rui-log.com
肌ウーノ「uno(ウーノ)クリームパーフェクション」をルイログでチェック

肌ウーノ「uno(ウーノ)クリームパーフェクション」でメンズの肌をスキンケア。全部入りで超楽ちん!

そろそろ肌のことをもう少しつっこんで考えてあげないとな」と考え出したのは、飲み会の定番

『いくつに見える〜?』

で実年齢よりも上の歳を言われたとき。

今まで実年齢より下でしか言われなかったのに、ついに実年齢よりも上に見られるようになったか・・・。

これは肌か?肌が老いてきているのか?と思い、「化粧水+ボディクリーム」でケアしていたスキンケアを、CMでよく見る「肌ウーノ」こと、uno(ウーノ)クリームパーフェクションにしてみることに。

第1感想としてはCMのとおり、肌のテカリもカサつきもこれ1つでOK!。実際に使ってみたら、たしかにそう感じます。

化粧水・乳液・美容液・クリーム・フェイスマスクの5役をこれ1つで担ってくれるというのはまさにそのとおりかもしれない。

肌ウーノ「uno(ウーノ)クリームパーフェクション」をルイログでチェック

All in Oneのuno(ウーノ)クリームパーフェクション「肌ウーノ」をレビュー

まず、パッケージはこんな感じ。

ALL in One。テカリ / カサつきもこれ1つでOK!

肌ウーノ「uno(ウーノ)クリームパーフェクション」
肌ウーノ「uno(ウーノ)クリームパーフェクション」
肌ウーノ「uno(ウーノ)クリームパーフェクション」

私が購入したのは【Amazon.co.jp限定】おまけ(フェイスカラークリエイター BBクリーム サシェ1個)付き肌ウーノ。

肌ウーノ「uno(ウーノ)クリームパーフェクション」とuno(ウーノ)フェイスカラークリエイター

購入したときは単品よりも安くなっておりお得だったのでこちらをチョイス。

フェイスカラークリエイター BBクリーム サシェ は友人の結婚式のときに試してみたのだけれど、これ1パックで2回以上利用できる分量でした。

BBクリームなので、顎のラインまでしっかり塗っていると”シャツの襟にファンデーションがついていた”というお化粧をちゃんとしている感覚で、普通にBBクリームだな。という印象。

uno(ウーノ)フェイスカラークリエイター
uno(ウーノ)フェイスカラークリエイター

もともと私は演者としてライブをする際お化粧をするタイプなのでお化粧はある程度できるのだけれど、まさにBBクリーム。

ファンデーションをする前の下地のような印象でした。

友人の結婚式に出席する際に使ってみたときはこの「フェイスカラークリエイター BBクリーム サシェ」だけを利用してみたのだけれど、いたって自然に肌の色を調整できるような感触でした。

肌の色味を上げられて写真写りも良くなるため、ちょっとしたときに有効です。

uno(ウーノ)クリームパーフェクション「肌ウーノ」を30代メンズが使ってみた

肌ウーノ「uno(ウーノ)クリームパーフェクション」

私は30代男性で、肌はちょっと弱め。

ひげ剃りは『肌に超優しい。電気シェーバー「Philips5000シリーズS5050」をレビュー。』でレビューした、シェーバー後もヒリヒリしない電気シェーバーを利用しています。

肌自体は油分も出やすく、夕方ころにはハンカチで油分を拭うこともしばしば。

そんな私ですがもともと、

  • 夜シャワー後は化粧水+ボディクリーム
  • 朝シェーバー後は化粧水のみ

という形でスキンケアをしていました。

もう少し若い頃は肌ラボの乳液を使っていました。

けれども、いつの間にかボディクリームで代用していた。笑

肌ウーノを利用するようになり、夜2種類使う時間が1種類になり短縮、朝は面倒で化粧水のみにしていたのが全部入りの肌ウーノでよりスキンケアができるように。

私のように面倒くさがりのあなたにもオススメできるスキンケア商品です。

肌ウーノを髭剃り後にサッと塗るだけで良いので超楽ちん。

夕方から夜になるとハンカチで油分を拭うこと自体は肌ウーノを利用していてもあるけれど、いつもと違う感じではあります。

肌が良い感じになっているのかな?と思ったり。年単位で継続して5年後も肌が老けてないってなることを祈るばかり。

肌ウーノの使い方

肌ウーノ「uno(ウーノ)クリームパーフェクション」
  • アーモンド粒1個分くらいの肌ウーノを指先にとる
  • まんべんなく顔全体になじませる
  • おでこ・鼻筋、顎や頬を順になじませる

公式の使い方はこんな感じ。

たったこれだけでOK!

 

ちなみに私はちょっと順番を変えて使っています。

  • アーモンド粒よりは少なく指先にとる
  • おでこ・鼻筋、髭剃りをする箇所や頬へ先に薄く塗布
  • 顔全体になじませる

という順で利用。ちょっと変えたくらいじゃ特に変わらないかなと思うのだけれど、自分流に使っています。

使う分量はご自身の顔面積、塗る範囲によって左右されますね。

テカリや乾燥が気になりやすいおでこから鼻筋から始まり、髭剃りあとで皮膚が痛みやすいところにいき、頬に行き、全体にいく。

つまり、気になる順に塗布していく流れをとっています。

 

そしてやはり肌ウーノでスキンケアするときおすすめなのが、肌の状態によってとくに気になるところをメインに塗っていくこと。

ジェル状なので使いやすく、シトラスグリーンの香りで匂いも良いので塗る時も塗った後も心地良い。

さっと使えて、化粧水・乳液・美容液・クリーム・フェイスマスクの効果があるのはとても時短になり効率的。

素晴らしい。

利用後はベタつかず、サラッとした肌触りになります。

うむうむ。

肌ウーノ「uno(ウーノ)クリームパーフェクション」

肌ウーノ「uno(ウーノ)クリームパーフェクション」についての評価まとめ

こんな感じで、肌ウーノことuno(ウーノ)クリームパーフェクションをレビューしました。

CMを見て前々から気にはなっていたのだけれど、ようやっと購入にいたった一品。

使ってみた評価としては上々で、「もっと早く買っておけば良かった」という感想。

なんたって楽・・!

オールインワンってこんなに楽になるんだね。

冬場はもともと腕とか身体にボディクリームを塗るのでそう変わりないけれど、そうじゃないときは1行程はぶけるし、朝はもともと面倒ということもあり化粧水しかしていなかったのが、1発でより良くなったイメージ。

より良く、簡単に、スキンケアができる。

製品としての効果も良いし、時間的な効率化も測ることができる。

これからは肌ウーノ「uno(ウーノ)クリームパーフェクション」でスキンケアして、肌を若くするぞ!

 

すでに何度もリピートしているけれど、とても素敵なスキンケア商品だと感じているので、メンズスキンケア商品としてかなりおすすめです!