rui-log.com
ミラーレス一眼カメラの入るB5サイズのバッグを検討する

ミラーレス一眼カメラやMacBook12、iPadの入るバッグを検討する

Sonyのミラーレス一眼カメラ「α5100」を購入し、普段のお出かけでも持ち出すようになった。

今はiPad9.7インチを持ち出すように購入したDiabloのクラッチショルダーバッグに入れて持ち出しているのだけれど、いかんせんマチがなく薄いタイプのクラッチショルダーバッグなので、カメラを入れるとモコっとなって大変。

さすがにこれはカバンにも悪いかなと思っているのと、裸の状態でカメラを入れているため保護的な意味でもちょっと怖く、カメラケースに入れた状態でバッグに入れてあげたい。

そう思い、もう少しマチのあるバッグがほしいなと検討することに。

バックパック(リュック)を使えば問題なく入るのだけれど、普段のお出かけで利用するのは荷物を出すときにちょっと邪魔くさいなと思ってしまう。

仕事やセミナーであれば問題ないのだけれど、普段のお出かけはショルダーバッグが良いなと思い、その方向性で検討したことをまとめました。

同じようにミラーレスカメラのような小さめのカメラを持ち出したいけれど、あまり大きなカバンは持ち出したくない・・・と思っている方の検討のお手伝いができれば嬉しい。

ちなみにDiabloのクラッチショルダーバッグにMacBook12を入れてでかけたときの記事があるので、そちらが気になる方は下記記事をどうぞ。

▷iPad9.7インチの入るショルダークラッチバッグにMacBook12も余裕で入った件

ミラーレス一眼カメラの入るB5サイズのバッグを検討する

ミラーレス一眼カメラやMacBook12、iPadの入るバッグを検討する

大阪、なんば付近のお店をいろいろ見て回って、途中のカフェや帰ってからもWEBで見て回った中で検討候補に残したカバンをまとめていきます。

前提条件として、今利用中のDiabloクラッチショルダーバッグと同程度のサイズで、カメラの厚みとして「マチが増えて厚みがある」という仕様で探しています。

もう少しわかりやすく条件付をすると、

  • ミラーレス一眼カメラ「α5100」を型崩れなく収納できる厚み
  • iPad9.7が入る横幅
  • MacBook12も入れようと思えば入れられる横幅と縦幅(上記itemとの共存までは考えない)
  • α5100と普段の持ち物(長財布、ポーチなど)も少し余裕を持って入る収納力
  • 多少の保護性能があれば嬉しい
  • 防水or撥水(水に濡れても染み込むタイプじゃない)であれば嬉しい
  • ポケット大好きマンなので何かとポケットがあると嬉しい

というところ。

サイズ感の目安としては、B5サイズと記載のあるものを目安にしているのと、Diabloバッグの実寸と比較したりしています。

ではそれらの条件を元に候補をあげたバッグたちを紹介します。

[サムソナイトレッド] ショルダーバッグB5「バイアスメタル2」

▽仕様
サイズ:縦22cm × 横30cm × マチ10cm
ポケットの数:5(外側1、内側4)
重量:640g
ショルダー全長:120cm
ペンホルダー付き

Amazon商品ページより引用

今のところ第一候補がこれ。

なんばマルイで見つけて「あ、いいかも」と思ったバッグ。

Amazonでポイントアップをしていたり、少しお得に購入できるので心が揺れる。

いつも大体5000円以内あたりで探しているため、それを考えるとかなりの予算オーバーなのがネックになっている。

マットな質感のブラックにメタルファスナーという男心をくすぐる上品さ

デザインもシンプルに仕上げており好印象。

さらに主素材は強度と撥水性に富んでおり、内装は破れにくいリップストップ素材を採用されている。

1万円を超えるバッグだけあり、随所にこだわりを見せることができたように感じる。

※リップストップとは、碁盤の目状に編みこまれたナイロン繊維で少し破けてもそれ以上の破けを防いでくれるもの

(ビアンキ) Bianchi ショルダーバッグ [NBTC]

▽仕様
サイズ:横(上)41cm(下)33cm × 縦26.5cm × マチ10cm
ポケット:ファスナーポケット×1オープンポケット×2マジックテープ式ポケット(B5対応)×1※肩パッド取り外し可
重量:740g
ショルダーベルト:78cm~135cm
素材:ポリエステルツイル × 合成皮革

Amazon商品ページより引用

次にこれ。

ビアンキと言えばSTEINS;GATEの阿万音鈴羽の愛用する自転車メーカー。

シュタゲファン・・・鈴羽ファンの方なら知っているであろう自転車メーカーで、そこから出ているショルダーバッグ。

ブランドが同じというだけだけれど、デザインはどっちかと言うとかわいい系。

ポリエステルの本体に合皮のブラウンが映える、これを持つだけでお洒落さんになれるのでは?と思ってしまうショルダーバッグとなっている。

バッグの下部が少し小さく、上部が大きめになっている台形のような形をしているビアンキのショルダーバッグは、若干大きめに感じるかもしれない。

底面が30cmくらいほしいのでビアンキだとこのサイズが欲しくなるのだけれど、上部が41cmというのは少々大きい。

1つ下のサイズのミニメッセンジャーバッグというのもあったのだけれど、そちらはサイズ感が逆に小さく、底面が19cmしかなかった。

Bianchi ショルダーバッグはメインルームにA4も入るサイズとなるので、かなり余裕を持って各itemやガジェットを入れられそう。

[ポーター] PORTER バロン BARONショルダーバッグ(B5対応)

▽仕様
サイズ:横29cm × 縦24cm × マチ12cm
ポケット【内側】:ジップポケット(L)×1、ポケット(ポケット×1、ペンホルダー×3 内蔵)、スナップポケット(M)×1
ポケット【外側】:スナップポケット(L)×1、ポケット(XS)×1
重量:885g
ショルダーストラップ:長さ 約 96~110cm × 幅 約 2.5cm
素材:牛ステア(クローム鞣し、グローブ調、ツヤ消し仕上げ)
生産国:日本

Amazon商品ページより引用

次にこれ。

お、可愛い」と思って見ていたら価格がかなり予算オーバーだったけれど、チェックしておきたい1品だったので紹介。

サコッシュやショルダーバッグといえばポーターのイメージもあるほどに有名なポーターブランドのショルダーバッグで、「BARON(バロン)」という種類のもの。

本革の高級仕様で、ポケットも充実していて好印象。

メインルームはB5サイズまで入るサイズ感なので、希望に沿う形かなと思う。

厚み(マチ)は12cmあるけれどオープンポケットが段々についているタイプなので、カメラケースに入れた状態でカメラを収納するのは厳しそう。

裸の状態で入れるか、薄手のポーチなどに収納してからバッグに入れる形になりそうかな。

牛ステアレザーということで、丈夫でお手入れも比較的簡単。

つや消しもされており高級感があり、シンプルで可愛い。

[Bellstone] 大容量 メッセンジャーバッグ

▽仕様
サイズ:縦32cm × 横43cm × マチ16cm
ポケット【内側】:小物ポケット×2;サブファスナーポケット×2
ポケット【外側】:小物ポケット×1;フロントファスナーポケット×1;メインポケット×1;背面ポケット×1
重量:約1.1kg
素材:新型PVCポリエステル(表地) ポリエステル(裏地)
収納可能サイズ: 15インチノートパソコン/iPad/A4 B5ファイル

Amazon商品ページより引用

最後にこれ。

これまでと系統が若干変わり、メッセンジャーバッグのようなボディバッグのようなショルダーバッグのような仕様で、スポーティな感じがするBellstone 1805。

サイズもこれまで紹介した3つのバッグより大きく、MacBookPro 15インチなども入る大きさ

クッション性もあるようでPCやカメラを持ち運ぶのに最適な仕様のように思う。

ショルダーストラップの箇所にもクッション性があり、多少荷物を入れても肩の表面は痛くなりにくく重さを感じにくいみたい。

マチ拡張もでき、メンズであれば小旅行でも余裕の収納力のように感じる。

メイン素材にPVCコーティングが施されており、撥水性能もあり

このサイズ感ならミラーレスカメラα5100をカメラケースに入れたままでも余裕ですっぽり入りそう。

求めているバッグより10cmほどサイズが大きくなるけれど、価格が手頃でクッションもあるのでこれはこれで有りなのかと思ってきた。笑

でもバッグは前斜めがけで持つことが多いので、私の身体にはちょっと大きすぎるかな・・・。

まとめ:バッグ選びは難しいね

こんな感じでミラーレスカメラα5100やiPad9.7、MacBook12の入るバッグについて検討中。

サイズ感がとてもシビアでデザインも好みのものが良いという、とっても難しいバッグ選び。

求めているサイズ感はこれというのがあるけれど、なかなかその他の条件がぴったり合うものに出会えないもの。

価格以外はピッタリきていそうな「サムソナイト・レッド」バイアスメタル2 ショルダーバッグ(B5)が今のところ最有力候補だけれど、その価格のところをどうするかで変わってくるし、価格を適合させるとサイズ感がとても大きくなるBellstoneメッセンジャーバッグもあったり、間のサイズ感に思うビアンキのショルダーバッグも。

ポーターのバロンは予算オーバー過ぎて今回は見送ることになりそうだけれど、本革でしっかりしたバッグが欲しくなったときのためにブクマしておこうと思った。

いずれも良いバッグかと思うので、もう少し悩んでみようと思います。

あなたのバッグ選びの候補選びに貢献できたのであればこれ幸い!

用途を明確にし、それに合うバッグを見つけましょう。

追記:最終的に購入したバッグ

この記事でいろいろまとめた後にも友人からアドバイスをもらったり、いろいろ検討してみました。

その結果、当記事内のバッグたちよりも一回り大きいバッグをチョイス!

今持っているバッグとの差別化をはかるため、少し大きめのバッグにしました。

ショルダーバッグではなく、ボディバッグでもなく、メッセンジャーバッグでもなく。

ずばりそれは「スリングバッグ」。

購入し、さっそくレビュー記事を書いてみたのでよければご覧ください!