Author
R.U.I(ルイ)
ガジェットブロガー
ECサイト運営会社でWEBエンジニア&マーケター・WEBコーダーとして日々従事しており、会社ではWindows、お家ではMacの両刀遣い。iPad Proは毎日持ち歩いています。PCデスク周りを快適にすることやWEBデザインが好き。ガジェットやモノで生活に刺激を与えたいという想いで人におすすめしたいモノの紹介記事を軸にブログ運営をしているガジェットブロガーです。写真撮影が趣味になりました。
ルイログをGoogleニュースで読む
この記事の目次
CATEGORY

2次元のルイ

ブログやるなら SWELL × ConoHa WING がおすすめ!ルイログはこの構成で運営しています

ルイログ愛用ブログテーマSWELL

今選ぶBESTサーバー ConoHa WING

ルイログも愛用中!

YouTubeチャンネル開設しました!
ステマ規制への対応と記事内広告について

本サイト内のコンテンツはルイログが独自に制作しています。 メーカー等から商品提供を受けることもありますが、その場合は記事内にPR表記と提供を受けている旨を明記しています。 また、コンテンツの内容や評価に関する決定にも一切関与されていません。 アフィリエイトプログラムにより記事内で紹介する商品を購入することで当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。 詳しくはサイト運営ポリシーをご覧ください。

買って良かったモノ【2022年ベストバイマガジン総括号】カメラ、PCデスク周りガジェット、スマートホーム化アイテムを厳選

買ってよかったもの2022年!BESTBUYマガジン2022年総括号
R.U.I

ルイログ をご覧いただきありがとうございます。ルイログの人(R.U.Iルイ@rui_bass)が毎月買って良かったモノを振り返り、まとめて紹介するコーナーの2022年総括号をお届け!

昨年の『2021年に買ってよかったもの「BEST BUY MAGAZINE 2021 総括号」』では、

  • PCデスク周り関連
  • Appleガジェット関連
  • 撮影、カメラ関連
  • 生活雑貨関連

と4つに分類し、1年を通して買ってよかったなと思えるモノを紹介しました。

2次元のルイ

さて、ルイログは2022年に何を買った?

ということで、今回は分類ごとには分けずにランキング形式で紹介します。

1年の中で10個なので、かなり厳選しました。

ガジェットブロガーの中では定番の製品も多いけれど、少しでも参考になれば嬉しいな。

もくじ
この記事の著者
R.U.I

ガジェットブロガー

R.U.I ルイ

詳しいプロフィール

プロフィール

ガジェットやモノで生活に刺激を「ルイログ」。当サイトではAppleデバイスやその周辺機器、使えるソフト・アプリ、さまざまなガジェットや生活家電・モノをレビューしています。他にもWEBをデザインのコピペで簡単に使えるコードを紹介したりも。WEBエンジニアの方やPCが趣味・PCを使って仕事をしている方にとって役立つ情報を発信しています。カメラ・写真が好きなのでレビュー商品も写真を多め撮影し掲載することでより商品の魅力や細かいが伝わるよう心がけています。 プロフィール詳細やレビューガイドライン

2022年に買ってよかったものランキングTOP10

毎月書いている 買ってよかったもの / BEST BUY MAGAZINE

スクロールできます

まず最初に捕捉事項を。

“ 買ってよかったもの / BEST BUY MAGAZINE ” として紹介していますが、一部メーカー様からの提供品も含みます。

提供いただいた製品でも実際に自分が使い続けていて「これは良いものだ」と感じる製品で、ルイログ的に買って損しないおすすめの製品として PICK UP しているためです。

ということで、紹介していきますね!

  • 生活家電
  • デスク周り
  • かばん
  • スマートホームデバイス
  • iPadアクセサリー
  • Apple Watchアクセサリー
  • カメラ

という分類の製品がラインナップしています。

それでは10位からどうぞ!

10位 : 【生活家電】DCモーターのサーキュレーター

2022年に買ってよかったもの10位:DCモーターのサーキュレーター

たぶんDCモーターのサーキュレーターならどれもそう変わりないと思うのだけれど、私が購入したのは日本の中小企業明記の ” モダンデコ ” サーキュレーター。

サーキュレーター自体の導入がはじめてだったりします。

2次元のルイ

今までずっと扇風機だけだったの。

夏場はクーラーの風を循環させるのに活躍して、冬場は天井に溜まる暖房の温かい空気を循環させるのに活躍。

さらに洗濯物を部屋干しするときも活躍しており、サーキュレーター使えるな!となっています。

今年はじめて導入したアイテムだけれど、こいつがルイログ的 2022年 ベストバイ 10位。

とくにこの寒い冬場、暖房をつけても暖気は天井付近の溜まってしまうので、それを循環させられるようになったのが嬉しい。

9位 : 【生活家電】遠赤外線パネル型デスクヒーター

2022年に買ってよかったもの9位:遠赤外線パネル型デスクヒーター

2022年はじめ、1月3日にさっそく買い物していたアイテム。

今も絶賛利用中で、床面がない 3面タイプですね。

床面有りタイプは床が焦げたりしている写真を見たりしたけれど、3面タイプなのでそういう心配もありません。4面タイプも問題ない製品の方が多いと思うけどね。

遠赤外線パネル型デスクヒーターも結構いろんなところから発売されているので似たような商品が多いですよね。

どれもそう変わらないはずだけれど、ひざ掛けは必須なので持っていなかったらついているやつが良くて、自動OFF機能もついていたら安心ですね。

冬場のデスクワークは必須のアイテムとなりました。

電気代は私が計測してみた結果、(40℃)で 140W くらい。

1日 8時間使ったとして、だいたい 30円弱の電気代がかかる見込みですね。

単純計算で 30日使ったら 900円 。

毎日使ったらちょっと電気代が嵩張ってきそうだけれど、なんとも寒い冬は致し方ないと考えちゃう。

パネルのある 3面は暖かいけど、ふくらはぎ側は寒いので私は無印良品の再生ポリエステル製ボアソックスでも足元を暖かくしています。

温かい!

8位 : 【デスク周り】DIYしたモニタースタンド(デスクシェルフ)

2022年に買ってよかったもの8位:DIYしたモニタースタンド(デスクシェルフ)

これも年始に DIY していたモノなのだけれど、今は当時より脚を低くして利用しています。

脚は両面テープで木材を貼り付けているだけなので簡単に変えられて良い感じ。

そしてやはりこの耳付きの 1枚板が好きで。

実はちょっと傷物の 1枚板なんたけど、ちょうど良いサイズが見つかって良かった。

良いデバイスやモノを導入していくと人と似たようなデスクに仕上がっていく中、個性を出すこともできる DIY デスクシェルフ。

私はどうしても耳付きの 1枚板をデスクに導入したくてデスクシェルフで導入したのだけれど、ケーブル隠しにも使えて良い感じです。

あわせて読みたい
デスクツアー2023年 | ケーブル嫌いのすっきりデスク!ガジェットブロガーの作業環境 ガジェットブロガーのデスクツアー「ケーブル嫌いのすっきりPCデスク」。ケーブルを隠すことでおしゃれですっきりしたデスクに。こだわりの環境を1つずつ紹介します!マイナーチェンジした履歴も残しています。

7位 : 【かばん】ハーフデイパック

2022年に買ってよかったもの7位:ハーフデイパック(かばん)

通勤もプライベートも、ほぼ毎日使っているハーフデイパック

drip さんから発売されているトバログ氏コラボの 11インチ iPad がピッタリ収納できて容量たっぷりなかばんです。

お気に入りのポイントはやはり iPad Pro 11 + Magic Keyboard をコンパクトに持ち運べて、かばん自体は軽くて、ボディバッグで両手を塞がなくて、肩紐が太くて負担が少ないところ。

かばんの中身紹介として『iPadを持ち運ぶハーフデイパックの中身』記事も公開しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

2次元のルイ

今は記事執筆時点からはかばんの中身も少し変わっているけれど、だいたい同じようなものを毎日かばんに入れています。

6位 : 【スマートホーム】SwitchBot カーテン

2022年に買ってよかったもの6位:SwitchBot カーテン

ラトックシステムの smalia スマートリモコン」などスマートホーム化するガジェットは以前から導入していたのだけれど、カーテンは 2022年にメーカー様から提供いただきはじめてスマートホーム化しました。

照明やリモコン系はもちろんスマートホーム化できて便利だなぁと感じていたのだけれど、カーテンの自動化がかなり便利というか、手間が 1つ減った感覚が大きいです。

照明やリモコン操作する家電は基本的に自分の良いタイミングに利用するのだけれど、カーテンはだいたいの時間を指定しておけばOKなところが大きくて。

朝起きる前の時間にあけておいて、日が落ちる頃合いに閉めるように設定すれば完全なる自動化。

カーテンの長さの具合とかでちょっと引っかかって下の方が締まりきっていないことはあるけれど、その程度なら許容内。

カーテン開けないと・カーテン閉めないとがなくなったなと、ふと思い当たりました。

いやはや便利。

スマートホーム化、楽しいよ。楽ちんだよ。

もう少し広い家へ引っ越したらロボット掃除機も導入したい・・・。

下記記事では SwitchBot カーテン を含む SwitchBotスマートホーム製品の紹介もしていますのでぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい
SwitchBot レビュー | ガジェットブロガーの評価は?シリーズ統一で家中スマートホーム化! スマートホームを導入するときなぜSwitchBotが良いのか?を各製品のレビューとともにガジェットブロガーが評価します。

5位 : 【カメラ】RICHO GRIIIx

2022年に買ってよかったもの5位:RICHO GRIIIx

最強のスナップシューター GRIII の 40mm画角バージョン GRIIIx 。

ポケットに入るコンパクトさで写りは本格的という、すごいスペックを有した高級コンデジです。

防塵防滴はないけれど、APS-C センサー搭載で手ブレ補正つき。

手軽すぎて家でもよく利用していたカメラです。

今も別のカメラを持ち出すとき以外はかばんには常に入っている状態で、いざ何か撮りたくなったときに利用中。

もう1台新しくカメラを買ったので「そんなにいらないでしょ」という声は聞こえてくるのだけれど、今のところまだ手元に置いている状態です。

GRIIIxで撮影した写真の一例

スクロールできます
GRIIIxで撮影した写真
GRIIIxで撮影した写真
GRIIIxで撮影した写真
GRIIIxで撮影した写真
GRIIIxで撮影した写真

GRIIIx も 2022年はかなり活躍してくれました。

普段のお出かけの一部がフォトウォークになったり、荷物を増やさず、かばんを大きくせず、写真も楽しめる生活がそこにあります。

カメラが趣味になったことで「撮影体験」も望むようになってしまい最近は出番が少ないのだけれど、良いカメラであることには変わりありません。

比較的暗い水族館を GRIIIx 1台で撮ってみたりもしたし、手ブレ補正もあるおかげで夜間撮影も良い感じに。

40mm → 50mm / 71 mm のクロップ撮影で別の画角での撮影もできるし、カメラや撮影体験に対してこだわりがなく綺麗に撮れたらそれでいいな、小さくて軽かったらもっといいな、と考えている人にとってこれ以上ないモノかなと考えられます。

スマホで撮る写真とはまた違った写真が撮れるので、気になった方は詳しいレビュー記事も書いているので参照ください。

あわせて読みたい
RICOH GRIIIx(GR3x) レビュー。作例多めに紹介!ポケットに入る40mmのスナップカメラ 通称”最強のスナップシューター”ことRICHO GRIIIx(GR3x)をレビューしました。写真めちゃくちゃ多め!かなり気に入っている高級コンデジで、いつも持ち歩いています。作例もたくさん紹介していまs
2次元のルイ

新しく「撮影体験」が得られるコンデジを買っていなかったら 5位ではなくもっともっと上位にランクインしていただろうね。今でもやっぱりGRIIIxは撮ってて気持ち良いもん。

4位 : 【iPad】Magic Keyboard 11

2022年に買ってよかったもの4位:Magic Keyboard 11(iPad用)

外ではいつも iPad Pro 11 M1 と一緒に購入したのは Smart Keyboard Folio だったんだけど、やっぱりトラックパッドが欲しい!という欲望から後追い購入した MagicKeyboard 11 。

やはりトラックパッドは正義です。

Apple のトラックパッドは本当に使いやすい。

mac のトラックパッドには若干劣るけれど、それでもやはり使いやすい。

iPad Pro 11 を使い続けているうちは Magic Keyboard 11 もずっと使い続けるでしょう。

iPad 用 Magic Keyboard 11 のレビュー記事では一緒に使っているスキンシールの紹介などもしています。

あわせて読みたい
iPad Magic Keyboard 11 レビュー | MacBookみたいに使うならこれ。トラックパッドの便利さよ! 【iPad用 Magic Keyboard 11 レビュー】iPadProをよりノートパソコンのように使うための必須アイテム。トラックパッドが便利すぎる!

iPad Pro や Air と一緒に使いたい周辺機器・アクセサリーを紹介する記事もあるので iPad が好きな方はチェックしてみてね。

あわせて読みたい
【2024年 iPad 周辺機器】iPad ProやAirとあわせて買いたいおすすめアクセサリーまとめ iPad Pro/Airのおすすめ周辺機器・アクサセリーを紹介。いつもiPad Pro 11を持ち歩きブログ記事の下書き執筆や写真編集など多くの作業を行っている私のおすすめが参考になると嬉しい!

古い iPad の活用法も紹介しています。

あわせて読みたい
古いiPadの活用法/使い道6選。タブレットアームで有効活用! 古くなった iPad、活用していますか?本記事では活用法や使い道を6つ提案します!タブレットアームを利用して活用している私の事例も紹介しているので参考にしてみてください!

iPad大好きかよ。

2次元のルイ

なんだかんだ使い勝手いいからね。大好きだよ。

3位 : 【デスク周り】COFO Chair Premium

2022年に買ってよかったもの3位:COFO Chair Premium(椅子)

椅子に座る時間が長い人は良い椅子に座るべき。

椅子に座る時間が短いのであればそこまでこだわらなくて良いと思うのだけれど、長時間 PC 作業をする人なんかは身体のためにも良い椅子へ投資すべきです。

COFO Chair Premium はメーカー様から提供いただいた椅子ではあるのだけれど、めちゃくちゃ良い椅子で気に入って毎日座っています。

メッシュ素材で夏場も蒸れないし、高級ビジネスチェアの機能はほぼほぼ搭載しているし、見た目も格好良いし。

椅子が姿勢を正してくれるような感覚もあるのだけれど、リクライニングもできるので楽な姿勢もとれる。

180°近くリクライニングできるゲーミングチェアなどと比較するとさすがにだらけた姿勢がしにくい感はあるけれど、姿勢を正して作業をする方向で考えたらそこはいいかなって。

用途次第でおすすめできる椅子は変わってくるけれど、名前のとおり「ビジネスチェア」なのか「ゲーミングチェア」なのかで別れますね。

それぞれ、用途によって特化している分野が違います。

そういうことです。

高級ビジネスチェアの割に安く手に入る COFO Chair Premium いいですよ。

あわせて読みたい
【5,000円OFFクーポン有り】COFO Chair Premium レビュー | 評判は?高機能ワークチェアなのに安い! 【COFO Chair Premium レビュー】高級ビジネスチェアなのに10万円未満。他の椅子より5万円以上安く買えるのに機能性抜群!圧倒的高級感で事務所での一括導入にもおすすめです。

2位 : 【Apple Watch】PITAKA カーボン製バンド[レトロ]

2022年に買ってよかったもの2位:PITAKA カーボン製Apple Watchバンド[レトロ]

2022年のベストバイ第 2 位へは PITAKA さんから発売されている Apple Watch 用カーボン製バンド[レトロ] がランクイン。

またまたメーカー様から提供いただいた品になります。

しかしこれまためちゃくちゃ良い品で、Apple Watch のバンドで悩むことがなくなりました。

Apple Watch も series6 から 8 へ買い替えているんだけど、ベストバイにはランクインしていません。

けれども、この PITAKA カーボン製バンドはランクインしています。しかも 2位。

それくらい生活に馴染んで、腕にも馴染んでいまっす。

2次元のルイ

スマートウォッチが腕の一部であることは以前から変わらず。Apple Watch 8 は新機能もそこまでインパクトなく、あえてランクインさせるほどでもなかった。

Apple Watch バンドといえばサードパーティ製の「格安リンクブレスレット」や「格安ブレイデッドソロループ」ももちろん良い製品。

しかし、メリット・デメリットどちらも有しているような製品なんですよね。

格好良いけどちょっと重いとか、めちゃくちゃ軽いけどそこまで格好良くないとか。

比較して PITAKA カーボン製 Apple Watch バンドは・・・

  • 見た目が格好良く見た目に重厚感もある。
  • なのにめちゃくちゃ軽い。
  • 寝るときふくめ、1日中つけていても楽ちん。
  • 付け外しが磁石で簡単すぎる。

というメリットだらけで。デメリットが見つからない。

もちろん真っ黒にしたいときは格安リンクブレスレットに変えるときもあります。

でも、常につけているのは PITAKA カーボン製 Apple Watch バンドになりました。

Apple Watch を 1日中つけていて、付け替えはあまりしない。ほぼ1本で過ごしたい。

バンドは格好良い系が良い。軽い方がイイ。

という方はぜひ試してみてください。

1万円の価値は十二分にありますよ。

詳しいレビュー記事はこちら

あわせて読みたい
PITAKA Apple Watch バンド レビュー | 軽くて格好良いカーボンファイバー製 【PITAKA Apple Watch バンド レビュー】驚愕の軽さ!カーボンファイバー製で頑丈なのにめちゃくちゃ軽くて日常・睡眠・ビジネス/フォーマルシーン・カジュアル、どのシーンでも活躍します。
2次元のルイ

PITAKA Air Case も合わせて使うと保護性能とデザインがさらにUP。

あわせて読みたい
Apple Watch の軽くて頑丈なケース | PITAKA Air Case レビュー 【PITAKA Air Case for Apple Watch レビュー】1円玉より軽くて頑丈!? 0.85mmの薄さで1g未満。軍用材料のアラミド繊維採用で保護性能も抜群!

1位 : 【カメラ】FUJIFILM X100F

2022年に買ってよかったもの1位:FUJIFILM X100F
2022年に買ってよかったもの1位:FUJIFILM X100F

買ってよかったもの 2022年、ベストバイ 1位に輝いたのは・・・!

FUJIFILM の高級コンデジ X100F

ベストバイTOP 10 の中で 2つ目のカメラです。

X100Fで撮影した写真の一例

スクロールできます
X100Fで撮影した写真
X100Fで撮影した写真
X100Fで撮影した写真
X100Fで撮影した写真
X100Fで撮影した写真

今私の中でもっともアツいのがこれなんですよね。

まだ購入して数ヶ月という、熱がまだ大きいのは確か。

その影響もあるのかないのかは未来の自分に訊くしかわからないけれど、2022年のベストバイ 1位に輝きました。

X100F は、可愛いデザインと良い撮影体験をもたらしてくれるカメラなんです。

5位にランクインした RICHO GRIIIx との比較だと ” いつでも持ち歩く ” はできなくなったけれど、GRIIIxでは得られなかった「カメラで撮る」という概念をしっかり体験できる、高級コンパクトデジタルカメラに位置するカメラです。

  • RICHO GRIIIx はいつでもかばんに忍ばせておける、写りの良い APS-C 高級コンデジ。
  • FUJIFILM X100F は日常を撮りたいとき気軽に持ち出せる、写りが良く独特なふんわり感もだせる APS-C 高級コンデジ。
  • SONY αIIIx + SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN Art(レンズ)は撮影に用いる、しっかりフルサイズカメラ。

カメラは 3台所有しているのだけれど、こんな感じに使い分けています。

(・・・はじめて購入したミラーレスな SONY α5100 もあるけど使っていない。)

いやしかし 1年のうちに高級コンデジを 2個も購入していたのか・・!と、今回まとめながら振り返って改めて知る事実。

何事もそうだけど、振り返りは大事だな。

X100F は現時点で 1つ前世代のカメラなんだけど、現行機種の X100V と同じように品薄で。

中古市場も価格が上がっていました。

そのため入手するにはちょっと苦労したりお金が余分にかかったりします。

けれども、とても良いカメラなのでその価値を見出しました。

所有欲も高い。

X100F でもっと色々撮りたいな。

ということでカメラが趣味となっているルイログの 2022年 ベストバイ 1位は FUJIFILM の高級コンデジ X100F となりました!

2次元のルイ

もう少し多くの人の参考になるようなモノを1位に持ってきたかったけど、正直にランク付けしたよ。

R.U.I

ちなみに本記事で使っている写真は X100F で撮影しました。
X100F 本体の写真は 5位にランクインさせた GRIIIx で。
どの写真もなかなか綺麗じゃないですか?

買って良かったモノ2022年総括号のまとめ

買ってよかったもの2022年!BESTBUYマガジン2022年総括号

こんな感じで毎月恒例の「買って良かったモノ / BEST BUY MAGAZINE 2022年総括号」を紹介しました。

よく使っているモノ、よく触れているモノ、生活に寄り添っているモノ、がランクインしましたね。

10個中 3つはメーカー様からの提供品をランクインさせたのだけれど、最初に説明したとおり「良いものは良い。そこは変わらない。」ということです。

体験しないとわからないことももちろんあって、体験したからこそ人にもおすすめできるということなんですよね。

2位にランクインさせた ” PITAKA カーボン製 Apple Watch バンド ” は使ってはじめて「この格好良い見た目なのにめちゃ軽っ!」「磁石で付け外しめちゃ簡単!!」という驚きと喜びで。

良いものは良い。そこは変わりません。

そして TOP 10 中 2個も入った高級コンデジたち。

RICHO GRIIIx と FUJIFILM X100F 。

GRIIIx はカメラ趣味とまでいかないけど綺麗な写真が撮りたい万人におすすめできる高級コンデジだと思っています。

X100F はカメラ好きが使いたいカメラですね。ちょっと癖があったりもするので万人にはおすすめしません。

撮影の時は必ずフルサイズミラーレスカメラの α7III + SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN Art を持ち出すのだけれど、X100F だけでどこまで撮れるかみたいなチャレンジも2023年はやってみたいなぁ。なんて。

仕上がりに満足できず、やっぱりフルサイズで撮ったら良かった・・・。となる可能性も大いにあるけれど、ポトレ撮影くらいならいいかな?どうかな?悩みどころ。撮った写真の用途にもよるし。

そもそもポトレ撮影全然してないし。

さてさて、ルイログの買ってよかったもの2022年 / BEST BUY MAGAZINE 2022年総括号はこのあたりで締めましょう。

あなたの2022年ベストバイは何かな?

SNSなどで共有してもらえると嬉しいです!

2次元のルイ

買ってよかったものマガジン2022年12月号はお休みして2023年1月号に合併します。お楽しみに!

買ってよかったもの2022年!BESTBUYマガジン2022年総括号

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ