rui-log.com
ルイログヘッダーイメージ
Mac起動時にNAS(共有フォルダ)などを最初からマウントしておく方法

Mac起動時にNAS(ネットワークドライブ)などを最初からマウント(接続)しておく方法

WindowsPCではローカルフォルダのように扱える共有フォルダ・ネットワークディスク(NAS)。

Macでは、マウント(接続)させてはじめて利用することができます。

これ、毎日マウントさせるのがなかなか面倒だったりしませんか?

実はMacを起動時に自動でマウントさせる方法があるので、その設定方法を紹介します。

Mac起動時にNAS(共有フォルダ)などを最初からマウントしておく方法

共有ネットワークディスク(NAS)をMacでマウント(接続)する

まずは手動でマウントする場合の方法を紹介します。

Finderを開いている状態で、

メニューバーの”移動”にある”サーバーへ接続”をクリック。

もしくは、Command + kのショートカット でもOK。

macでサーバーへ接続

すると、サーバーへの接続ウィンドウが立ち上がります。

macでサーバーへ接続

サーバーアドレスの欄にsmb://か、afp://と入力し、その後にマウントさせたいNASのIPアドレスを入力します。

左下の”+”ボタンをクリックするとよく使うサーバとして残すことができるので押しておきましょう。

間違って押したときは””ボタンをば。

ちなみにIPアドレスの前に入力するambとafpは、

  • SMB:WindowsとMacintoshが混在する環境
  • AFP:Macintoshのみの環境

と言う違いがあります。

私はsmbしか使ったことがありません!笑

接続ボタンを押せば、マウントするボリュームの選択が出て、

macで共有フォルダをマウント

自分の利用しているフォルダを選択してOKを押せば無事マウント完了です。

macで共有フォルダへ接続

1つしかマウントする先がなければ選択のポップアップはでないかもです。

共有ネットワークディスク(NAS)をMacで自動マウント(接続)させる方法

さてさて、今回の本題です。

先に説明した方法でNASは利用できるのですが、いかんせん毎度毎度マウントさせるのは面倒ですよね。

なので、Macを起動(ログイン)したときに自動でマウントさせる設定をしちゃいましょう。

まずはシステム環境設定ユーザーとグループにアクセス。

1番左上端にあるアップルマークからアクセスしてください。

macのシステム環境設定

そして“ログイン項目”の方を開き、リスト下部にあるをクリック。

macのシステム環境設定のユーザとグループ

自動マウントしたい共有ネットワークディスクを追加すれば設定完了!

macのユーザとグループから共有フォルダのマウントを自動化

試しにMacを再起動させてみて、うまく自動でマウントされていれば成功です。

デスクトップに共有ネットワークディスクのアイコンを表示させるには

ちなみにちなみに。

初期設定だとUSBHDDなどを接続(マウント)したときはデスクトップにアイコンが現れますが、ネットワークドライブなどは現れません。

これも表示させるには、”Finderの環境設定を開き「接続中のサーバ」にチェックを入れればOK。

Finder環境設定

これにてデスクトップにもショートカットが表示されるようなイメージとなります。

macでサーバーへ接続したらデスクトップにアイコンを表示

私は基本的にサイドバーからアクセスするのでチェックは外しています。

初期設定どおり、外部ディスクとCD、DVD、およびiPodの2つにチェックを入れた状態。

持っているUSBHDDが古くて接触が悪い時があって、外れちゃったらすぐ気付けるように・・・。笑

macでNASに自動マウント(接続)する方法についてまとめ

今でも会社ではバリバリWindowsを利用していて、共有ネットワークもゴリゴリ使っているためWindowsとMacの使い勝手の差異に戸惑うことがあったので備忘録的に記録に残しておきました。

私と同じように感じる方は多いと思うので、起動時に自動接続・自動マウントしておけるということを知っておけば、自宅のNASでも利用できて便利。

ネットワーク機器なら同じ方法で自動接続できるので、お持ちの方はぜひ活用してみてください。

 

iPadやiPhoneからNASへ接続したい方は『iPadやiPhoneでNAS・共有フォルダ(サーバー)へ接続する方法』も備忘録として記事にしているので、チェックしてみてください!