Author
R.U.I(ルイ)
ガジェットブロガー
ECサイト運営会社でWEBエンジニア&マーケター・WEBコーダーとして日々従事しており、会社ではWindows、お家ではMacの両刀遣い。iPad Proは毎日持ち歩いています。PCデスク周りを快適にすることやWEBデザインが好き。ガジェットやモノで生活に刺激を与えたいという想いで人におすすめしたいモノの紹介記事を軸にブログ運営をしているガジェットブロガーです。写真撮影が趣味になりました。
ルイログをGoogleニュースで読む
この記事の目次
CATEGORY

2次元のルイ

ブログやるなら SWELL × ConoHa WING がおすすめ!ルイログはこの構成で運営しています

ルイログ愛用ブログテーマSWELL

今選ぶBESTサーバー ConoHa WING

ルイログも愛用中!

YouTubeチャンネル開設しました!
ステマ規制への対応と記事内広告について

本サイト内のコンテンツはルイログが独自に制作しています。 メーカー等から商品提供を受けることもありますが、その場合は記事内にPR表記と提供を受けている旨を明記しています。 また、コンテンツの内容や評価に関する決定にも一切関与されていません。 アフィリエイトプログラムにより記事内で紹介する商品を購入することで当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。 詳しくはサイト運営ポリシーをご覧ください。

憧れの「音楽のある暮らし」JBLから天井・壁埋め込み型スピーカー「JBL C Series」が登場。

JBLブランドからもでました。

天井・壁埋め込み型スピーカー「JBL C Series」。

さり気なく流れる上質な音楽のある暮らし・・・いいな!

と思って想像が膨らんだので笑。調査!

まず価格とラインナップ

埋込み型ということで、スピーカーそのものを天井面や壁面に設置するタイプ

ウーファーおよびトゥイーターには高耐入力、 耐湿性に優れた高分子ポリマー系素材を採用しており、広い指向特性を可能にするプロダクトデザインにより、居住スペースを大きく損なうことなく、JBLならではの高音質が楽しめるとしている。

JBLサウンドって結構人気なので気になってたんだよね。

グリル全体を塗装することもできるとのことで、各ユーザーに合わせた色味を実現できそう。

オシャレさんだ。

※スピーカーで言うところのグリルというのは、一番表面に見える網目になっているやつ。グリルがないやつだと、ウーファーとかボンボン揺れてるイメージだね。

そして「ドッグレッグ」型の取り付けブラケットで、およそ10mmから30mm厚までの壁や天井への取り付けが可能になり、 幅広い場所へのインストールに対応。

比較的簡単に設置できるよってこと。

4種類あるので1つずつ紹介。

もくじ
この記事の著者
R.U.I

ガジェットブロガー

R.U.I ルイ

詳しいプロフィール

プロフィール

ガジェットやモノで生活に刺激を「ルイログ」。当サイトではAppleデバイスやその周辺機器、使えるソフト・アプリ、さまざまなガジェットや生活家電・モノをレビューしています。他にもWEBをデザインのコピペで簡単に使えるコードを紹介したりも。WEBエンジニアの方やPCが趣味・PCを使って仕事をしている方にとって役立つ情報を発信しています。カメラ・写真が好きなのでレビュー商品も写真を多め撮影し掲載することでより商品の魅力や細かいが伝わるよう心がけています。 プロフィール詳細やレビューガイドライン

C6IC(天井埋め込み型)

コンパクトかつ軽量設計を採用により、玄関ホール・化粧室・廊下などにも施工可能。

薄型なデザインで壁や天井にシームレスに溶け込み、 スピーカーの存在をほとんど感じさせない、さり気ない設置を可能としている。

さり気なく設置して、さり気ない音楽をかけておきたいよね。

仕様

165mm径ウーファー、13mm径トゥイーターの2ウェイ構造で、出力音圧レベルは91dB、インピーダンスは8Ω。

再生周波数特性は50Hz〜20kHz。

外寸はφ228mmで、取り付け開口寸法はφ195mm、埋込深さが73mm、取り付け可能壁厚は10〜30mm。質量は1.2kg。

C81C(天井埋め込み型)

C6ICより少し大きいタイプ。

少し大きくなるので重さやサイズが大きくなるけれど、その分低音がプラス

C6ICは50Hz〜だったのが、C81Cは45Hz〜となっている。

仕様

200mm径ウーファー、13mm径トゥイーターの2ウェイスピーカー。

出力音圧レベルは89dB、インピーダンスは8Ω。

再生周波数特性は45Hz〜20kHz

外寸はφ271mmで、取り付け開口寸法はφ238mm、埋込深さが84mm、取り付け可能壁厚は10〜33mm。質量は2.2kgとなる。

C6IW(壁埋め込み型)

仕様

165mm径ウーファー、13mm径トゥイーターの2ウェイ構造で、出力音圧レベルは89dB、インピーダンスは8Ω。

再生周波数特性は50Hz〜20kHz。

外寸は220W×307Hmmで、取り付け開口寸法は186W×272Hmm、埋込深さが75mm、取り付け可能壁厚は10〜27mm。質量は1.4kgとなる。

C81W(壁埋め込み型)

仕様

200mm径ウーファー、13mm径トゥイーターの2way仕様。

出力音圧レベルは89dB、インピーダンスは8Ω。

再生周波数特性は45Hz〜20kHz

外寸は255W×358Hmmで、取り付け開口寸法は220W×323Hmm、埋込深さが81mm、取り付け可能壁厚は10〜27mm。質量は2.4kg。

まとめ

めっちゃ良いじゃん!お家に欲しい!

と思ってメモっていたのだけれど、「埋込み型」ということで・・・

賃貸じゃ無理じゃん!となりました笑。

そんな大きい家に住んでないし!

ターゲットとしては大きなお家に住んでる人や店舗・事務所向けかな?
事務所にほしいな・・・。

賃貸マンションなどでも、壁タイプだったら 2×4材(ツーバイフォー材)&ディアウォールでDIYしてつけることはできそう。

DIYの参考になる記事も書いていますのでよければ。

あわせて読みたい
【賃貸DIY】ディアウォールやLABRICOで大切な楽器を壁掛けに ベースを壁掛けにしたら良いことだらけ!簡単なDIYで楽器を壁掛けにする方法を紹介。ネックは反りづらくなるし、床掃除がしやすくなるし、なんたって見栄えが良い。楽器の壁掛け、超おすすめ。

それも一考かな?ある程度防音性能のある部屋なら実現しそう。

しかし私の借りている部屋だと壁がそこまで分厚くなくって、Bluetoothスピーカーとかの方が良さそうかも。

最近はBluetoothスピーカーも良い音でるやつ出てきているし、そういったモノをチョイスするのも良いかな。

棚作ったら置いとくだけだし、ディスプレイにもなるし。

これとかね。

友達が使ってて良い音なってたし、防水だから風呂場に持ち込んで音楽流すってのもできる。

充電は15時間持つし、アウトドアに持ち込んだりと機動性高いな!

ブログ書く時、家でMacBookを開いてだと音楽聴きながら執筆したいなというのがあって、一人の時ならやっぱりスピーカーから流したいなって思うわけです。

有線で繋いだら今あるスピーカーでもあるけど、有線繋ぐの面倒だしBluetoothで繋ぎたいなって。

懐が少し落ち着いてきたらBluetoothスピーカーも考えようかな。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ