く使うモノ・長く身体に触れるモノだから Premium に投資して欲しい気持ちはありますが3万円台の椅子も数千円のオフィスチェアと比較すると雲泥の差なことは確か。

COFO Chair Premium / Pro のスペック比較表

商品名COFO Chair PremiumCOFO Chair Pro
カラーバリエーションブラック/ホワイトブラックのみ
腰背セパレート構造
ヘッドレスト2Dヘッドレスト2Dヘッドレスト
アームレスト4Dアームレスト1Dアームレスト
背面高さ調節×
座面奥行調節×
反発力調節×
ジャケットハンガー
バッグホルダー×
静音PUホイール
フットレスト
外寸幅66×奥行69×高さ115~122cm 座面高さ47~54cm幅66×奥行68×高さ115~126cm 座面高さ48~56cm
座面幅53×奥行48cm(奥行調整範囲39-45cm)幅53×奥行50cm
ヘッドレスト幅38.5×奥行16~19cm幅41.5×奥行15~18cm
半径35cm半径35cm
キャスター直径6.5cm直径6cm
フレームPAエンジニアリングプラスチック+30%ガラス繊維+アルミ合金 ADC#12アイアン+ナイロン
ジャケットハンガーPAエンジニアリングプラスチック+30%ガラス繊維ナイロン
張地プレミアム特製メッシュプロメッシュ
アームレストPU(ポリウレタン)+PAエンジニアリングプラスチック+30%ガラス繊維PU(ポリウレタン)+ナイロン
シャーシアルミ合金 ADC#12アイアン+ナイロン
アルミ合金 ADC#12アイアン
キャスターPU(ポリウレタン)PU(ポリウレタン)
シリンダー4級4級
重量26kg20kg
耐荷重135kg125kg
梱包重量33.1kg24.65kg
梱包寸法77x48x72cm76x42x58cm
定価99,800円49,800円
公式サイトを引用

COFO Chair を安く買う方法

(記事執筆の2022年8月時点)なら定価から Premium は約2万円、Pro は約 1万円の値引きがなされています。

COFO Chair Premium は約 8万円で、Proは約 4万円で購入できます。

そしてさらに、そこから 5,000円OFFクーポンを利用すればもっとお安くこの高級ビジネスチェアが手に入るチャンス!

手に入りやすい価格なのに安いという理由からめちゃくちゃ人気なので、これは買いだ!と感じたら予約購入しましょう。在庫があれば在庫が切れる前に購入がおすすめ!

  • Makuake応援購入総額2億円超
  • 【初回入荷分】約2週間で完売
  • 【5~6月入荷分】入荷前完売
  • 【7~8月入荷分】入荷後4日で完売と怒涛の人気ぶり

いやほんと人気すぎ。

実店舗での取り扱いもはじまり、記事執筆時点では以下の店舗で取り扱われています。

  • 東京:ビックカメラ 有楽町店
  • 東京:ビックカメラ 池袋カメラ・パソコン店
  • 愛知:ビックカメラ 名古屋JRゲートタワー店
  • 福岡:ビックカメラ 天神1号店

クーポンの利用方法

5,000円OFFクーポン取得ページ」でプロモーションコードをコピーしてから公式サイトで購入手続きを済ませます。

  • 5,000円OFFクーポンの終了時期は未定ですが、終了していた場合はご了承ください。
  • クーポンコードは1人1人に発行される専用クーポンとなるため、SNSなどで発信しないようお願いします。
  • クーポンの利用は公式通販サイトでのみ利用可能です。実店舗では利用できないのであらかじめご了承ください。

クーポンの使い方

STEP
5,000円OFFクーポン取得ページ」でプロモーションコードをコピーし公式サイトへ移動
STEP
「購入」ボタンから販売ページへ移動
COFO Chair公式サイトのスクリーンショット
Premiumの入り口
COFO Chair公式サイトのスクリーンショット
Proの入り口
STEP
商品をカートへ入れた後、支払いページの「クーポンコード」へ先程コピーしたクーポンコードをペーストして「適用する」ボタンを押下。
COFO Chair公式サイトのクーポン利用方法

これで5,000円OFF。簡単だね!

COFO Chair Premium レビューのまとめ

COFO Chair Premium レビュー

こんな感じで今回は10万円未満なのに10万円台の高級ビジネスチェアに引けを取らない超人気の COFO Chair Premium をメーカー様から提供いただきレビューをしました。

安いのに色んな欲しい機能がてんこ盛り!な高級ビジネスチェアの COFO Chair Premium。

あと前傾姿勢モードだけあればそれこそフルスペックだったかもしれないですね。

  • 高級感のあるデザインで後ろ姿がめちゃくちゃ格好良い
  • 気持ち良いメッシュ素材、弾力と適度な沈み込みのある座面シートで座り心地良し
  • リクライニングは硬さ調節ができ、ロック機能もあるので固定もできる
  • 座面昇降はもちろん、前後にスライドもできる
  • 背もたれ昇降でランバー(腰椎)サポートの位置を調整
  • ヘッドレスト単体の高さや角度も調整できる
  • アームレストの高さ、角度が調整できて前後左右に動かせて、細身の身体でも肘が置ける
  • オットマンの角度も調節できる
  • ジャケットハンガーやかばんなどを吊るすハンガーもついている
  • キャスターがポリウレタン素材でフローリングや床を傷つける心配がないし静か

新しい製品なので耐久性に関してはこれからですが、私はめちゃくちゃ気に入りました。

あなたも長く座る椅子、アップデートしませんか?

\今なら 5,000円OFFクーポンが使える!!/

あわせて読みたい
デスクツアー 2022 | ケーブル嫌いのすっきりデスク!ガジェットブロガーの作業環境 ガジェットブロガーのデスクツアー「ケーブル嫌いのすっきりPCデスク」を紹介しました。前回の公開が2021年6月。6か月でだいぶ変わりましたね。
COFO Chair Premium レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ