Author
R.U.I(ルイ)
ガジェットブロガー
ECサイト運営会社でWEBエンジニア&マーケターとして日々従事しており、会社ではWindows、お家ではmacの両刀遣い。SEOやWEBデザインが好き。ガジェットやモノで生活に刺激を与えたいという想いで人におすすめしたいモノの紹介記事を軸にブログ運営をしています。趣味でベースも嗜んでおり、F-Bassというハイエンドベースを愛用しています。
この記事のもくじ
CATEGORY
ルイログ愛用テーマSWELL

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN 作例とレビュー | α7IIIで使う大三元ズームレンズは汎用性抜群のソニーEマウントシリーズ

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN 作例とレビュー

レンズはもうずっとこれ1本!数あるミラーレス一眼カメラの中でも人気のソニーEマウントシリーズ。

純正レンズも豊富ですが少し価格が高くて手が出しにくかったりしますよね。

そんなときにありがたいサードパーティー製レンズ。

純正レンズの半分くらいの価格で購入できることが多いです。

中でも人気の SIGMA からソニーEマウント用の大三元 標準ズームレンズとして 2019年12月20日に発売された SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art を長らく愛用してきたので、たくさんの作例とともにレビューします。

R.U.I

購入後は基本的にこのレンズで撮影しているので、ルイログ記事内写真も作例の一部ですね。

もくじ

SIGMA Art シリーズの大三元標準ズームレンズ

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した写真
α7III + SIGMA 24-70mm F2.8 DG DNで撮影したスナップ写真

SIGMA と言えばミニマルデザインのフルサイズカメラ「fp」や「fp L」などの格好良く可愛くもあるミラーレス一眼カメラをラインナップしたことが記憶に新しいけれど、レンズも素晴らしいラインナップがあります。

解像度に力を入れた製品開発をされているようで、たしかに良い解像度の写りで素敵な写真を撮ることができます。

SIGMA、3つのプロダクト・ライン

Art

圧倒的な描写性能。

表現者のためのレンズ。

Contemporary

高性能、しかも小型・軽量。

真の「オールマイティ」レンズ。

Sports

高度で確実な運動性能。

アクティブな高性能レンズ。

引用:SIGMA公式サイト

今回紹介する「SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN」は Art シリーズに位置する描写性能や解像度が優秀なレンズです。

24mm の広角から 70mm の中望遠まで撮影できる、F2.8 通しの中望遠レンズ。

SIGMA 30mm F1.4 DC DNを作例付きでレビュー』で紹介した APS-C センサー用単焦点レンズもフルサイズミラーレス一眼カメラを購入する前はかなりお世話になりました。

R.U.I

今も手放さず防湿庫の中にしまってあります。

というところからも SIGMA にはもともと好感があります。

と言っても最終的に購入する判断をしたのは、その際購入検討に上がった TAMRON 28-75mm F2.8 よりも広角の 24mm から撮影できるというところ。

望遠側の 70mm と 75mm はさほど違いがないけれど、広角側の 24mm と 28mm では意外と差があって

また、私は風景やデスク周りを広めに撮影することもあるため、より広角である方が嬉しいなというところから SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN を選びました。

SONY 純正レンズの最上級 GMレンズ にも同じ 24-70mm F2.8 はあるのだけれど、SIGMA 24-70mm F28 DG DN の方がコスパ良く購入しやすいところが大きい。安くなっても十分競い合える優秀なレンズとなっています。

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN 作例

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した空の写真
α7III + SIGMA 24-70mm F2.8 DG DNで撮影した大阪梅田ヨドバシと空の写真

気になる作例をシーン別に PICK UP して紹介します。

WEB用に圧縮はしていますが、たくさんの写真で作成を紹介しているのでご留意ください。

  • ボディは SONY α7III
  • JPG撮影の Lightroom for iPad で色味調整をしています
  • 写真は圧縮率80%くらいで圧縮しています
  • クリックで拡大します。
  • タップで拡大します。

作例:室内、PCデスク周り

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したPCデスク周りの写真

良い光が入ってきたのでパシャリ。ルイログのPCデスク周りです。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したPCデスク周りの写真

黒×白のシンプルデスクにしていたころのルイログPCデスク周り。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したPCデスク周りの写真

以前、デスクの緑にはコーヒーの木を採用していました。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したTAMRONレンズの写真

α5100で利用していたAPS-C用標準ズームレンズ TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD (Model B070)。良いレンズです。

ルイログ自慢の F-Bass

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したF-Bassの写真
SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したF-Bassの写真

愛用のベース「F-Bass」。

今や宝の持ち腐れになってしまっているけれど、高いディスプレイとなっています。

コロナ禍も少しずつ落ち着いてきたので、たまに使う機会が出てくるかもしれないしそんなことないかもしれない。

木目やボディの形が可愛くてこのベースを選んだのだけれど、いつ見ても良いベースです。うむうむ。

写真は少し彩度を落として書き出しています。カッコイイ。

作例:人物、ポートレート(コスプレ撮影写真)

ポートレート写真というか、コスプレ撮影写真ですね。

人物撮影写真はコスプレ撮影くらいしかなくって・・!

  • すべて被写体本人によるレタッチがされたあとの写真となります

コスプレ写真は興味ないとか、今ここでは見るのが気がかりという方は次のセクション「作例:自然の風景や街中フォトウォーク」へどうぞ 。

▽ジャンプする


エヴァンゲリオン:綾波レイ

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したコスプレ写真(エヴァンゲリオン:綾波レイ)
SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したコスプレ写真(エヴァンゲリオン:綾波レイ)

エヴァンゲリオン:惣流・アスカ・ラングレー

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したコスプレ写真(エヴァンゲリオン:惣流・アスカ・ラングレー)

ローゼンメイデン:水銀燈

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したコスプレ写真(ローゼンメイデン:水銀燈)

シュタインズゲート:牧瀬紅莉栖

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したコスプレ写真(シュタインズゲート:牧瀬紅莉栖)

その着せ替え人形は恋をする:喜多川海夢(制服)

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したコスプレ写真(その着せ替え人形は恋をする:喜多川海夢(制服))

その着せ替え人形は恋をする:喜多川海夢(制服、冬服)

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したコスプレ写真(その着せ替え人形は恋をする:喜多川海夢(制服、冬服))

その着せ替え人形は恋をする:喜多川海夢(ブラックロベリア)

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したコスプレ写真(その着せ替え人形は恋をする:喜多川海夢(ブラックロベリア))

その着せ替え人形は恋をする:喜多川海夢(リズきゅん)

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したコスプレ写真(その着せ替え人形は恋をする:喜多川海夢(リズきゅん))

その着せ替え人形は恋をする:喜多川海夢(麗様)

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したコスプレ写真(その着せ替え人形は恋をする:喜多川海夢(麗様))

その着せ替え人形は恋をするシリーズは多いですね。

コスプレ写真はもっとたくさん撮ってるんだけど、これくらいで。

いろんなシーン・撮影スタジオで、レンズ交換せず撮りきることができます。

移動しづらい場所(狭い部屋だったり、脚立の上だったり)でも広角〜中望遠で撮れるため使い勝手も抜群。

作例:自然の風景や街中フォトウォーク

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した桜の写真

春の桜、曇だったので幹に咲いている桜にスポットをあてて。

ちょこんと咲いている桜が可愛い。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した自然の風景写真

京都で緑の中にあった小さな滝。良き緑です。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した猫の写真

草むらに佇む猫チャン。

人慣れした猫チャン。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した水飲み場

口から水を出す竜。紅葉の時期ですね。


以下、大阪駅周辺をフォトウォーク

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した空の写真

ちょっと見える月が可愛くて。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した都会の街と空の写真

同じ顔のないそら。雲。好きなんだよなぁ。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した都会の街と空の写真

夕方に逆光で。

フレア、ゴーストに配慮された設計でフリンジもでていません。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した都会の街と空の写真

建物の窓に夕陽を反射させたりして。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した大阪駅の写真

夜になりました。

フルサイズ × F2.8通しの明るめ標準ズームレンズなので、夜になっても撮れます。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した大阪駅の写真

夜空がとってもダークで、建物の間接照明が良い雰囲気を出しています。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影したグランフロント大阪の写真

夜空がとってもとってもダーク。

禍々しい雰囲気のグランフロント大阪が撮れました。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した大阪駅の写真

奥行きがあると綺麗なボケが表現できるのが楽しいですよね。

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した大阪駅時空の広場の写真

JR大阪駅・大阪ステーションシティ5F 時空(トキ)の広場。

時計がアンティークで可愛い。


京都河原町駅周辺をフォトウォーク

SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した京都河原町の写真
SIGMA2470F28DGDNとα7iiiで撮影した京都河原町駅の写真

またまたダークな、こちらは京都河原町駅。

ダークな雰囲気に仕上げるの格好良くて面白い。

製品仕様・スペック

製品名SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN Art
焦点距離24〜70mm
F値F2.8〜F22
レンズ構成15群19枚
最短撮影距離18〜38cm
フィルター径φ82mm
長さ124.9mm
重さ830g
絞り羽根11枚(円形絞り)
レンズ内手ぶれ補正なし

保護フィルターは MARUMI(日本製)を利用しています。


外観レビュー

SIGMA2470F28DGDNパッケージ

作例やスペックを見てきたところで、外観も詳しく見ていきましょう。

まずパッケージはこんな感じで、至極シンプルなものとなっています。

24-70mm F2.8 DG DN ということ、フィルターサイズ(レンズの大きさ)は 82mmということ、Artシリーズということがパッと見でわかりますね。

SIGMA2470F28DGDNパッケージ内容

パッケージ開封して中身を取り出すとレンズ以外にも同梱物が入っています。

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DNのパッケージ内容
  • SIGMA 24-70mm F2.8 DG DNレンズ本体
  • レンズフード
  • レンズケース
  • レンズケースのショルダー紐
  • 取扱説明書など用紙類
SIGMA2470F28DGDN本体とフード

レンズフードは花形タイプ。ロックボタンがあるため取り付けたら「カチッ」とはまります。

逆に外す時はボタンを押しながら回せば簡単に外せます。

レンズ先のリングがフォーカスリングで、カメラ側のリングがズームリング。ゴム製で回しやすいです。

SIGMA2470F28DGDN本体

レンズキャップを外してレンズを見てみる。フィルター径 82mmの大口径レンズは迫力がありますね。

レンズ構成は 15群 19枚、絞り羽根は 11枚(円形絞り)です。

SIGMA2470F28DGDN本体側部

レンズについているボタン系統は、左から・・・

  • ズームロック(ロックすれば自重で伸びなくなり持ち運び時便利)
  • AFLボタン(フォーカスロック、好きな設定を割り振ることもできる)
  • AF/MFのフォーカス切り替え
SIGMA2470F28DGDNをα7iiiに装着した状態

ルイログ愛用のフルサイズミラーレス一眼カメラ「SONY α7III」に装着してみるとこんな感じ。

うん、格好良い。

この無骨な感じが良いですね。

小さくコンパクトで可愛いカメラも好きだけれど、無骨で格好良いカメラ(レンズ)も大好物です。

SIGMA2470F28DGDNをα7iiiに装着した状態

ズームリングは SONY 純正レンズなどと比較すると逆方向となっています。

テレビ業界の大きなカメラなど昔は SIGMA と同じ方向が主流だったようなのだけれど、昨今見られるレンズとは逆方向となっているため、他のレンズをたくさん持っている方は操作時一瞬戸惑いが出てしまうかもしれません。

右回しか左回しか、というだけなので多少の慣れだけで大丈夫ではあるのだけれど、SIGMA のレンズを買ったら「ズームレンズは SIGMA で合わせていく」という考えもありですね。良いレンズが多いし。

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN の良いところ、気になるところ

実際に1年以上使ってみて私が感じる良いところ、気になるところを紹介します。

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN の良いところ

  • 解像感が良い
  • 綺麗な写真を撮ることができる
  • 純正レンズよりかなり安く購入できるコスパの良さ
  • 広角な 24mm〜中望遠な 70mm で撮影できて F2.8通しで撮れるため汎用性が高い
  • 「レンズはとりあえずこれ1本」な使い勝手の良さ
R.U.I

結局レンズを買い足さず SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN だけでずっとやりくりしています。

単焦点レンズの淡い綺麗なボケが欲しくなる時もあるのだけれど、必須となるシーンは今のところ出てきていなくて、レンズ 1本でやりくりできるという利便性に落ち着いているんですよね。

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN の気になるところ

  • 830g(SONY Eマウント用)と重さは割とずっしり

でもね、この重みがちょうど良く気持ち良いの。

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN レビューのまとめ

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN 作例とレビュー

こんな感じで今回はルイログの人が長らく愛用しているフルサイズミラーレス一眼カメラ用レンズ「SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN」をたくさんの作例とともにレビューしました。

作例をざっと見ていただけたらわかるとおり、多種多様な写真がこのレンズ 1本で撮影することができます。

まさに万能レンズ

  • 家での物撮りも
  • 室内でのコスプレ撮影も
  • 街撮りも
  • 風景も

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN 1本で。

もちろんかなり望遠から撮影するようなシーンや、とろけるような単焦点レンズ特有のボケ感がほしいときは単焦点レンズを使うべきなのだけれど、迷ったらこれ。でいいのが嬉しい。

解像感も良く、他にも気になるところはとくになし。

重ささえ大丈夫であれば欠点がとくにないのでは?と感じる良レンズです。

今は『RICOH GRIIIx(GR3x) レビュー』で紹介したポケットに入る小さなスナップカメラを持ち歩き用カメラにしているのだけれど、撮るぞ!というときはフォトウォークなどスナップ写真でも α7III × SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN です。

ソニーEマウント用と、ライカLマウント用の2マウントのラインナップ。

24mmの広角から撮影できるフルサイズ標準ズームレンズの候補として、おすすめです。

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN 作例とレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる