コーポレートサイトもWordPressで!機能と美を追求した日本製テーマ「isotype」を紹介

機能と美を追求した日本のWordPressテーマ「isotype」 ブログ運営

WordPressのテーマ選び、悩んでいませんか?

  • 簡単に動きのあるおしゃれなページを作りたい
  • 簡単にサイト型トップページを作りたい
  • おしゃれなテーマは海外製が多いけれど、日本製があれば日本製が良い
  • 1つのテーマを複数のサイトで使用したい

こんな感じの要望を抱えた方におすすめの国産純日本製のテーマを紹介します。

無料テーマと有料テーマの大きな違い

有料テーマは無料テーマに比べて機能が豊富でデザインが作り込まれていたりします。

オリジナリティを出そうと思うと無料テーマでも有料テーマでも HTML / CSS / PHP の専門知識が必要だったりしますが、テーマごとに秀逸なデザインが適用されているためいち早くサイトが作成できます。

各テーマによりけりだけれど、記事の投稿も最適化されていて時短・かつ簡単におしゃれにできることが多い。

1度テーマを決めてサイトを公開すると、あとからテーマ変更するのがかなり大変になってくるため最初のテーマ選びは慎重にしたい。

ということで、有料テーマを最初から入れられるのであればそれに越したことはありません。

スポンサーリンク

日本のWordPressテーマisotype

今回紹介するのは機能美を追求した WordPress 日本語テーマ isotype シリーズ。

日本製 WordPressテーマ「isotype」の特徴

機能とデザインを壊れるまで引き算したWordPress日本語テーマが誕生。

ビジネスを加速させるための機能と美しさを兼ね備えたサイトを、最速でスタートアップできるWordPressテーマです。

isotype 公式サイトのテーマ人気ランキングの順に紹介していこう。

どのテーマも公式サイトに”デモサイト”があるので気になったテーマはチェックしてみてほしい。

※記事執筆時点の順位

NEW: Readable

isotypeのWordPressテーマ「Readable」

読みやすさにこだわったブログ用 WordPressテーマ「Readable」。

isotype シリーズの中で記事執筆時点で最新の、ブロックエディタに完全対応しているテーマ。

WordPressでブログを作りたい方に向いているテーマとなっています。

公式サイトにはデモサイトが3つと、実際に導入・運用されているサイトさんの紹介もされています。

販売開始したばかりで購入しやすい価格設定に。

ブロックエディタ完全対応ということで、ブログを書くならこのテーマを選びたい。

フォントにこだわりを持っている isotype シリーズらしく、日本語フォント・欧文フォントを細く設定できるのも魅力の1つ。

文章を読んでもらうサイトではフォント設定 1つで読みやすさが変わってくるので、作成するサイトにピッタリのフォントを選びましょう。

Readable の特徴
  • 軽量化された33種類のお洒落なWebフォント
  • 文字同士の余白や行の高さ
  • ボタン一つで編集可能な各種ブロック
  • アフィリエイトブログでお馴染みのランキング機能
  • サイト中に散りばめられた広告の一括管理・編集機能
  • マーケティングに欠かせないボタンのクリック率計測やABテスト機能

1位: MAJECTIC+

isotypeのWordPressテーマ「MAJECTIC+」

ビジネス用途なコーポレートサイトにもってこいな WordPressテーマ「MAJECTIC+」。

MAJESTIC に + がついたテーマです。

大きな違いはファーストビューに動画を埋め込むことができるようになったところ。

ページを開いた瞬間、画面いっぱいに動画を流すことができます。

YouTube 動画もOK。

かなり格好良いページが作れそうです。

格好良いトップページで訴求したいなら間違いなくこのテーマを選びますね。

デモページも格好良い。

2位: MARBLE

isotypeのWordPressテーマ「MARBLE」

オーソドックスなブログ向きデザインの WordPressテーマ「MARBLE」。

余計な印象を持たせないためにすっきりしたデザインに仕上げられています。

3位: MAJESTIC

isotypeのWordPressテーマ「MAJESTIC」

ファーストビューが印象的な WordPressテーマ「MAJESTIC」。

作りとしては、ブログよりは企業・コーポレートサイト向きのテーマですね。

4位: MOMENTUM

isotypeのWordPressテーマ「MOMENTUM」

スライダーの下にグリッドブロックを挿入するための専用ウィジェットエリアがあるのが特徴的な WordPressテーマ「MOMENTUM」。

ブログやコーポレートサイトよりもショップサイト向きのテーマです。

5位: MONOMANIA

isotypeのWordPressテーマ「MONOMANIA」

フロントページを 1カラムにすることを前提に作られた WordPressテーマ「MONOMANIA」。

ショップサイトやコーポレートサイト向き。

6位: MONO IDEA

isotypeのWordPressテーマ「MONO IDEA」

ストーリーテリング手法を用いたサイト作りが可能な WordPressテーマ「MONO IDEA」。

1つの商品・サービスを紹介するサイトに向ているため、コーポレートサイト向きなデザインです。

7位: METRIX

isotypeのWordPressテーマ「METRIX」

MAJESTIC をより企業サイト向けにした WordPressテーマ「METRIX」。

マイクロインタラクションが多彩なテーマになっています。

コーポレートサイトもWordPressで!おすすめする理由

WordPress といえばブログのイメージが強いと思うけれど、会社のホームページ(コーポレートサイト)も WordPress で構築することをおすすめしたい。

その理由は、ある程度自身で費用の調整ができるというところ。

コーポレートサイトを作る上で必要な費用
  • ドメイン費用
  • サーバー費用
  • 自分で構築できない場合、デザインや初期設定などの外注費

初期費用は構築時にかかってくる費用だけれど、その後は基本的にドメイン費用とサーバー費用がかかるだけ。

アクセスがそこまで多くなる見込みがなければ安めのサーバーを利用するのも手だし。ドメイン費用はどちらにせよ必要だし。

サーバー契約をしておけば、他の用途にも使えるしね。

WordPress でサイト構築をすると良いところ
  • 必要に応じて費用を調整できるため固定費を安くすることもできる
  • 契約したサーバーを別の用途でも利用できる
  • 有料、無料のテーマが豊富
  • 便利なプラグイン(拡張機能)が豊富
WordPress でサイト構築をすると手間がかかるところ
  • テーマやプラグインの更新は必要になる
  • 自由なページ構築をしようとすると専門知識も必要となってくる

という感じでしょうか。

ホームページ作成サービスのようなところを使うと一定の安定性や専門知識がなくても構築が進められるけれど、その分最低限かかってくる費用がしっかりかかってきます。

WordPress であれば、私が利用しているような安いサーバーを契約すればだいたい年間5,000円くらいの費用で済ませられます。

有名な良いサーバーを契約すると月額で 2,000円くらいかかったりするので、規模に合わせて決めましょう。

固定費になるし、小規模であれば安く済ませるに越したことはないです。

WordPressで作るコーポレートサイトのおすすめテーマ紹介についてまとめ

機能と美を追求した日本のWordPressテーマ「isotype」

こんな感じで今回は機能美を追求した WordPress 日本語テーマ「isotype」シリーズの紹介をしました。

気になるテーマはあったでしょうか?

コーポレートサイトを作成するとき、デザインどうしよう・・・と悩むことが多いけれど、有料テーマのデザインを使わせてもらえばおしゃれなデザインで作成が可能に。

WordPress の有料テーマは 1つ購入すると複数サイトで利用できるものが多く、isotype シリーズももれなくその仕様のため複数サイト作成時も安心。

事業を続けていると意外と必要なサイトが増えていったりするもんね。

isotype はコーポレートサイトで利用するのに重宝しそうな日本製 WordPress 有料テーマ。

30日間の無償サポート導入マニュアルがあるので、初心者の方にもおすすめです。

公式サイトにある各テーマのデモサイトで、実際どんな感じのサイトが作れるのかもチェックしてみてください。

WordPressテーマ isotype を公式サイト

タイトルとURLをコピーしました